慧然寺境内整備<竣工5.>

玄関から大廊下の正面突きあたりに、寄付のひと部屋を設けた。 猫間障子から見える主庭の緑が、来る人に期待を抱かせる。 見えるようで見えないことに、人は奥ゆかしさを感じるのだろう。                   <寄 付> 内部8畳敷きに、その内の1畳を床とした。これを原叟床(げんそうどこ)といって、一枚の地板に床…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慧然寺境内整備<竣工4.>

玄関を上がると、取次をかねた大廊下に出て各所へと結ばれる。 天井には幅2尺、長さ7mの杉の中杢板を布張りとし、床板は赤松の幅7寸ほどを1寸の厚みで張っている。2階の床高をなるべく低く抑えて外観に反映させるため、要所に2階の床を支える梁を現してまとめた。              <大廊下を寄付に向かって見る> 入ってす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慧然寺境内整備<竣工3.>

短期間で材料を集めねばならないとあって、すぐに手配に走った。 業者決定が10月半ばだったため、樹木の伐採時期と重なったのは幸いだった。 庫裏と書院だけでも140坪超の面積があり、大量の木材が求められた。              <大径木から木取るところ> 今回の計画にあたり、和尚からどうしても木造でという気持ちを聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慧然寺境内整備<竣工2.>

今年の暑さは常軌を逸している。 些か暑気あたり気味で、何とも身体が辛い。 梅雨が早く明けてしまったこともあるが、温暖化の影響も相当大きいのではないかと思う。慧然寺の続きを。                <本堂前から庫裏を望む> 本堂を残して、裏にある墓地を修復し、庫裏と書院を新築、外構の塀をやり変え、北側の駐車場、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慧然寺境内整備<竣工1.>

今年は異常に早く梅雨が明けてしまい、毎日の暑さに閉口している。 昨月中に仕上げる小田原の実施設計も、漸く書き切れることができた。 溜まった雑用をこなし、また新たな計画に取り掛かろうと思う。               <前面道路より全体を望む> 今年の3月末に、東京深川の慧然寺(えねんじ)が竣工した。 4月に行われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西白山台の家<上棟式>

すっかり梅雨らしい毎日が続いている。 小田原の仕事の締め切りが近づいているものの、未だに考えがまとまらない。こういうときがつらいときで、決断しきれないもやもやが梅雨空と重なる。             <リビング吹抜を見る> 先日、西白山台の住宅の上棟式が行われた。 請け負った工務店の社長と話をしていて、それなら正式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新生餘慶庵<竣工間際>

連休に入ったものの、これから溜まった仕事に掛からねばならない。 毎年、この連休と盆休みはこれに充てることにしている。 むなしくないかと問われれば、その通りなのだが、これも致し方ない。 今日から机に向かいだした。              <入側周り下屋> 京都の餘慶庵もようやく屋根が納まって、銅板、瓦が葺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福聚寺庫裏<桜咲く>

寺院の仕事が続いている。 これまで寺院の仕事などなかったのだが、続けざま飛び込んできた。先日の東京深川は漸く引き渡しを終え、ホッとするも束の間、福聚寺が佳境に入ってきた。          <観音堂から見る境内 遠くに枝垂桜> 福島三春にある臨済宗妙心寺派、福聚寺という。 すでに拘わってから4年になる。 私が赴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慧然寺落慶

今年の桜はあっけなかった。 例年楽しみにしている近所の桜があるのだが、今年は満開を見ることなく散ってしまった。春を感じる間もなくモミジの新芽が出てきて、新緑映える初夏も近い。                     <法要当日> 東京深川の慧然寺、ようやく先日落慶を迎えた。 開山の別伝和尚350年遠忌とともに、庫裏、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西白山台の家<地鎮祭、材料検査>

すっかり更新が滞ってしまった。 昨年暮れの風邪から始まった体調不良が、ついに1月末から2月初旬にかけて寝込むこととなり、治ったと思ったらまた昨月末に風邪をこじらせてと、散々な今冬だった。 漸く春の気候に助けられて、今は毎日を慌ただしく過ごしている。              <西白山台の家 全景> 一昨日、長らくお待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新生餘慶庵

正月明け以来、20日も出張が続いている。 何をしているのか自分でもわからない。 瞬く間に過ぎてしまった、というのがこの月の印象である。             <瑞峰院表門より> 昨年、京都大徳寺の瑞峰院より、茶室の屋根替え、増築における設計の依頼を受けた。 まだ修理して間もないはずだがと思っていたが、軒が下がり雨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年頭にあたって

新年のお慶びを申し上げます。 早々に賀状を頂きまして、改めて厚く御礼申し上げます。 年頭にあたり、今年一年、稔りある歳にと決意を新たにしています。 本年も宜しくお願い申し上げます。 昨日から仕事始めとした。 少しでも休むと、どうしても腰が重くなるが、自分なりにはいいスタートが切れたようだ。しだせば乗ってしまうのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年の瀬を迎えて

この暮れは殊のほか寒さが堪えていて、特に膝が痛くて仕方がない。 とはいえ、残す日もわずかとなり、年の瀬を迎えた。 各地で仕事納めと忘年会が続いてるが、来週、伊勢で最後の打ち合わせをして戻る予定だ。年の瀬に笑って呑めれば幸せといわねばなるまい。         <東京深川慧然寺 庫裏、書院新築> 今年最大のハプニングは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢の町家「伊賀くみひも平井」<竣工3>

ひと月間続いた出張も先日終わり、この数日は机を前にしている。 気づけばすでに11月も終盤で、庭のハナミズキも葉が落ち、早や師走の足音が聞こえる候となった。 伊賀くみひもの続きを。                 <正面から外観を望む> 道路から向かって左は、おかげ横丁が出すジャムの店となる。町家の形態でいうと、隣の五…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢の町家「伊賀くみひも平井」<竣工2>

先日の台風は伊勢でも驚く被害が出た。 幸い事務所は被災を免れたが、居合わせたホテルは翌日も麻痺していた。 自然の威力を目のあたりにすると、改めて人の脆弱さを痛感する。 被災された多くの方に、重ねてお見舞い申し上げたい。                   <みせ土間を望む> 伊賀くみひもの続きを。 まず設計として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢の町家「伊賀くみひも平井」<竣工1>

随分と更新が滞ってしまった。 各地の現場や、新たな仕事の図面などに加え、今年は地元の自治会長を引き受けたものだから、4月以降、週末の2日間が全て取られていた。 これも今週の体育祭でおよその行事が終わるとあって、胸をなで下ろしている。              <おはらい町通りより建物全景を望む> 竣工してから月日が過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慧然寺境内整備(上棟)

夏も盛りと毎日暑い日が続く。 今年は全国的に空梅雨だったわりに、局所的な豪雨が多いようだ。 大きな目で見れば、異常気象なんてないと気象庁がいっていたようだが、やはり季節柄が感じられる気候がいい。                   <庫裏正面を見る> ひと月前になるが、東京の慧然寺庫裏の上棟式が行われた。 当日も上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田原の仕事

連日、九州豪雨による被害のニュースが届く。 熊本地震に次いでのこの惨事に言葉も出ない。多くの方の艱難を思うと、我が身の平凡な日常さえも、申し訳ない気持ちでいっぱいになる。 改めてお見舞い申し上げたい。                 <新規計画の敷地一帯> 今年に入って、小田原の仕事に正式に掛かりだした。これまではプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福聚寺庫裏<上棟>

梅雨に入ったというのに、一向に雨らしい雨がない。 現場にとっては嬉しいが、季節らしさが少なくなっているのは寂しい。 暫く出張が続いたが、ようやくこの数日、机を前に座っている。                 <福聚寺参道から望む> 福島三春の福聚寺も、順調に工事にかかっている。 去る5月に、上棟式が行われた。 以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡西中洲の鮨店(3)

アプローチを歩いて、客は店内へと誘われる。 歩かせる空間が欲しいと、はじめに求められていた。そこで、入口に片屋根の腰掛けを設けて溜まりを作り、回り込むようにアプローチする。 アイストップに中敷居窓の明かり障子を入れ、照明を兼ねた。                 <格子戸から店内を見る> 腰掛けは、丸太の柱に桁、垂木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more