歳末にあたって

このところブログの更新が滞っていて、誠に申し訳ありません。
残すところわずかとなり、いよいよ年の瀬を迎えた。
各地で仕事納めと忘年会が続き、年内の出張も昨日終えて戻った。
年の瀬に笑って呑めれば良しとせねばなるまい。

KIMG1030.JPG

               <三沢の邸宅>

昨年からの網膜剥離で、6月までの半年を休まざるを得なかったが、ようやく調子を取り戻して仕事に向かっている。治ってから3件の実施設計を上げ、年明けからまだ4件の実施設計が待っている。
病で休んで、初めて身体が資本だということが痛感され、ひとつひとつの仕事を、しっかりと地に足をつけて邁進したいと思っている。
年内の仕事は大方見通しがついたが、小田原の住宅がいまひとつしっくりこないのが気がかりで、歳末までの時間を使ってもう少し深めてみたい。

鎌倉山田邸基本設計-4.jpg

               <扇ヶ谷の住宅>

来年の決まっている仕事でいうと、三沢の邸宅を皮切りに扇ヶ谷の住宅、里山のS邸、小田原での里構想を含めたデザイン会議、伊勢での数件の計画と現場、福岡の鮨店の着工などが控え、また慌ただしい一年となりそうだ。

鮨さかい別邸-3.jpg

                <福岡鮨店>

より自分を見つめ、少しでも確たるものを大きくするために邁進したい。
今年も小欄をご覧戴いた皆さまに感謝を申し上げ、来る歳もどうかご叱正をと、お願い申し上げる次第である。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

黒坂
2019年12月26日 16:59
体調も戻られ仕事に向かわれる姿に本当に安堵していました。ですがくれぐれもお身体と相談されながらお願い申し上げます。私も娘そして父と母の入院もあって健康である事の大切さを身に沁みた今年でありました。
木の建築をやりたくてこの会社に居るのに施設関係や鉄骨造が続いていましたが、少しばかりですがお手伝い出来ます事に喜びを感じております。
「建築とは」そんな処を自分に問い掛けながら仕事して参ります。
先ずは前田先生ご家族皆様のご健勝をお祈り申し上げ、この一年の御礼と来る年が良い一年になりますようお祈り申し上げます。
前田
2019年12月26日 17:57
黒坂さん、ご丁寧なコメントをありがとうございます。今年は昨年末からの病を引っ張り、何とも実りの少ない一年でしたが、ようやく気持ち的にも元に復しました。色々と今後お世話になりますが、よろしくお願いします。まだ具体的に書けない物件も控えており、来年はしっかりと自分と向き合っていこうと思っています。またお話しする機会を楽しみにしております。