テーマ:建築雑感

格子について

前回の出張中、帯状疱疹にかかってしまった。 数日前から痛みがあり、気づけば背から腹まで紅く大きな疱疹が広がっていた。 刺すような痛みが暫く続き、とても仕事どころではない。 と、2~3日怠けて漸く仕事に復帰した。                   <親通切子格子> 建具を纏めるため、格子から書き出した。 これまで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四阿竣工

漸く千葉の実施設計が終わり、今日はこれから見積り合わせの現場説明に行く。 この間、プロジェクトの提案や構想の打ち合わせが続き、明日からは待たせていた住宅の計画に取り掛かる。 明後日からは東北周り、正月明けも束の間、慌ただしく追われている。                    <四阿外観> 以前紹介した四阿(あずまや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四阿(あずまや)

ある別邸の計画が纏まらず、難渋している。 1千坪の既存の日本庭園に嵌め込むのだが、なかなか思うようにいかない。 ホームページを見て依頼してくれた方だが、辛抱強く待ってもらっている。 もうひと息なのだが、できればいい建築になるだろう。                     <四阿外観> いま四阿(あずまや)を作って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛みに振り返り

ぎっくり腰をやってしまった。 この3日に料亭の上棟式があり、前日入ったホテルで翌朝、起き抜けにやった。 以来この数日間、動くたびに走る激痛にはホトホト参った。 昨日から漸く医者に掛かり、今朝からは少し自力で歩けるようになった。           <机の前に張っている進行中の仕事(一部)> いま進行している現場での…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ホームページ更新

残暑厳しき折、皆さま如何お過ごしでしょうか。 盛夏の暑さではないにしろ、このところ汗の噴き出る日が続いています。 さてそのような今日この頃ですが、私どものHP作品紹介(建築)を更新しました。 暮らし十職                  <内宮おかげ参道> こちらは、伊勢市営駐車場からおはらい町へ続く地下道です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お見舞い申し上げます

このたびの東北地方太平洋沖地震にて、被害に遭われた多くの皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。 皆さまが早く心の平穏を取り戻し、安心の暮らしが再び訪れますよう、衷心よりお祈りしております。 京都で阪神震災を体験しましたが、このたびの地震は比較にならないほど大きく、長い揺れを伴ったものでした。余震も大きく、仕事場の本棚は崩れ、パソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただいまの仕事状況

昨年末から寸暇なく働いているものの、一向に本業が捗らない。 飛び込みの依頼に後回しになるばかりで、しかも21日までの長い出張が重なったりと、どうにも仕方がない。これも自分の責任だけに、やるせなさが募る。 事情、推察願って、いまの途中経過を報告したい。                <福岡の料亭、材料を見る> 以前紹介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年を振り返って

伊勢商人館で行われた町家フォーラムも、盛会に終わった。 主催者を代表する濱口オサミ先生から、昨日丁重な礼状を頂き、恐縮している。 町家を通して伊勢を振り返る、私にとっても良い機会を得た。 お誘いを戴くも、仕事が詰まり、懇親会に出られなかったのが悔やまれた。                <八戸の家 リビング> 歳末…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢の町屋再生ミニフォーラム

今年もあっという間に過ぎ、気がつけば師走になりました。 皆さま如何お過ごしでしょうか。 さてこの度、NPO法人伊勢志摩さいこう会主催の、伊勢の町屋再生ミニフォーラムにて、前田さんがメインパネラーを務めることとなりました。 伊勢志摩さいこう会は、今年度の「住まい・まちづくり担い手支援事業」に伊勢の町屋再生プロジェクトで応…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

求人募集!

今年もすでに、11月が終わろうとしています。 歳末もすぐそこですが、今以て忙しさが続き、事務所内はピリピリしています。 いつもご拝読いただきまして、ありがとうございます。 本年6月に引き続き、若い人材を求めます。 業務遂行にあたり、暮らし十職では設計スタッフを募集します。 詳しくは当ホームページより、問い合わせ内に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平行定規

30年来使っている平行定規がある。 仕事には欠かせないものだが、先日からワイヤーが切れかかっていた。 長年使い込んで、持ち手もすっかり剥げたが、馴染みはよい。 ひと段落したら直そうと製造元に連絡すると、すでに生産中止に・・・。                   <製図板と平行定規> 使っているのは、光栄堂の「エグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅の仕事 (報告を兼ねて)

以前紹介した八戸のT邸が、建設新聞社発行の『建設新聞暑中特別増刊号』に掲載されました。 第2回あおもり産木造住宅コンテストで最優秀賞を受賞したことによるものです。                   <T邸夜景> まだ20代の若いお施主さまのご要望は、「木をふんだんに使った家」をというものでした。 しかしそれは、た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HP更新しました

梅雨の蒸し暑い日が続いて参りました。 皆さま如何お過ごしですか。 このたび暮らし十職では、ホームページを更新しました。 http://www.kurashijisshoku.jp/                   <東京S邸リビング> ブログでも紹介した、湿った気候を吹っ飛ばすような東京S邸を、新たにHPに掲載…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

求人募集

早や6月というのに、まだ肌寒い日が続きます。 とはいえ、事務所は日々に追われ、熱気醒めやらぬ状態です。 改めてご機嫌お伺い申し上げます。 若い人材を求めます。 業務遂行にあたり、暮らし十職は設計スタッフを募集します。 詳しくは当ホームページより、問い合わせ内にある採用情報をご覧下さい。 http://www.ku…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

箪笥

めっきり箪笥を見かけなくなった。 若い人では、箪笥を持っている人の方が稀であろう。 狭い住宅事情はもとより、仮住まいを転々とせざるを得ない状況では、これも致し方ない。昨今の、ウオークインクロゼットならぬ収納空間の偏重は、それを裏付けているのかも知れない。                    <箪 笥> 私らも結婚当…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第41回中部建築賞受賞

謹んで新春のお慶びを申し上げます。 旧年中は多くの方にご高覧を賜りまして、厚く御礼申し上げます。 申し遅れましたが、このたび、第41回中部建築賞を受賞しました。 昨年の受賞に続いてのことで、重ねて御礼申し上げます。 この顕彰を大いな励みとして、本年も邁進して参ります。   (かりの)               …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

木材資源の状況

さる10月31日、かねて紹介したフォーラムに招かれた。 地元産出の木材を使った家づくりをテーマに企画したもので、青森県の主催によった。国土の7割の森林資源を持つ我が国でありながら、国産材の使用はたったの2割という。 木材産地の大きな不安を感じた。 青森県も県域に7割の森林を有し、杉、ヒバ、赤松、欅、落葉松(からまつ)、ブナ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

街並み再生フォーラム

このたび青森県の主催による、県産材を活用した街並み再生プロジェクトのフォーラムで、前田さんが講演をすることになりました。 10月31日午後2時より、工藤真治先生の「県産材を使った家づくり」の講演の後、3時より「木の家、日本のすまい」という題目で講演することになりました。 青森県では最近、県産材の活用にとても力を注いでおり…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

グッドデザインエキスポ2009出品

残暑ご機嫌お伺い申し上げます。 気候不順の折ですが、皆様如何お過ごしでしょうか。 いつも当ブログにお運びいただき、厚く御礼申し上げます。 今日はひとつ、ご報告です。                 <五角あんどん「和灯」> 前田さんがデザインした五角あんどんが、グッドデザイン賞の一次審査に通り、今月末に開催されるグッド…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

暮らし十職HP更新

いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。 暮らし十職のHPに、ブログでもご紹介しております、「石巻 森別邸」と「木の家 T邸」の写真をUPいたしました。 HPはこちら → 前田伸治+暮らし十職一級建築士事務所                            石巻 森別邸         …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「地下おかげ参道」 上家

二十年に一度の式年遷宮に向け、伊勢でもさまざまな試みが展開している。 その一環として、以前紹介した「地下おかげ参道」の上家工事が始まった。 年々訪れる人も増す神宮お膝元にあって、日本の聖地としての揺るぎない風格を備えてきた。遷宮まであと4年、活況にさらに拍車が掛かるだろう。 伊勢も他にならび、車を利用して訪れる人が多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実施設計

連休は、いつものことだが仕事をしている。 普段の溜まりにたまった仕事を一気にこなして、世間に追いつこうとする。 世の中が休みだと、電話も掛かってこない、現場に一憂することもない。 仕事をするには、この上なく好都合である。 この連休中も事務所に籠もって、ひとり図面を書いていた。 若い宮本君は上京してきた彼女の案内に、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地下おかげ参道

五十鈴茶屋裏の市営駐車場は、正月最中もあっていっぱいの人だ。 伊勢の玄関口として、次第にこの場所も定着したように思う。 内宮の式年遷宮も、あと4年と迫ってきた。 伊勢は、遷宮で生まれ変わる。 この市営駐車場から、おはらい町へは地下道を抜けていく。 変哲ない地下道を、現代と伊勢を繋ぐタイムトンネルにしたらどうか、と提…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

職人の仕事(看板彫刻師)

栗田看板舗、創業80年になる老舗である。 昔ながらの手彫り看板を作り続けている。 当代で3代目だが、お父上も健在で今でも仕事をこなす。 6年前に仕事で父上にお目に掛かったのが最初だったが、一刻者といった風貌を宿し、生半可なものは吹き飛ばしてしまう迫力があった。 しかし、人に対する姿勢はとても腰が低いのである。 その目の奥に潜む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

模索する日々

仕事の忙しさにかまけ、長らく間が開いてしまった。 年度末の締め切りと新規の仕事の依頼が重なり、瞬く間に時が過ぎた。 どうかご容赦いただきたい。 既に決まっている設計に加え、内容はまた追って紹介するが、石巻で大きな仕事にかかわることになった。 設計の仕事が重なると、つい思考が片寄るようだ。 ひと区切りに次の仕事に掛か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

民家と木の建築

私の仕事を評して、民家だという人がいる。 露わになった小屋組に丸太が組み上げられる。これが民家だという根拠らしい。 かつての民家建築に、丸太が縦横に組まれている姿を重ねていうのだろう。 建築の人でもそう思っている人が少なくない。 民家という定義を問うわけではないが、民家をウリにする建物がある。 民芸もそうだが、発端の思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more