伊勢の仕事

いよいよ年も明け、今日から机に向かった。
昨日は自宅で毎年恒例の客をして、地元の友人や建築家らと過ごした。
かなりな酒量だったが、今朝は早々に起き出して仕事始めとした。
本年も戴いた仕事を通じ、誠意努めていく覚悟である。

画像

           <実施設計中 道路から外観全体を望む>

現在進行中の、伊勢の仕事を紹介する。
昨年の基本設計を経て、いま実施設計に取りかかっている建物である。
延べ200坪を超え、地下も備える。木造ながら上屋が500㎡を超えるため木造の構造計算も必要となり、しかも地下のRCと混構造と見なされることから適合判定審査が求められる。
複雑な形態から構造との調整に手間取ったが、漸く昨年末には構造へ送る図も渡せ、これから意匠図に取りかかろうとするところである。
中庭を囲んで2つのみせがひとつになるといった建物で、真中には大上段の趣に大階段を掛けている。階段吹抜の4間四方を、無柱空間として小屋を組んだ。

画像

                 <同上 階段周り>

また景観上、軒低く納めたことから、小屋の掛け方が存外複雑になった。
木集めから大工らとの打ち合わせなど、今から思いを馳せて鉛筆を握っている。
月内には図面を完了させたいと取り組んでいるが、構造計算との調整や設備の納めなどもあって予断を許さない。また法規上、規制に意匠がゆがめられる怖れもあって、これからが悩みどころである。
意匠図では、それらをかいくぐって望む形に納めねばならない。
晴れて工事に掛かる折りにも、改めて紹介しよう。

画像

                 <伊勢観光協会>

これは外宮前に建つ、伊勢市観光協会の建物である。
建物背景が外宮の森で、外宮入口にほど近い場所に位置する。建物の性格上、伊勢の伝統的な建築形態に則って構成した。
周辺は伊勢のおおまつりや初穂曳きなど、伊勢を代表するまつりが繰り広げられる場所であり、建物はその折りの会所的な役割も期待されている。
1階は板間が続く周囲に土間をまわし、へっついを構えるだいどころが取り付く。伊勢の観光を担う拠点として多くの人が集い、利用する施設であってもらいたい。
すでに工事に取りかかっており、月末には上棟を迎える。

このほか計画中の仕事もあって、本年も応接にいとまなく過ごすことだろう。
また各地での仕事も、その都度に報告したいと思っているが、果たして更新速度が追いつくかどうか。年頭にあたっての課題として取り組む所存である。
これからも屈託なく綴るつもりだが、どうか遠慮ないご叱声ご鞭撻を賜り、本年もご笑覧いただければ幸いである。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

@伊勢
2012年02月13日 23:39
はじめまして 伊勢に転居して6年、おかげ横丁おはらい町界隈の建物が大好きで通い詰めています。
設計した方のホームページにたまたま行き当たり、嬉しくてコメントしてしまいました。
 これからも美しい景色をたくさん生み出してください。いつ行っても癒され、感動しています。
 いまでは6歳の息子も和の建築、街並みが大好きです。
  
 実は伊勢で新築計画中ですが、なかなか庶民ではあのようなお家を建てることはできないので、せめて和室だけでも手仕事で建てて下さる業者さんを目下探索中です。
 本当に、考えれば考えるほど住宅建築は訳が分かりません・・・すみません愚痴っぽくなってしまいました。
前田
2012年02月15日 05:31
@伊勢さま
コメントありがとうございます。
そう仰っていただけますと、私らとしてもとても嬉しい限りです。木の建築は、日本が作ってきた所産で、まだまだ奥が深く、到達するところを知りません。
また近々建て始めると思いますので、どうぞ覗いてくださいませ。
またご自宅を計画中とか。
宜しければ相談にのらせてもらいますよ。どうも皆さん、私らのところは敷居が高いようですが、そんなことはありません。一生に一度の大事な買い物です。
どうかご遠慮なさらず、良い建築は一生のものです。
もし宜しければメールをください。HPに記載しておりますので。
なかなか更新が追いつかなくて申し訳ありませんが、今後とも覗いてやってくださいませ。ご連絡お待ちしています!

この記事へのトラックバック