テーマ:伊勢の仕事

第32回三重県建築賞

今年は空梅雨かと思っていたら、早や台風ですね。 被害もないようで、これで過ぎていきそうで良かったです。 おかげで蒸し暑い日が続く予感ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか。                 <伊勢市観光協会外観> このたび、第32回三重県建築賞に伊勢市観光協会が入選しました。 伊勢市観光協会は外宮近く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三銀行 おかげ横丁出張所

これから年末に掛け、目白押しに実施設計に取り組まねばならない。 相変わらず外に出る機会が多く、腰の具合もはかばかしくないのだが、弱音などいっていられない。 体調を整え、精魂を傾けたい。                 <全体の佇まいを見る> 小さな仕事だが、第三銀行の依頼でATMコーナーを作った。 家と家の間にひっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢市観光協会竣工2.

内部1階は会所として、多勢の集まりに備え、2階に事務機能を集約した。 情報過多の時代、行くところも決めずに旅するひとも希だろうが、旅の最も鮮烈な記憶は、そこでの人との出会いや会話だという。 そんな旅人を迎え、送り出す、暖かい空間にしたいと思った。                   <土間とへっつい>          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢市観光協会竣工1.

例年のごとく、盆中も仕事をしていたが、今年は数日休みを取った。 久し振りの気分転換にと、滅多に運転しない車で富士の麓に行った。 仕事を忘れ、森の緑に囲まれて過ごす数日は格別だった。 それも束の間、明日からいつもの出張が続く。             <建物正面を望む 裏の緑が外宮> 伊勢市観光協会が竣工した。 去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢市観光協会<外観>

まだひとりで起きあがれないものの、この2日間、大事な打ち合わせで出掛けた。 ステッキをもち、腰をかがめて歩く姿に、20年後の自分を見て笑った。 人にいえば、同情半分それ見たことかと、必ず笑いが起きる。 月並みだが、健康のありがたさが、これほど身に滲みるときはない。                    <建物外観> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢市観光協会<上棟>

以前紹介した伊勢市観光協会の家屋が、先日上棟を迎えた。 計画から足掛け2年半、漸くの思いを胸に祝詞を聞いた。 外宮にほど近い場所に建ち、伊勢の観光開発の拠点となる。 今夏の完成を目指す。                <道路より建物全体を見る> 道に面して大きな切妻屋根を見せ、片側に大庇が取り付くのが、伊勢の伝統的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢の仕事

いよいよ年も明け、今日から机に向かった。 昨日は自宅で毎年恒例の客をして、地元の友人や建築家らと過ごした。 かなりな酒量だったが、今朝は早々に起き出して仕事始めとした。 本年も戴いた仕事を通じ、誠意努めていく覚悟である。            <実施設計中 道路から外観全体を望む> 現在進行中の、伊勢の仕事を紹介す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歳末を迎え

気がつけば師走も残り僅かとなった。 先日、府中I邸を引渡し、そのあと石巻で仕事をして、今は新幹線の中でこれを書いている。年末ぎりぎりまで仕事が詰まり、慌ただしさだけが背中を押している。 余裕を持って年の瀬を迎えたいと念じながらも、一向に改まることがない。                  <伊勢醤油本舗本店> 今年は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第30回三重県建築賞

日が照ると蒸し暑さを感じるようになって参りました。 皆さまいかがお過ごしでしょうか。 さてこのたび、第30回三重県建築賞に、おかげ横丁西玄関棟が入選しました。 17日が表彰式ですが、築1年の節目に朗報です。                   <西側よりの外観> 外観からは察しられないかも知れませんが、この建物の主…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『高校生レストラン』のロケに

5月に入り初夏というよりも、すでに夏日というくらい暑い日がありますね。 皆さまいかがお過ごしですか。 朝夕の気温差が大きいので、体調管理には充分ご注意ください。 さて今日は、いつも前田さんが書くような読み応えある建築の話ではありません。 少しくだけた内容です。 昨日のことなのですが、偶然目に入ったドラマをぼんやり眺めており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回伊勢景観デザイン賞

このたび被災されました方々に、改めてお見舞い申し上げます。 日々増え続ける悲しみを前に、建築に携わり、人の命と直接関わる仕事をしている重責を、改めて肝に銘じています。 先日、被災地復興のため、現地の建物の補修に奔走している加藤棟梁からお電話をいただきました。私の父ほどのお歳ですが、精力的に尽力され、その言葉から窺う過酷さに、掛け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかげ横丁西玄関棟ー2.

南西に向けて道路が取り付く角地で、正面奥がおかげ横丁になる。 敷地がおよそ120坪、若干東西に長いもののほぼ正方形に近い。 先頃まで駐車場だったところだが、建物が建つと景色が一変する。 これも建築の持つ力なのだろう。               <建物正面の妻面を見る> 西の玄関口としての室礼に加え、横丁の機能補完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかげ横丁西玄関棟ー1.

福岡の料亭も、およそ実施設計にめどがつき纏めに入った。 しかし安閑とはいかず、新規依頼の計画に没頭している。 先日来、各地の豪雨は予断を許さず、自然の脅威をまざまざと感じる。 水との戦いは我らの宿命でもあり、とても他人事とは思えない。                <国道側より建物全体を望む> 以前パースで紹介した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢事務所とその界隈

梅雨の蒸し暑さも格別な候、体調など崩されておりませか。 仕事に追われる日々で、悪化する気候に一層苛立ちが募るようです。 さて今日は私たち、伊勢事務所とその界隈を紹介しましょう。                 <河崎界隈の街並み> 伊勢の入口、伊勢市駅から歩くこと10分、河崎という町に事務所はあります。 河崎は勢田…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箪笥

めっきり箪笥を見かけなくなった。 若い人では、箪笥を持っている人の方が稀であろう。 狭い住宅事情はもとより、仮住まいを転々とせざるを得ない状況では、これも致し方ない。昨今の、ウオークインクロゼットならぬ収納空間の偏重は、それを裏付けているのかも知れない。                    <箪 笥> 私らも結婚当…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

学会作品選集に選定

相変わらず事務所は、昼夜ともにバタバタした空気です。 昨日まで東京で引渡しと思ったら、明日は福岡へ。 山形で仕事が決まったり申告の時期とも重なったりで、目下戦争状態です。 改めてご機嫌伺います。                  <五十鈴茶屋俯瞰> このたび、日本建築学会作品選集2010に、五十鈴茶屋が選定されました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

伊勢の仕事

いま伊勢でも、数件の仕事が同時に動いている。少し紹介したい。 昨年11月に内宮宇治橋が掛け替えられ、遷宮に向けた気運も次第に高まってきた。以前紹介した内宮おかげ参道も、宇治橋に合わせて昨年末に上屋が完成し、五十鈴茶屋を含む一帯の佇まいが一新した。 「これが伊勢なんだね」 道行く人の言葉に、胸をなで下ろしている。     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more