ふたつの計画

早くも梅雨に入り、これから鬱陶しい日が始まる。 それでも今年は湿気が少ないようで、今のところは過ごしやすい。 先日まで出張が重なり、これが続くと、夜が寝られないのが辛い。                <ふたつの計画の下書き> そのような中、懸案のふたつの計画を日曜から缶詰になって纏めた。 これまでの打ち合わせで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茅葺きの家<茅葺き>

桜の季節も過ぎ、若葉が一斉に芽吹きだした。 この4月の長雨には悩まされたが、漸く春爛漫の候となった。 田植えも始まり、山々の新緑も色鮮やかに、目を楽しませてくれる。                   <妻面の茅を葺く> 茅葺きに掛かりだしたが、この雨続きで仕事が捗らず、職人らも苛立ちが隠せない。今回の茅葺きでは琵琶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼を作る

庭のハナミズキが満開になった。 桜と違って、枝につく白い花弁が一斉に開くので、華やかさが際立つ。 我が家となると私も無精で、手入れも構わず放ったらかし。 それでも春ともなると花をつけ、目を楽しませてくれる。              <茅葺きの家のために作った鬼瓦> 先日、久し振りに三州の梶川さんの工房へ寄った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部の家<庭仕事開始>

早や桜も三分咲きとなり、今日明日には満開を迎えそうだ。 何となく気ぜわしいこの季節だが、今年は珍しく家で過ごしている。 ここは桜の町で、天然記念物の蒲桜をはじめ、桜の名所には事欠かない。 久々に桜を楽しもうと思っている。             <和室棟から雁行して建物が連なる> 南部の家も仕事が進み、外部の足場が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

串本の町家<始動>

冬から春へと移るこのときは、まるで激流のごとく変わる。 土を覆う草も山も、空気の色までが昨日と違い、湿った柔らかさに包まれる。 気付けば、梅に続いて木蓮も咲き出し、桜も幾分つぼみが膨らんだようだ。                <前面道路より外観を望む> 以前紹介した、和歌山の串本に建つ町家が、先日地鎮祭を迎えた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茅葺きの家<上棟>

春の雨が続き、少しずつ暖かさが増してきた。 庭のハナミズキも次第に芽がふくらみ、春の近さを予感させる。 先月、実施設計の納品を終え、また彼方此方と飛び回る日が続いている。                <茶畑越しに建物を望む> 茅葺きの家が上棟を迎えた。 先月半ばから始めた建て方も順調な運びで、思った期間の半分で組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部の家、盛岡増築

大寒を迎え、庭に霜柱が立つ日が多くなった。 現場への出張を挟みながら、今は実施設計に余念なく取り組んでいる。 3月に埼玉建築士会から講師を頼まれ、何か気の利いた話をと考えるものの、やはり自分のしてきたことしか話せないかと、半ばあきらめかけている。               <南部の家 リビングの小屋> 南部の家も、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年頭にあたって

新春のお慶びを申し上げます。 旧年中はご愛顧を賜り、ありがとうございました。 本年も相変わりませず、宜しくお願い申し上げます。 今日から少しずつ始動していこうと思う。 机の前に座りたくない気分は拭えないが、仕事は待ってはくれない。 休んでいても片隅のどこかに仕事が引っかかっていて、その引き出しを開ければ待ったなしと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年の瀬にあたり

歳末の出張を回り、各地で仕事納めとしながら酒席が続く。 やり残しや、失策などの悔いも残るが、皆と一緒の時間は心地よい。 年の瀬に気持ちが楽に感じられれば、まずは良しとせねばなるまい。 24日まではこのような状態が続く。                 <現在進行中の仕事>    写真は事務所の我が机の前に貼ってあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南部の家<始動>

少し余裕があった夏を後目に、秋とともに追われる毎日を過ごしている。 計画の詰めや実施設計で一杯の頭を抱え、合間を縫って出張に出る。 東北の紅葉も今が旬で、車窓から眺める山の色づきに、暫し見とれていた。 秋の日は束の間で、つぎ行く頃は冬景色へと変わっているのだろう。                     <南部の家 上棟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茅葺きの家<始動>

伊勢も遷宮が過ぎ、人の波も例年に戻りつつある。 事務所のある河崎界隈も、穏やかな秋の風情になった。 今年は夏らしい日が少なかったせいか、昨年の熱気が凄かったせいなのか、町自体も、まるでひと恋しい寂しさに包まれているかのようだ。                 <茅葺きの家 全景> いよいよ茅葺きの家が始まる。 昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉W別邸ー竣工4.

池に張り出して設けた濡縁が、この庭と建物を繋ぐ。 部屋からも、庭から見ても主眼となる大事なところである。 既に据えられた池中の伽藍石に濡縁の角柱を持たせ、水平に広々と、しかも軽々と見せることで庭との一体をねらった。                <池に張り出した濡縁> 和室からは滝口が望め、ここから流れる水音が静かに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉W別邸ー竣工3.

玄関、取次を経て、縁廊下に出る。 この縁廊下から和室入側にかけて下屋が雁行して連なり、その上に本体屋根が2段になって葺き巡っていく。 縁廊下正面が、外から見た丸窓となる。                  <縁廊下から庭を望む> 主屋の芝庭に面して、リビングダイニングを設けた。 空間を大きく、内部空間の充実を図るた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホームページ更新

梅雨明けが待たれるこの頃ですが、皆さま如何お過ごしですか。 このたび、遅れておりましたHPの更新をいたしました。 写真整理を初めて任されましたが、結構難しいですね。 作品を追加させていただきましたので、宜しければご笑覧ください。 暮らし十職                     <千葉W別邸> 現在、所長がブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉W別邸ー竣工2.

既にある庭は、建物の周りを回遊するよう作られていた。 しかも各場所ごとに景色が作られ、細やかな配慮が感じられる。 恐らく、こうなるのではないかといった庭師の勘が、出来る建築との交わりを望んでいるかに見受けられ、それをどう受け止められるかが建築の課題だった。                      <外観> 中でも外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉W別邸ー竣工1.

千葉のW別邸が、先月末で竣工を迎えた。 一年半あまりの工期だったが、内容の濃い仕事をさせていただいた。 庭園とのコラボレーションが大きな課題だったが、庭園を含む全体構成としても、遜色ない出来になったようだ。改めて紹介したい。                    <表門を見る> 最初にお話を承ったのが平成21年の3月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台S邸(構造)

連休も仕事漬けに、漸く懸案の実施設計を書き上げた。 電話やメールも滅多に来ないこの時期に、例年仕事の大詰めを迎えるよう、予定を組むようになって随分と経つ。 連休前に書き上げるつもりだったが、衰える体力と集中力にはかなわない。             <和室からリビングにかけての登り梁> そのようなことで現場が滞ったた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉W別邸<完成間際>

やっと春らしい季節になった。 今年の雪では私も被害を被ったが、暖かな日差しはそれを忘れさせてくれる。 懸案だった串本の実施設計を書き上げ、今は少し息をついたところ。 これからもうひとつに取り組むのだが、この間隙を縫って現場を回っている。                <アプローチから玄関を見る> 千葉の現場も漸く完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6回あおもり県産木造住宅コンテスト「特別賞」

弥生3月というのに、まだ寒さが続いております。 皆さまお変わりございませんか。 事務所は新年から休みなく、追い立てられるように働いています。 所長も昨日は地元で講演があったようで、少し照れておりました。                 <弘前K邸 リビングを見る> このたび、第6回あおもり県産木造住宅コンテストで、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

千葉W別邸<仕上げ>

今年こそ更新を滞らぬようにと、歳末に誓ったものの、既にこのありさま。 年々歳々仕事に追われるばかりで、自分の時間も全く取れないでいる。 年頭から書く予定の実施設計も、設備との取り合い調整に時間が取られたり、開発絡みで役所との協議が長引いたりと、思うように進まないことにも原因があるのかも知れない。              …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more