年の瀬にあたり

歳末の出張を回り、各地で仕事納めとしながら酒席が続く。
やり残しや、失策などの悔いも残るが、皆と一緒の時間は心地よい。
年の瀬に気持ちが楽に感じられれば、まずは良しとせねばなるまい。
24日まではこのような状態が続く。

画像

                <現在進行中の仕事>

  
写真は事務所の我が机の前に貼ってある、現在進行中の計画である。
これでもまだその一部なのだが、こうして目の前にぶら下げて仕事をしていると、人参を見て走る馬のようだといわれた。
それもそうかと思うが、こうしていないと次の新たな構想が生まれない、というのも事実であって、自分をはき出さないと、次に移れない性分なのかも知れない。

先月末から書きだした実施設計を携え、先日納品してきた。
伊勢のおはらい町に建つ、伊賀組み紐の建物で、来春からの着工を目指す。おはらい町では続いてもう一軒の計画があって、これは年明け早々に実施設計に掛からねばならない。
界隈では、このほかにも大きな改装計画があったり、新規の計画が重なって続き、暫くはこの地での仕事が中心となりそうだ。
また、以前から紹介している茅葺きの家も、年明けから木材搬入、1月末から建て方に入り、2月末には上棟を迎えられるよう進めている。大工は刻みの真っ最中で、棟梁が頭を抱えて墨付けをしていた。なぐり目をつけた材料への墨が思うように描けず、登り墨に苦労しているようだ。

画像

           <茅葺きの家 梁をなぐって仕上げる>

昨年末に紹介した和歌山の工事契約が、漸く纏まった。
この一年、資材の高騰や職人不足から、なかなか請け手が現れなかったが、熊野の方からの紹介で、工務店を決めることが出来た。これで年明けから現場に掛かれると安堵している。
南部の家もそろそろ屋根が決まり、外回りの造作に掛かり始めた。
来春からは外構の庭も同時並行で進めていくことになるが、これも楽しみな建築である。樹木も主立ったものを集めに掛かり、少しずつではあるが構想が纏まってきた。こういうときが最も楽しいときなのかも知れない。
以前、盛岡で建てた家の増築の契約が先ごろ整い、来春から工事に入る。
音楽室を別棟で建てて繋ぐというものだが、全体を俯瞰しても、よりいい形へと導くことが出来たようだ。少し変わった形だが、木造でできる可能性も考えてみたいと思って書いた。
そのほか、千葉での新たな計画や小田原の仕事など、構想を纏めねばならない仕事も重なってある。仕事に追われると、つい手持ちの造形で湖塗しがちだが、自分の内なるところを日頃から見つめていないと、新たな考えが出てこなくなってしまいそうで怖い。

来年もそれらの仕事をさせていただくが、まだまだ自分自身、発展途上である。
より自分を見つめ、少しでも信じるものを大きくするために邁進したいと思う。
本欄をご覧戴いた皆さまに感謝を申し上げ、来る歳もどうかご叱正を賜るよう、お願い申し上げる次第である。

  (前田)

この記事へのコメント

佐々木允
2015年01月04日 19:40
 伊勢神宮のおかげ横丁で先生設計の建物を拝見して以来ファンになり、HPやブログも何度も見返しています。自宅を建てる時はぜひお願いしたいと密かに思っているところです。
 多くの案件を抱え大変のご様子ですが、今後のご活躍を祈念しております。
前田
2015年01月05日 07:18
佐々木さま
明けましておめでとうございます。新年早々に心温まるメールを戴きましてありがとうございます。ご自宅の時は是非ご連絡ください。必ずご期待に応えられるよう頑張ります!本年もどうぞご笑覧賜りまして、遠慮なくご叱声を戴ければと思います。
どうぞ宜しくお願い申し上げます!

この記事へのトラックバック