おかげ横丁北口棟ー建て方ー

千葉のとある別邸の実施設計に掛かっている。
漸く全体の矩計りを決め、外観内観とも意匠が固まってきた。
日本の良き形を数寄屋に求め、流れる屋根の佇まいを核に纏めてみた。
これで施主の諒承を得られれば、本格的に作図に掛かる。

画像

                    <建て方開始>

おかげ横丁北口棟も、いよいよ建て方が始まった。
伊勢はここ数日穏やかで、天候にも助けられ順調に進んでいる。先週初めから土台を据え、柱から胴差と、順次組み上げている。
材料集めを除き、刻みだけでも5ヶ月が掛かり、さぞや棟梁も感慨一入だろうと尋ねると、堤さんも顔に似合わずはにかんでいた。
とはいえ、まだ片方の棟の途中で、200坪からなる建物ともなると、棟まで組上げるのに、優にあと2週間は掛かるだろう。
刻んだ材料を、倉庫におく期間が長かったせいもあって、収縮や歪みがどうしても出てしまう。大工もそれを見越して墨を打つのだが、なだめながら組んでいくのはひと苦労のようだ。

画像

                  <左棟道路より望む>

建て方は、工事の中で最も華やかな場面で、通りがかりの人たちも必ず立ち止まって眺めていく。現場の周辺に空地がないため、加工場から順次必要部材を運び込む。仕口継手も建てる順番に沿って作ってあり、棟梁の采配が光るときだ。
棟上げは大工の骨頂で、10mもの梁が掛かれば、黙っていても歓声があがる。若い大工が叩く掛矢(かけや)の音が高らかに響くと、見ているこちらも血が騒いでしまう。


画像

                   <階段吹抜周り>

立ち上がる姿を見るまでは、屋根の形は軒の高さはと、書いた責任が重くのしかかる。まだ一抹の不安は拭えない。
このまま天候に恵まれることを願うが、この13日が上棟式と決まった。
歳末までに、大屋根の野地まで仕舞いたいと、監督の小河さんも油断なく進捗を見守っていた。


  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

くろさか
2012年12月03日 10:20
おはようございます。
大きな材に、曲りを持つ梁もあり、パースを拝見した
時から楽しみにしておりました。
これだけの量の木材、仕口の一つ一つから感じる緊張感、私などにも大工の仕事も相当な技量である事が伺えます。またいつの日か、伊勢の地を訪れ、その姿を目の当たりにしたいものと思います。

こちらは気温も氷点下となり、季節は冬。
時節柄、お身体だけはご自愛下さいますよう、お願い申しあげます。
前田
2012年12月04日 05:45
くろさかさま
コメントありがとうございます。仰せのように微妙な高さを丸太の曲がりに委ね、縦横に組んでいく棟梁はたいしたものです。
これまでの集大成だと、技量を惜しみなく発揮してもらっています。どうぞまたお越しくださいね。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック