千葉W別邸ー竣工3.

玄関、取次を経て、縁廊下に出る。
この縁廊下から和室入側にかけて下屋が雁行して連なり、その上に本体屋根が2段になって葺き巡っていく。
縁廊下正面が、外から見た丸窓となる。

画像

                 <縁廊下から庭を望む>

主屋の芝庭に面して、リビングダイニングを設けた。
空間を大きく、内部空間の充実を図るため、主屋の小屋には曲がりをもった丸太梁を縦横に組むことで、極力高さを確保している。
庭との融合が本計画の主眼であり、リビングは座した視点から庭がパノラマに広がるよう、立つ柱を出来るだけ少なくした。これを持たせるため、下屋の懐には構造用の桔木(はねぎ)を6尺ピッチで入れ、下屋筋に荷が掛かりにくいよう、本体に屋根を負担させている。

画像

                <リビングから主庭を望む>

ソファに座した視線が、自ずと庭に焦点を結ぶよう、天井は下屋に続く勾配天井とし、桜の板を流して張った。当初は他材を考えたのだが、思うような材と巡り会わず、ふと立ち寄った博多の材木商で見つけたこの桜を使うことにした。
初めて天井に使ったが、杢目が優しく、包み込むような柔らかさを感じさせてくれる。桜がこうした大材のままで使われることは少なく、狂いが多い木だけに、板で大きく見せる使い方は無理だといわれていた。
これは6分の厚曳きとして使ったのだが、通常の2.3分で曳いたら、すぐに竪反りを起こして使い物にならなかった。
その点、使い方の難しさが課題である。
またリビング背景の壁面は建具とし、格子に組んだものを入れた。3種類の太さの格子を両面に組んでもらったが、幅14尺あまりの大きさに、現場の納めでは苦労を掛けた。

画像

               <リビングからダイニングを見る>

ダイニングから中庭を見る。
ここから見る正面が花梨の木で、日本に入ってきた最古の樹だという。
樹齢400年を越える樹だけに、これを室内からどう見せるかも悩んだところで、特徴ある樹肌をクローズアップさせることで、存在を際立たせたいと思った。
雁行させながらも部屋を繋いだため、和室からでもその存在ははっきりとわかり、西庭のシンボルとして切り取ってみた。
ダイニングの天井は杉柾を市松に編んで張った。2.5寸の幅広を天井2分割で編み、現場で網代に繋いで張り上げている。市松の格子目には、和紙で裏打ちをした。

画像

                <ダイニングから中庭を見る>

夜は縁廊下との境に障子が立てられるよう、引き込みとしている。
天井の間接照明が和紙に拡散し、思ったより明るさが採れていた。
ソファやダイニングの家具も、いつもの村山組、村山千利の手に依った。材料選びから生地決めと短時間だったが、私の書くデザインの要点を理解してくれ、手際よく纏めてくれた。

画像

               <リビング、障子を閉めたところ>
(つづく)

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ooyama
2014年08月19日 14:43
御無沙汰しております。
こちら八戸でも、まだまだ残暑が厳しい日々ですが、関東ではこちら以上に厳しい毎日だと思います。如何お過ごしでしょうか。

何度観てもW邸は素晴らしいですね。改めて建築の美しさと先生の設計に感服致します。

また是非、八戸に御寄りの際は御教授下さい。
御会い出来るのを楽しみにしております。
前田
2014年08月20日 06:21
ooyamaさま
コメントありがとうございます。
おかげさまでいい建築が出来ました。自分で評を下すのは恐れ多いですが、完成度として満足しています。
またゆっくりとお話ししましょう。
次回は御社を御紹介するつもりです!

この記事へのトラックバック