きざみ

ここ暫く籠もって書いた実施設計が、今朝おわった。
気力は充実しているつもりでも、年ごとに衰える体力の埋め合わせはできない。
先日作った老眼鏡を、掛けて書いた初めての図面だが、これぐらい裸眼で見えたのにと思いながら、机に向かっていた。

画像

            <作業場での棟梁らとの打ち合わせ>

おかげ横丁北口棟もきざみの真っ直中で、年末の上棟に向け、次第に熱が籠もってきた。梁の丸太も揃い、勢い小屋の墨付け、きざみに掛かりだした。
左右両棟それぞれ小屋の形態が異なり、それを繋ぐ階段周りの小屋がまた複雑なこともあって、大工も悪戦苦闘中といったところか。
3間半×4間半の無柱空間に、上下に重なる屋根仕舞が複雑に絡み合うところとあって、そう簡単には納まらない。それをダイナミックに、かつ整然とした美しさをもって組みたいと書いた梁組である。
梁の太さ、曲がり、素性を見ながら墨を打つのだが、何本もの丸太が交錯するため、梁の高さを決めるだけでも容易ではない。しかも水平に掛かる梁だけでないため、少しの違いが、離れた場所にまで影響を及ぼす。
棟梁の堤さんも頭を抱え、監督の小河さんもとても施工図には書ききれないと、今は慎重に確かめながら打つ墨を見守っている。

画像

                <伐りだした曲がり梁材>

材料も、ほぼ全数が集まり、曲がりある丸太梁も揃った。
丸太は杉材として、今回は栂と一緒に四国から入れてもらった。もちろん、予め伐ってある材でこのような曲がりはなく、図面片手に山に入り、頃合いを探して伐りだしてもらった。
こうしてみると、大した曲がりには見えないが、小屋にあげると思ったよりきつい曲がりになる。それでも矩計りで書いたように組めるかは微妙で、あとは大工の技量に委ねるしかない。
現場は、地下の堀方も終わり、ピット部分の配筋に移った。
地下水が出ないのを幸いに、工程も順調に進み、まずは安堵している。

これから書かねばならない実施設計も年末まで決まっており、休む暇はない。
その間隙を縫って纏める計画も数件あり、これも依って集中力の持続が鍵だ。
しかし、体質改善もママならず、何ごとも思ったように行かなくなった。
これも衰えのひとつだろうが、腰の痛みもまだ消えずにいる。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

三上
2012年09月17日 23:45
先生。腰の痛みがまだすっかりひけていず、加えて老眼とのこと。小生、老眼のせわになったのは55歳のときでした。老いを認めるのは癪でしたが、かければ文字がきれいに見えるのですから手放せなくなりました。健康診断で中性脂肪が高いといわれ、最近はそのへんを歩くようにしています。家を出て、少し歩いていくと、もう海です。三角形のアスパムが遠望できます。歩いていると、同じように帽子をかぶり首からタオルをぶら下げて歩く男性と会ったりします。きっと糖尿対策でしょう。私も糖尿です。還暦を過ぎて二年。歳ばかりは順調に重なっていきます。
前田
2012年09月18日 05:22
三上さん
ご無沙汰しております。ぎっくり腰をしてからというもの、途端に身体のことが身近になり、今まで放っておいたツケが回ってきた感じです。
腰がなかなか完治せず、先日変な姿勢でくしゃみをしてまた痛め、踏んだり蹴ったり。
青森の料亭も遅れ気味ですが進んでおり、是非また覗いてください。こちらでもまた紹介します。

この記事へのトラックバック