三沢の数寄屋

幾分秋めいてきて、外に出かけやすくなってきた。
現場が動いていると出ざるを得ないが、熱いさなかのマスクには辟易している。
それでもまだ新幹線も飛行機も空席ばかりで、このままで良いのかと心配になってくる。

三沢 山本邸【意匠図】-2.jpg
              <表門を見る>

実施設計を上げて一年がたつ三沢の数寄屋が、昨日ようやく施主のGOが出た。
青森の三沢に建つ数寄屋の住宅で、構想から3年を経た。寒冷地とあって、どれだけのことができるのか悩んだが、2世帯の家族が住む家として、また念願のお家とあって自ずと力が入った。
200坪の邸宅で周囲を庭が囲む。庭も建物と同時に作らねばならないが、この土地ならではの開放的な庭を作りたい。
これまで幾度となく施主を交えて話してきたが、建築を通してその人自身と触れ合えるのは、とても有意義で楽しい。期待に応えられるよう、気を引き締めて臨みたい。

三沢 山本邸【意匠図】-3.jpg
           <南庭より建物全体を望む>

以前にも書いたが、青森から岩手にかけての山々は、とても森林資源に恵まれている。
というのも樹種が豊富にあり、こうした木の建築を作る上では格好の木材が容易に手に入る。青森といえばヒバを思われる方も多いが、ヒバは今となると貴重で、なかなか手に入りにくい。しかし、杉、赤松、栗、ケヤキといった材が、山にはまだ豊富にあって、ナラやタモといった家具材なども手に入りやすい。しかも大径木で使えるため、自在に木目を選んで挽くことができる。
まさに宝の山である。

三沢 山本邸【意匠図】-5.jpg
             <中庭の池を見る>

建つ家を、こうして地元の木々を使って作れることの妙味は、何ものにも代えがたく、うらやましい限りである。
早速、材料の手配を始めてもらい、この11月から3月までの間で、およその材を調達したい。
今のところ3年の工期を見込んでいるが、大工たちとともに試行錯誤を重ねていく喜びをかみしめている。
また経過は追って紹介したい。

三沢 山本邸【意匠図】-6.jpg
           <リビングから南庭を見る>
  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント