第30回三重県建築賞

日が照ると蒸し暑さを感じるようになって参りました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
さてこのたび、第30回三重県建築賞に、おかげ横丁西玄関棟が入選しました。
17日が表彰式ですが、築1年の節目に朗報です。

画像

                  <西側よりの外観>

外観からは察しられないかも知れませんが、この建物の主たる用途は倉庫で、道路に面した小幅分を店にしています。店は「浪曲茶屋」と名付けられ、茶屋として訪れる人を迎えています。
完成時に、小欄で紹介した建物です。
矩折れに接する道路に面して店を設け、その裏、敷地の大部分を倉庫や配送機能が占めています。
また計画中に景観条例が施行され、地域の景観に寄与するとともに、高さが10mまでと制定されました。機能を求められる建築としては厳しい条件ですが、地域としては必要なものでしょう。
そこで、用途を満足させるために骨組みを鉄骨造としながらも、大空間を確保しつつ、地域の景観に配慮して纏めました。

ここは、内宮にほど近い国道沿いの立地で、おはらい町とは距離的に幾らも離れていないのですが、周辺に伊勢らしい佇まいは見あたりません。国道の拡幅時に原因があったのかも知れません。
そこで、景観で地域を主導しようと、用途にかかわらず果敢に挑戦してみました。
伊勢の伝統的な妻入りの外観、刻み囲いはもとより、各所さまざまに格子を散りばめることで、大きくなる建物の外観にリズムを与え、表情を和らげる工夫をしています。

画像

                   <南側外観>

また地域の建築にするため、実は店の部分は木造で作っています。
鉄骨に張りぼてでは、とても地域の建築にはならないと、無理を承知で混構造を採用しました。木造と鉄骨造の混合ですね。
案の定、申請にはとてつもなく時間が掛かり、検査機関には泣かされました。
それでも結果として、求められる機能と地域に相応しい建築のあり方が融合でき、ひとつの解が示せたかと、自負しています。

地域の建築に貢献する。
簡単なようで難しい課題ですが、用途いかんに関わらず、地域を見据えた建築の作り方もあるのかと、今回の計画に取り組んで、強く思いました。
こうした取り組みを評価戴き、私たちも嬉しく思っています。
さらに地域の建築に貢献できるよう、今後の励みにして参ります。


  (かりの)

建築主    有限会社 伊勢福     
設計監理   前田 伸治
         暮らし十職 一級建築士事務所
施 工     日本土建株式会社  担当 中瀬忠典

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

木の家ネットワーク 三上
2011年06月20日 22:12
三重県建築賞おめでとうございます。景観賞も受賞されたのことブログで知りました。重ねておめでとうございます。先生と八戸市の田向の現場でお会いできることを楽しみに致しております。
かりの
2011年06月21日 09:17
三上さん、ありがとうございます。
前田さんは相変わらずあちこちを飛び回っていますが、
第二の故郷となりつつある地でこのような賞をいただけてとても喜んでいました。
それと同時に責任も重なっていき、改めて気が引き締まる思いだとおっしゃっていました。
三上さんもゆっくり一献傾けたいと言っています。
前田さんが八戸に行くときには、はまたお声を掛けてあげてください。

この記事へのトラックバック