千葉W別邸<材料集め>

先週末、東北を回ってきた。 むろん仕事でだが、桜は仙台が終わり、弘前が開花直前といったところ。 身体をむしばむ帯状疱疹はかなりしつこく、まだ痛みが去らない。 今ひとつ気分が優れないのは仕方ないことか。                      <材料選定> 千葉で、とある別邸の工事が始まる。 1千坪の敷地に、池を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

灯りの試作

帯状疱疹が治らない。 患部は快復しつつあるのだが、痛みが一向に去らずに困っている。 四六時中とあって、ただでさえ衰えている集中力が全く働かない。 いつまでこの痛みは続くのだろうか。                 <試作の行灯と反中さん> 行灯の試作ができたと聞いて見に行った。 千葉の現場が始まるので京都に北山丸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

格子について

前回の出張中、帯状疱疹にかかってしまった。 数日前から痛みがあり、気づけば背から腹まで紅く大きな疱疹が広がっていた。 刺すような痛みが暫く続き、とても仕事どころではない。 と、2~3日怠けて漸く仕事に復帰した。                   <親通切子格子> 建具を纏めるため、格子から書き出した。 これまで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おかげ横丁北口棟ー造作

各地で満開の便りが聞かれる中、伊勢の桜はまだちらほら。 早や3月も月末を迎え、慌ただしく毎日が過ぎていく。 実施設計に基づく工事契約が今月2件決まり、もっぱら材料調達の打ち合わせに割かれている。工事を見据え、静かな緊張に包まれるときだ。                  <工事中 中庭外観> 外観が現れてきたこともあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部の家

やっと福岡から戻ってきた。 2日の授賞式に続いて6日の発表会、7日の記念講演と、晴れがましい舞台でさまざまな人の祝福を受け、中には遠方から駆けつけてくれた方もいて嬉しかった。 改めて御礼を申し上げたい。                 <道路から表門を見る> このところ急に春めいてきて、桜の開花も間近に迫ってきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室礼について(おかげ横丁北口棟)

月初めにインフルエンザに掛かり、今月は久し振りに仕事を休んでしまった。 やっと完治し、長引く越年の腰痛もかなり回復してきた。 先日の受賞では恩師中村先生をはじめ、多数の方から御祝の言葉を戴いた。 ここに改めて御礼を申し上げ、これからの励みとしたい。                   <試作の行灯火袋> おかげ横丁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第25回 福岡県美しいまちづくり建築賞 大賞受賞 

年が明け、早くもひと月が過ぎてしまいました。 厳しい寒さが続きますが、所々で春めくものも感じられるようになってきました。 皆さまは如何お過ごしでしょうか。                  <料亭 嵯峨野 外観> さて、このたび福岡で携わらせていただきました料亭嵯峨野が、第25回福岡県美しいまちづくり建築賞において大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四阿竣工

漸く千葉の実施設計が終わり、今日はこれから見積り合わせの現場説明に行く。 この間、プロジェクトの提案や構想の打ち合わせが続き、明日からは待たせていた住宅の計画に取り掛かる。 明後日からは東北周り、正月明けも束の間、慌ただしく追われている。                    <四阿外観> 以前紹介した四阿(あずまや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茅葺きの家

正月明け早々、また腰を痛めてしまった。 年末年始、畳の生活が続いたのが原因だろう。 日本建築を志す人間としては、些か恥ずかしい。 やっとこの数日復調しつつあるが、この腰とは長い付き合いになるかも知れない。              <アプローチから建物遠景を望む> 絵は、今年中に設計を纏めねばならない茅葺きの家であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかげ横丁北口棟ー上棟ー

今日から静かに始動しようと机に向かった。 昨夜の痛飲も漸く抜け、清々しく新年を迎えた。 今年もさまざまなプロジェクトが控えており、昨年の課題も克服せねばならない。 筆硯も新たに望もうと思う。                  <上棟曳き綱の儀> おかげ横丁北口棟も、昨年暮れに上棟を迎えた。 槌音高く現場に響くなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年を振り返り

ようやく今朝方、千葉の実施設計にめどがついた。 考えたように納まりがつき、まずは一段落といったところか。 年明けに設備に出して纏めとなるが、先が見えたとあって安堵している。 師走も残すこと数日、今年もこれで暮れる。             <四畳半前の土縁に飛石を打つ> 青森の料亭も最終工程に入り、今年最後の現場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかげ横丁北口棟ー建て方ー

千葉のとある別邸の実施設計に掛かっている。 漸く全体の矩計りを決め、外観内観とも意匠が固まってきた。 日本の良き形を数寄屋に求め、流れる屋根の佇まいを核に纏めてみた。 これで施主の諒承を得られれば、本格的に作図に掛かる。                     <建て方開始> おかげ横丁北口棟も、いよいよ建て方が始…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

料亭の建築ー懇親

いま弘前から帰る列車の中にいる。 今朝、青森からの移動は小雨だったが、昼前から雪に変わった。 垂れ込めた曇空を、風が音を立てて吹き抜けていく。 今日は前回紹介した住宅の地鎮祭で、ご家族を囲んだ厳かな式だった。                   <茶室4畳半の天井> 青森の料亭も終盤を迎え、現場も殺気立ってきた。大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘前K邸、ほか近況

すでに11月も中旬に差し掛かり、庭のハナミズキも紅くなった。 秋の季節は一瞬で、急流を下るように姿を変えていく。 先日の八甲田も紅葉は見頃を過ぎ、伊勢はやっとほのかに色づきだした。 振り返っても、このひと月は多忙を極めた。                  <弘前K邸北側外観> 実施設計が続いている。 仙台の住宅…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

仙台S邸(設計納品)

やっと弘前の住宅も基本設計が纏まり、これより実施設計に入る。 出る機会も多く、四阿の引渡しを経て伊勢へ行き、現場を見てから青森へ。 その間、千葉の計画を書いて先にお送りし、明日からはまた、岩木山の麓に飛石の材料を見に行かねばならない。            <リビングから和室を通し、西の借景を望む> 先日、仙台の実施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四阿(あずまや)

ある別邸の計画が纏まらず、難渋している。 1千坪の既存の日本庭園に嵌め込むのだが、なかなか思うようにいかない。 ホームページを見て依頼してくれた方だが、辛抱強く待ってもらっている。 もうひと息なのだが、できればいい建築になるだろう。                     <四阿外観> いま四阿(あずまや)を作って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きざみ

ここ暫く籠もって書いた実施設計が、今朝おわった。 気力は充実しているつもりでも、年ごとに衰える体力の埋め合わせはできない。 先日作った老眼鏡を、掛けて書いた初めての図面だが、これぐらい裸眼で見えたのにと思いながら、机に向かっていた。             <作業場での棟梁らとの打ち合わせ> おかげ横丁北口棟もきざみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第三銀行 おかげ横丁出張所

これから年末に掛け、目白押しに実施設計に取り組まねばならない。 相変わらず外に出る機会が多く、腰の具合もはかばかしくないのだが、弱音などいっていられない。 体調を整え、精魂を傾けたい。                 <全体の佇まいを見る> 小さな仕事だが、第三銀行の依頼でATMコーナーを作った。 家と家の間にひっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢市観光協会竣工2.

内部1階は会所として、多勢の集まりに備え、2階に事務機能を集約した。 情報過多の時代、行くところも決めずに旅するひとも希だろうが、旅の最も鮮烈な記憶は、そこでの人との出会いや会話だという。 そんな旅人を迎え、送り出す、暖かい空間にしたいと思った。                   <土間とへっつい>          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢市観光協会竣工1.

例年のごとく、盆中も仕事をしていたが、今年は数日休みを取った。 久し振りの気分転換にと、滅多に運転しない車で富士の麓に行った。 仕事を忘れ、森の緑に囲まれて過ごす数日は格別だった。 それも束の間、明日からいつもの出張が続く。             <建物正面を望む 裏の緑が外宮> 伊勢市観光協会が竣工した。 去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more