テーマ:暮らしの提案

蘇民将来子孫門ー注連縄に寄せてー

年が明け、あっという間にひと月が経とうとしております。 皆さま如何お過ごしでしょうか。 私どもの事務所は伊勢にあるのですが、実は事務所を構えるにあたって、土地特有の習わしに驚ろいたことがあります。              <事務所にかけた今年の注連縄> 街を歩いていると、どの家の玄関にも、正月でもないのに注連縄があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅3題

朝方早くから仕事をする癖があって、随分と立つ。 冬から春にかけてのこの時期、日ごと夜明けが早まるのが分かる。 春が近いせいだろう、窓の曇ることもなくなった。 いま進めている住宅について、少し紹介しよう。                 <盛岡 K邸リビングを見る> 盛岡駅からほど近い閑静な住宅地に立つ。 建主のK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陰翳の効用

いよいよ最終回です。 「四季の暮らしと室礼」、如何でしょうか。 ただただ呆然と暮らしていると、大事な季節をすっかり逃してしまうことに気付かされました。 四季のある環境にいながら、勿体ないことですよね。 それでは最後までどうぞ。  ~ 陰翳の効用(最終回) ~ この深い軒の出は、私たちの暮らしに深い陰翳を作ってきました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

家のつくりやうは夏をもってすべし

いよいよ終盤に差し掛かってきました。 彼の兼好法師の言葉ですが、この言葉の中にも日本という中で建てる家のあり方が、説かれているように感じます。前置きはとにかく、本論を聞きましょう。 ~ 家のつくりやうは夏をもってすべし ~ 草柳大蔵さんの著書に書いてあったんですが、ある時高橋義孝さんと対談したときのこと。料亭で行われたそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季の室礼<夏>

塾の講義は五月に行われたこともあって、当初はこれから迎える夏に向けた話を・・・・ということだったそうです。ただ夏だけでは話にならないので、四季の室礼としたと、前田さんから聞きました。 夏も過ぎた今となっては・・・・・・・(ごめんなさい) それでは続きをどうぞ。  ~ 四季の室礼<夏> ~ 今では五月になった途端、暑さに居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季の室礼<春>

少し間が空いてしまいました。 すっかり秋になって朝晩は肌寒くなってきました。 こうして季節が移り変わって行くんですね。 四季の暮らしと室礼、今回は春です。 それでは、どうぞ。  ~ 四季の暮らしと室礼<春> ~ 節分ですね。皆さんはお分かりでしょうが、何だか分からない人も若い人には多いようです。 こうし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四季の室礼<冬>

また残暑が、このところぶり返してきています。 皆さま如何お過ごしでしょうか。 季節とは正反対ですが、話の流れですのでご容赦下さい。 「四季の暮らしと室礼」、冬の室礼を講義の内容からお届けします。  ~ 四季の室礼<冬> ~ このような光景を、最近は見なくなりましたね。 私の住んでいる周りも、かつてはこういう家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季の室礼<秋>

私たち日本人は、四季の移り変わりの中で暮らしを営んできました。 その四季を真っ向から受け入れることで、楽しみを見出してきたのでしょう。 先回の前田さんの話の中に、「積極的な暮らし方が室礼になる」というようなことがありましたが、時々の年中行事とともに、私たちは自発的に季節を採り入れてきたのだと思います。 それでは秋の室礼から、話の続…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

室礼の中の道具ー2.

祇園祭の話で、長らく中断してしまいました。 「四季の暮らしと室礼」、前田さんの講義の続きです。 室礼の中の道具、私たちは、こうした道具を駆使して暮らしを営んできました。 道具のない日本家屋での生活なんて考えられません。日本家屋と道具の関係を分かりやすく、今回も写真を使ってのお話です。それでは、どうぞ。 ~ 室礼の中の道具ー2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハレの日の室礼 -3 (祇園祭りによせて)

お久しぶりです。 ここのところ夏らしくない日が続きます。 先日なぞは秋のような気候でしたね。 皆さま、体調など崩しませんようお気をつけくださいませ。 さて、ハレの日の室礼、祇園祭の続きです。遅くなりましてすみません。 午後6時半過ぎ、やっとお稚児さんと宮司様が来られました。 人の出入りも一層激しくなり、緊張の糸がピンと張りつめ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハレの日の室礼 ー2 (祇園祭によせて)

暑い日が続きます。 皆さま如何お過ごしでしょうか。 さて、祇園祭に飾られたハレの日の室礼についての続きです。 少々間が空いてしまいすみません。 前回書きましたように、300年来のお家柄の河村家。祇園祭神幸祭で巡行する、中御座御輿が立ち寄るお家でもあります。 またこの日は、河村家の晴れの一日でもあるのです。 当日わた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハレの日の室礼ー1.(祇園祭によせて)

前田さんの講義を紹介中に失礼します。 暮らしと室礼についてお話させて頂くのに、先日とてもいい経験をさせていただきました。 今日はちょっと寄り道をしますので、お許し下さい。 前田さんの京都の友人に、河村さんという方がおられます。 貝葉書院という経本・講本を商うお家で、現在でも木版手摺りで作られている御店の若当主です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室礼の中の道具

「四季の暮らしと室礼」、前田さんの講義も具体例に入ってきました。 やはりこういう写真付きが、一番分かりやすいですね~。 と、いうと前田さんに叱られそうですが、どうぞ皆さんもご覧下さい。 先回の続きで、室礼に道具がどのように使われているのか、といった紹介です。 当然代表的なものしか時間の都合上無理でしたが・・・・。 それでは、ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本家屋と道具

レポの続きです。 知らないうちに室礼に触れている私たちですが、かつての日本ではどう暮らしていたのでしょうか。 日本家屋の特徴と、ちょっとしたもので生活に彩りを添える日本人の道具の使い方についてです。 ではどうぞ。 ~ 日本家屋と道具 ~ 日本建築は極めて開放的に作られています。 障子や襖などといった簡便な装置で区切ら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「室礼」とは

「四季の暮らしと室礼」のレポの続きです。 室礼は「しつらい」と読みます。 皆さんも日頃身近に接していることなんですよ。 では、室礼とは何でしょう?ご覧下さい。 ~ 室礼とは ~ 今日のお題にある「室礼」という言葉、一般の人にはあまり使われない言葉かも知れません。 最近では婦人雑誌などで取り上げられる回数が増えましたけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本の四季と行事」

前回に引き続き前田さんの講義、「四季の暮らしと室礼」のレポです。 建築とは違いますが、私たちの暮らしの背景の話、といったらいいでしょうか。 四季と行事、それが失われていくような気持がちょっと読後に襲われました。 季節感こそ大事にしなくては!、どうぞご覧下さい。 ~ 日本の四季と行事 ~ 季節の影響が思考に与える力も無視…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

言い訳と、「四季の暮らしと室礼」 その1

雨模様が続き、久しぶりに今年は梅雨らしい気候となった。 ブログがすっかりご無沙汰になってしまい、失礼お許し願いたい。 気にはなるものの、どうしても手が動かない。 現在の仕事を吐露して、言い訳をさせて頂くと、   伊勢・・・・・地下道美術館計画(設計完了)          店舗の改装3件(設計完了~見積もり)   二見・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「日本家屋の暮らしと知恵」 その10ー最終回ー

「日本家屋の暮らしと知恵」、講演内容もいよいよ最終回となりました。 10回に渡ってのご拝読、ありがとうございました。私たちも、日本の建築をと、いつも集中しているつもりですが、暮らしそのものに面と向きあうことが少なくなっているようです。 まさに”暮らし”は、ソフトの集大成、といっていいでしょう。 家庭ごとの暮らし方が、豊かな日本を作…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道具への愛着

先日、Wさんという方から1件のお電話をいただきました。 「衣桁(えこう)の金具が壊れて折れてしまったのでその金具を捜して欲しい」 HPをご覧頂いたようで、家具についての認識もあろうとご相談下さったことです。 早速電話で詳しいことをお聞きし、壊れた現物を送っていただきました。 どうやら折れた先端部分は紛失されたようで、随分…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「日本家屋の暮らしと知恵」 その9

家は人と触れ合う構造を、複数持っていました。 コミュニケーションをとるため、重要な意味があったんでしょう。 日本家屋の奥深さが伝わってくるようです。引き続きご覧ください。 ~ 客を迎えるに重きをおいた家の構造 ~ みせの間のオモテに対して座敷はオク。 それは単に距離という尺度でなく、空間原理によるものでもあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本家屋の暮らしと知恵」 その8

季節や行事によって、普段の部屋がガラッと変貌する日本建築。 講義が行われた五十鈴塾右王舎の建物はどうなっているのでしょう。 具体的に見ていきましょう。 ~ ケの空間とハレの空間 ~ 簡単に家の間取りをお話ししましょう。 玄関から入る客は、座敷に招じ入れられます。 いま皆さんがいる部屋は全て襖がとられた、いわば「ハレ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本家屋の暮らしと知恵」 その7

講義は五十鈴塾右王舎で行われました。 前回の講義にあった「理にかなった寸法」で建てられたこの建物を、講義のテーマにそって見てみましょう。 ~ 五十鈴塾右王舎に見る暮らし方 ~ 皆さんにお座りいただいているこの建物が、サザエさん家よりもういち時代前の家で「町屋」と呼ばれる建物です。 日本はかつて街道を中心に町が作られてきま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「日本家屋の暮らしと知恵」 その6

講義の続きを見てみましょう。 障子や襖、また畳までそうだったとは・・・・。 今の私たちの社会は、その意味でも貧弱な気がしてきました。 どうぞご覧ください。 ~ 引越に持っていく障子と畳 ~ ちょっと例にとってみますが、障子と畳。 建築と密着しているのでどちらかというと建築に見られがちですが、これも道具としての性格が強…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「日本家屋の暮らしと知恵」 その5

「日本家屋の暮らしと知恵」 前回に続き、道具と人との関係をレポします。 日本は確かに家具?ではなかったんですね。 いわれるとなるほどと・・・・・。 ~ 道具と人との関係 (2) ~ 先ほど子供室の話が出ましたが、学生時代に知り合った友人に素封家の息子がおりまして、あるとき子供部屋の話になったんです。 きっとそいつは大き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「日本家屋の暮らしと知恵」 その4

実際、日本家屋とはどういうものなのでしょうか?  欧米の住まいと比較すると、その特異性がよく分かります。 「日本家屋の暮らしと知恵」、続きのレポです。ご覧ください。 ~ 道具と人との関係 (1) ~ サザエさん家で見る波平の部屋も、座卓を片づけて蒲団を敷けば寝室に変わります。日本の住まいはそうした変幻自在の性格も特徴とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本家屋の暮らしと知恵」 その3

「日本家屋の暮らしと知恵」 前回に続き前田さんの講義の続きをレポします。 今回は皆さんにも分かりやすい内容みたいですよ。 どうぞご覧ください。 ~ サザエさん家に見る日本家屋の暮らし ~ では、それまでの日本の暮らしはどうだったのでしょうか。 ちょっとこちらをご覧下さい。 これ実は、テレビアニメ 『サザエさん』 の家…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「日本家屋の暮らしと知恵」 その2

前回の「日本家屋の暮らしと知恵」の講義の続きをレポします。 ~ 高度成長期のLDKスタイルと住宅事情  ~ 日本の歴史の中でも、現代に入って日本の家屋はめまぐるしく変化しました。 特に高度成長の時代は画一的、横並びの価値観があり、それらを共通の認識とすることで飛躍的な成長を遂げてきました。まさに植木等の『無責任男』の時代で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五十鈴塾講義「日本家屋の暮らしと知恵」  その1

3月17日、五十鈴塾において「日本家屋の暮らしと知恵」という題で、前田さんが講義をされました。 当日はたくさんの方がお集まりくださり、好評のうちに講義を終えました。 最近忙しく、ブログを更新することができない前田さんに代わり、この講義の内容を数回に分けご紹介させていただきます。 「日本家屋の暮らしと知恵」 ~ かわりばえの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひとことご挨拶まで

ひとことご挨拶申します。 先回以来、皆さまからお電話や手紙、メールなどをたくさん頂きました。 感想から激励まで、HP刷新にあたって、改めて皆さまに支えられていることを強く実感しました。心から厚く御礼申し上げます。 これを糧に、今後とも努めて参りたいと思います。 これからも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。 すでに先回お…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ホームページ刷新にあたって

いつもブログにお立ち寄りいただき、厚く御礼申し上げます。 暮らし十職の前田です。 このたび、私たちのホームページを刷新いたしました。 未熟ながらも自分のスタンスを示すものが出来たのではないかと思っています。 これまでの主な作品も並べ、皆さまの御叱正を仰ぐことも今後の糧になるものと、敢えて掲載いたしました。 ご高覧賜り、併せてご…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more