南部の家、盛岡増築

大寒を迎え、庭に霜柱が立つ日が多くなった。
現場への出張を挟みながら、今は実施設計に余念なく取り組んでいる。
3月に埼玉建築士会から講師を頼まれ、何か気の利いた話をと考えるものの、やはり自分のしてきたことしか話せないかと、半ばあきらめかけている。

画像

              <南部の家 リビングの小屋>

南部の家も、造作が本格化してきて先日見に行ってきた。
設計と違うサッシが入って少々の手直しを指示してきたが、概ね思ったように進んでいる。屋根もあらかた葺き上がり、起りと箕甲のラインが原寸通り、きれいに納まっていた。
瓦葺きとあって、破風も若干幅を持たせたが、頃合いの形になったようだ。
リビングの小屋は化粧で現し、長尺ものの赤松とケヤキの梁が縦横に組み合わされる。それぞれ八角に削って仕上げているが、太さが程良かったせいか、全体のバランスがいい。
それら梁組を支える大黒柱はケヤキを立て、この柱がキッチンとリビングの要となって空間を引き締める。

画像

                <大黒柱に梁が取り付く>

良材ばかりを選ったつもりはないが、この柱も梁もいい材料で揃えられたのはやはり嬉しい。
庭木についても、主体となるものの入手に目処が立ち、春を待って取り掛かるつもりだ。夏までには大まかな形が見せられるよう、督励していこうと思う。

画像

                <盛岡K邸 音楽室模型>

盛岡K邸の増築が始まる。
以前建てた住居部分の北側に、新たに地続きで土地を購入され、そこに子供たちとの音楽室を作りたいという。昨年初頭に相談を受けて図面に落としたが、特徴を持たせた音楽室とすることで、住宅との共存を図りたいと思った。
工事に先立ち、大工が理解しやすいようにと模型を作った。
斜梁を入れて屋根を分割し、切っ先鋭い突端と折った屋根のコントラストで、既存の切妻屋根に添わせてみた。建物間の中庭は音楽室と連動する、使う庭として整えたい。
暖は薪ストーブを採り、既存のリビングとはひと味違う吹抜空間が広がる。
家族が集う、もうひとつのよりどころとなれば嬉しい。
雪解けと同時に基礎に入り、夏前の竣工を目指す。

画像


  (前田)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

尊8
2015年02月27日 12:39
昨日はおめでとうございました!!
またお会いできる日を楽しみに、前進していきたいと思います!!
南部の家が楽しみです♪
前田
2015年03月03日 12:24
尊8さま
コメントありがとうございます。私もこれからが正念場で、自分の思いを突き詰めて答えを出さねばならない歳になってきました。こちらこそ、今後とも叱咤激励をお願いします!

この記事へのトラックバック