テーマ:福岡西中州の鮨店別邸

福岡西中州の鮨店、別邸<竣工3>

これが「寒梅」の間である。 ここからは、外の壁面に沿って滝のように水が流れるのが見える。3部屋のうちで、ここだけが大きく外に向けて開口があることから、それを活かして作った。            <寒梅の間 窓外の滝を見る> カウンターを矩の手に回し、その中心に板場がある。 客座は駆け込み天井として杉磨き丸太を配り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡西中州の鮨店、別邸<竣工2>

全体で100㎡ほどの空間に3部屋を設けたいという。 本店は大きなカウンターに、小さな個室を2部屋設け、全体に板張りとして靴を脱いで上がってもらう形とした。別邸では小さな個室となることから、本店とは異なった趣で、全体を畳敷きの座敷として整えることにした。                 <玄関> そのため入口…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

福岡西中州の鮨店、別邸<竣工1>

工事途中を紹介した、福岡西中州の鮨店の別邸が竣工した。 既に開店してから3か月が過ぎたが、順調な滑り出しのようだ。 携わったところが多くの人に支持されていると聞くと、気持ちが高揚する。         <店主の堺さんとカンター材を確認する> 以前に紹介した「福岡西中州の鮨店」の別邸である。 別邸とは私がつけたもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more