慧然寺境内整備(材料検査)

山形の住宅の基本設計を上げ、福岡の計画に掛かりだした。昨年の計画に代わっての仕事だけに後へは引けない。相変わらず出張が難点で、夜ひとり、ホテルで図面を前に呻吟する日が多くなった。 各所の現場も本格的に動き出した。                    <材料検査> 東京深川の寺院も昨年暮れから工事に掛かりだした。三聖山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福聚寺庫裏<土壌改良>

課題だった住宅の実施設計を書き上げ、青森まで材料を見に行ってきた。 年明けから数年ぶりの風邪を引き込んだり、携帯を壊したりと散々だったが、何とか気を取り直し今年も始まった。                  <あげ家された庫裏> 福島の三春にある福聚寺の庫裏を進めている。 江戸後期に建てられた茅葺きで、書院を備えた平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西白山台の家

新春のお慶びを申し上げます。 早々に賀状を頂戴し、暖かい言葉や励ましを頂きましたこと、改めて御礼申し上げます。本年もより自らを律し、邁進していこうと思います。 どうぞ相変わりませず宜しくお願いします。                 <西白山台の家 外観> 大晦日から家人が急性胃腸炎になり、また昨夜ひとり転移し、散々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年の瀬を迎えて

この暮れは殊のほか暖かく、師走気分にはほど遠い。 とはいえ、残す日もわずかとなり、年の瀬を迎えた。 各地で仕事納めと忘年会が続いたが、昨日、東京で最後の締めをして戻ってきた。年の瀬に笑って呑めるほどの幸せはあるまい。                 <慧然寺材料木取り> 今年最大のハプニングは、東京深川にある寺院の境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第48回 中部建築賞受賞

年の瀬も近づき、日ごとに慌ただしさが募ってきた。 今年は少し早く、昨日で伊勢事務所を締め、埼玉へと戻ってきた。 ただ年内の仕事もまだ山積しており、東北出張の傍ら、ぎりぎりまで仕事漬けとなりそうだ。                <建物全景 茶畑越しに見る> 伊勢、宮川の里「鄙茅」がこのたび、第48回中部建築賞を受賞し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームページ刷新

歳末が近づいておりますが、皆さまお変わりなくお過ごしのことと存じます。 私どもも、年内の仕事が見えてきて、それに向け全力で取り組んでおります。 今年は予想を超えた出来事が続き、些かパニック的な状況になったこともありましたが、何とかこの歳末を迎え、一同心の中でホッとしているところです。 暮らし十職 http://www.ku…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部の家<竣工5>

リビングは一転して構造美を求めた空間とした。 屋根裏を大きく開いて架構の梁を見せ、堅牢な木組みそのままを意匠として現した。登梁は赤松、受梁には欅を用いた。受梁の欅は長さが10mとあって探すのに難儀をかけた。            <リビングからダイニング、キッチンを望む> リビングは全体で30畳強の広さがあり、ダイニン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部の家<竣工4>

伊勢から福岡、また東京に戻って打ち合わせの後に小田原へ。 席の温まる間もないが、気持ちは充実しているようだ。 新たな仕事の依頼も入ったりと、そろそろ来年の仕事の段取りを考える候となってしまった。                  <玄関から取次を見る> 南部の家の続きを。 玄関は式台を構え、取次の正面には床を設けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部の家<竣工3>

今秋は雨が続き、鉛筆が載らない日が多い。 忙しいときに限ってそうで、いらいらが募る。 少し落ち着くかと思った仕事も、何かと引っ張り出され、気付けばまた綱渡りの毎日となっている。これも暫くは続きそうだ。                    <中門を望む> 南部の家の続きを。 遠隔地であること、冬季の積雪などもあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部の家<竣工2>

綱渡りだった毎日が、少しずつだが落ち着きを取り戻しつつある。 世には同時に数件の仕事をこなす強者もいるが、身体には宜しくない。 振り返れば、若い頃より仕事をしているようで、これでは身が持たない。 せめて一日、休みが欲しい・・・                  <南側からの俯瞰> 施主の要望は、池と流れがある庭と一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部の家<竣工>

7月中旬から書き始めた実施設計も終え、25日の講演準備や月末締め切りの出品取り纏めにあたふたとしている。お盆も仕事ばかりで、今夏もこれで終わるのだろう。 ふと昨年の夏も、三春の禅寺の実施に追われていたのを思い出した。 9月からは、今日決まった博多の仕事に精力を注ごう。              <南部の家 道路から全体を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三重県建築賞受賞

いよいよ夏の到来です。 改めまして暑中ご機嫌お伺い申し上げます。 事務所は相変わらず忙しく、急ぎの東京の仕事に、多くの人を巻き込んで実施設計を纏めております。8月盆明けまでを目標に鋭意努めて参ります。                <茶畑から建物全景を望む> このたび、第35回三重県建築賞において、「伊勢、宮川の里 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

串本の町家 竣工4

いよいよ東京の仕事に掛かりだした。 基本で書いた平面を確かめながら、慎重に高さを割り出していく。 それぞれの屋根の納まりがつけば、実施設計スタートだ。 串本の町家の続きを。              <厨房から中庭を通しみせを見る> この仕事で棟梁を努めてくれたのが山本さんだ。朴訥な方で口数も少ないが、肝心な仕事は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

串本の町家 竣工3

急ぎの福岡の仕事も昨日で納まり、ちょっとした開放感に浸っている。 梅雨の晴れ間はすでに真夏の暑さで、日射しが肌にいたい。 頭を切り換え、この夏は東京の仕事に挑む。 串本の町家の続きを。                    <みせ内部を見る> 格子戸を開けるとみせのカウンターが正面に迎えてくれる。内部は2階の床組を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

串本の町家 竣工2

昨日京都に行っていたが、ものすごい暑さに閉口した。 梅雨の晴れ間ともなると、真夏の日射しがたたきつける。 毎年のこととはいえ、年々暑さが堪えるようになった。 串本の町家の続きを。                     <みせへの入口> 駅側の正面にみせを、裏に厨房棟を建て、中庭を挟んで両棟を繋いでいる。 間口が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

串本の町家 竣工1

先回の更新以来、急ぎの仕事が重なって入り、あたふたとふた月が過ぎた。 今日もこれから東京に行って打ち合わせと、机に座る間がない。 明日からは福岡を纏めるためとんぼ返りをせねばならず、待ったなしの綱渡りが続いている。                     <正面格子> 串本の町家も、引き渡して早や三ヶ月が経った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休中の計画

神宮宇治橋前に建つ実施設計を昨日納品し、今朝からまた計画に掛かる。 連休は電話も掛かってこないため、例年机に向かう格好の機会となっている。 続いた数々の引き渡しも終え、心機一転の心持ちか。 ハナミズキも花が散り、新緑眩しい候となった。                 <福岡の計画 西側俯瞰> 東北と四日市で住宅の計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部の家<外構>

庭のハナミズキも開花を迎え、春爛漫となった。 仕事に追われる身でありながらも、花を見るとやはり心安らぐ。 手の届くところで咲く花は、一層可憐さをますようで、徐々に花の白さが鮮明に浮かび上がってきた。                     <南側外観> 南部の家も漸く竣工を迎えようとしている。 着工してから早や4年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢宮川の里「鄙 茅(ひなかや)」ー4.

昨日の雨で桜も散りだし、いよいよ新緑まぶしい季節の到来である。 八戸、福島から伊勢に戻り、おはらい町の伊賀組み紐店の引き渡し。 その後、博多に移動して打ち合わせをし、昨晩戻った。 更新が滞ったが、茅葺きの家の続きを。              <囲炉裏の間から離れを見る> 早くから離れを作りたいと話しをしていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢宮川の里「鄙 茅(ひなかや)」ー3.

年頭から立て続けに仕事が重なり、日々あたふたとしている。 毎日が綱渡りの連続だが、夜ともなるとつい外に誘われ羽目を外してしまう。 我ながら困ったものだが、茅葺きの家の続きを。              <店内から川沿いの景色を望む> 周辺の地盤より1m上げたこの部分が飲食の空間となる。 正面に見据えた小高い山の右手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more