テーマ:暮らしの提案

人の縁

昨年”木の家ネットワーク”の全国大会が伊勢で行われた。 私は関係者でも参加したわけでもないが、縁深いこととなった。 福岡の仕事で紹介した「建築工房 悠山想」の宮本さんは”木の家ネット”の重鎮、これに参加するため伊勢を訪れた。それまでに施主の紹介で、福岡で一度だけお会いし面識はあったが、今から思えばこの時の出会いが親しくさせて頂く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミリと尺

建築には付きものの尺度の話を。 建築は寸法によって作られる。これが建築の宿命でもある。 彫刻や絵など、ひとりの人間の力や感性の表現で成り立つ芸術がある一方、建築の場合、多くはそういうわけにはいかない。 大勢の人の”手”の介在によって形作られ、初めて機能するものとなる。 それだけを見ても、建築はコミュニケーションで成り立ってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木質建築と木造建築

伊勢でお世話になっている高橋徹先生、私の大好きな建築家です。 今までお付き合いさせていただいて10年超。 私の嫌なところも十分承知していて、いつも陰からアドバイスを頂き杖を貸してくれる、心から信頼できる先生です。 新五十鈴茶屋はまさに高橋先生の後ろ盾を頂いて初めて出来るものでもあります。 そんなこともあってこの間、現場帰りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あかり いろいろ

先日来、友人の家の設計を頼まれてお手伝いをしてました。 プランが決まり、空間の雰囲気も了解を得て最後に照明へと話がいきます。 大きなリビングだったので、所々の明るさを変えることで、それぞれの空間の演出をしようと張り切って提案したわけです。 当然、友人もこれまでのように喜んでくれるだろうと思っていたのですが、あっけなく却…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご挨拶を・・・前田です

改めて、新年明けましておめでとうございます。 暮らし十職の前田です。 前回記しましたように、今年からこうした形でも私たちの仕事を発信していこうと思います。 そう思い立ったのも、多くの方の場合、実際に木を扱う仕事を間近で見るチャンスが少ないんではないかと思うからです。木は新建材と違って素材の扱いも、工法も難しいですが、本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暮らし十職とは

「暮らし十職」‥これは少しでも多くのみなさんに「職人と一緒にモノをつくる楽しみを味わってもらいたい」という我々の想いから生まれた言葉です。 明治以降、西洋文化の導入による近代化の波によって、永い間つちかわれてきた日本の伝統文化は希薄化されたように感じます。 その間、世界の文物はおびただしい勢いで流れ込み、日本的なものは次第に影が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more