テーマ:Y邸建築日記

工程報告”縄張り”

山口邸工程報告です。 住み慣れた家を解体し、更地の状態に。 さすがに山口さんも、解体時には感慨無量のご様子でした。 何をいっても”家”は、これまでの家族の歴史そのものですから・・・。 廊下に使われてたケヤキの板、一部の古い建具、鬼瓦などは、思い出とともに記憶に残したいもの。山口さんが大事に確保されていました。 (ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

施主の声

本日は、お施主さんの山口さんからいただいた『声』をご紹介します。 【施主:山口さんより】 以前より夫婦の間では、『家を建て替えるなら木造建築』と決めていました。 その理由として、  ・妻が京都の建築(特に古民家風)が好きである  ・自分も小さい時から慣れ親しんだ家が、昔ながらの木造の家であった  ・その為、子供たちに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口邸玄関から和室へ

さて先回の外観に続いて、家の中の紹介です。 このパースと図面を引っ張り合わせてみれば、山口邸全貌がつかめるはず。 それでは・・・・探検開始! 【玄関】 玄関はその家の顔。そして玄関廻りは、その家族の暮らし振りが表れるところですね。 大事に造りたいところです。 エントランスから続く玄関土間は2畳の広さ。入口に格…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山口邸外観

設計図だけでは自分の家がどのような姿になるのか・・・・・。 分かりにくいお施主さまにとって、パースで明確なイメージを掴んでいただくことは 『これからこういう家を作り上げていくんだ』と、強く意志を固めていただく上でも大切なことだと思います。 自分でいうのも何ですが、私が住みたいと思える家です(笑) 伊勢は基本的に妻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化粧の丸太梁(材料検査)

昨晩出張から戻りました。 今年は随分と暖かいですね。とても例年の冬とは思えません。 少しずつ設計過程の話が進行していますが、工事の方も着々と進んでいます。 タイミングを外してもいけませんので、少し工事経過も挟ませてください。 これは材料検査。 地鎮祭前に行われました。 左が私、右が工事を請け負っていただいた扇光 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口邸基本プラン

小正月も明け、何となく気ぜわしかった日常がいつものリズムに戻りつつありますね。 さて今回は基本プランの紹介です。 先日、山口夫妻との打ち合わせで煮詰められた案をもとに、再度考えてみたものです。 山口邸の特徴は、何といっても150坪という恵まれた土地の広さ。これを設計者としても是非活かしていきたいものです。・・・ということで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご夫妻(奥様)との打ち合わせ

6月初旬、前回掲載しました山口さんご自宅での初打ち合わせです。 このとき初めて、奥さまをご紹介いただきました。 いわゆる「町屋好き」の奥さまです。この時の第一声が、「火鉢の似合う住まいを・・・」だったわけです。 恐らく皆さんもそうだと思いますが、初めてのお家でも、その玄関を入った途端に感じるものってありますよね。家族の香りとか雰囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初顔合わせ

平成18年5月初旬、この日初めて施主の山口さんとお会いしました。 「家族の住まいとして新たに新築したい」というお話をお聞きし、設計の相談に。 まずは、山口さんが今までどのようなスタイルで生活をしてきたのか、また新しい住まいに向けた夢をどのようにお持ちなのか、雑談を交えながら上手く聞き出すことも設計者としての腕の見せ所です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火鉢の似合う住宅を

 今日は先日の「新五十鈴茶屋」と平行して紹介していく予定の、一般住宅のお施主様から掲載のお許しを得て、今回より順を追って皆様にお伝えしていこうと思います。  お施主様のお名前は山口様とおっしゃいます。30代のご夫妻で、小学校に通われる男の子と女の子の4人家族です。  山口さんが所有しておられる土地は、西側に道路が隣接する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more