テーマ:茅葺きの家

第48回 中部建築賞受賞

年の瀬も近づき、日ごとに慌ただしさが募ってきた。 今年は少し早く、昨日で伊勢事務所を締め、埼玉へと戻ってきた。 ただ年内の仕事もまだ山積しており、東北出張の傍ら、ぎりぎりまで仕事漬けとなりそうだ。                <建物全景 茶畑越しに見る> 伊勢、宮川の里「鄙茅」がこのたび、第48回中部建築賞を受賞し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三重県建築賞受賞

いよいよ夏の到来です。 改めまして暑中ご機嫌お伺い申し上げます。 事務所は相変わらず忙しく、急ぎの東京の仕事に、多くの人を巻き込んで実施設計を纏めております。8月盆明けまでを目標に鋭意努めて参ります。                <茶畑から建物全景を望む> このたび、第35回三重県建築賞において、「伊勢、宮川の里 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢宮川の里「鄙 茅(ひなかや)」ー4.

昨日の雨で桜も散りだし、いよいよ新緑まぶしい季節の到来である。 八戸、福島から伊勢に戻り、おはらい町の伊賀組み紐店の引き渡し。 その後、博多に移動して打ち合わせをし、昨晩戻った。 更新が滞ったが、茅葺きの家の続きを。              <囲炉裏の間から離れを見る> 早くから離れを作りたいと話しをしていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢宮川の里「鄙 茅(ひなかや)」ー3.

年頭から立て続けに仕事が重なり、日々あたふたとしている。 毎日が綱渡りの連続だが、夜ともなるとつい外に誘われ羽目を外してしまう。 我ながら困ったものだが、茅葺きの家の続きを。              <店内から川沿いの景色を望む> 周辺の地盤より1m上げたこの部分が飲食の空間となる。 正面に見据えた小高い山の右手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢宮川の里「鄙 茅(ひなかや)」ー2.

このところずっと出張続きで、今朝久し振りに机を前に座った。 日射しに春を感じる日が多くなってきて、心身が軽くなるようだ。 茅葺きの家の続きを始めよう。                <茶畑から建物全景を見る> 辺りの田園一帯すべてが敷地であるのだが、当初からそれらを極力残したいと考えてきた。田畑の織りなす四季の移ろい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢宮川の里「鄙 茅(ひなかや)」ー1.

茅葺きの家として紹介していた建物が、昨年10月末に竣工した。 伊勢宮川の里「鄙茅(ひなかや)」と銘打ち、いま多くの人を迎えている。 工事に携わった職人らと、旧臘一夕遊ばせて貰ったが、黄昏どきの山川の風景に、いたく感嘆した。               <鄙茅 遠景(県道より見る)> これから数回に渡って建物を紹介して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茅葺きの家<造作>

今日から八月に入ったが、毎日酷暑が続いている。 ようやく出張も峠を越え、今朝から机に向かいだした。 庭木の葉がよく落ちるのは、梅雨明けから急に暑くなったせいか。 蝉の鳴き声も、今年はあまり聞かない。                   <茅葺きの全貌> 茅も梅雨入り直前に葺き終わり、引き続き大工が造作に入った。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茅葺きの家<茅葺き>

桜の季節も過ぎ、若葉が一斉に芽吹きだした。 この4月の長雨には悩まされたが、漸く春爛漫の候となった。 田植えも始まり、山々の新緑も色鮮やかに、目を楽しませてくれる。                   <妻面の茅を葺く> 茅葺きに掛かりだしたが、この雨続きで仕事が捗らず、職人らも苛立ちが隠せない。今回の茅葺きでは琵琶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茅葺きの家<上棟>

春の雨が続き、少しずつ暖かさが増してきた。 庭のハナミズキも次第に芽がふくらみ、春の近さを予感させる。 先月、実施設計の納品を終え、また彼方此方と飛び回る日が続いている。                <茶畑越しに建物を望む> 茅葺きの家が上棟を迎えた。 先月半ばから始めた建て方も順調な運びで、思った期間の半分で組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茅葺きの家<始動>

伊勢も遷宮が過ぎ、人の波も例年に戻りつつある。 事務所のある河崎界隈も、穏やかな秋の風情になった。 今年は夏らしい日が少なかったせいか、昨年の熱気が凄かったせいなのか、町自体も、まるでひと恋しい寂しさに包まれているかのようだ。                 <茅葺きの家 全景> いよいよ茅葺きの家が始まる。 昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茅葺きの家2.

北口棟も役所検査を終え、竣工に向けて現場も大詰めに入った。 着々と壁が仕上がり建具も入ると、途端に空間が見違えてくる。 建築は、それだけ多くの職方に依って作られているということだろう。 7月9日にお披露目を迎えることとなった。                 <山を背景にした外観> 今年初めに紹介した茅葺きの家だが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茅葺きの家

正月明け早々、また腰を痛めてしまった。 年末年始、畳の生活が続いたのが原因だろう。 日本建築を志す人間としては、些か恥ずかしい。 やっとこの数日復調しつつあるが、この腰とは長い付き合いになるかも知れない。              <アプローチから建物遠景を望む> 絵は、今年中に設計を纏めねばならない茅葺きの家であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more