伊勢事務所とその界隈

梅雨の蒸し暑さも格別な候、体調など崩されておりませか。
仕事に追われる日々で、悪化する気候に一層苛立ちが募るようです。
さて今日は私たち、伊勢事務所とその界隈を紹介しましょう。

画像

                <河崎界隈の街並み>

伊勢の入口、伊勢市駅から歩くこと10分、河崎という町に事務所はあります。
河崎は勢田川に面して、かつては伊勢の台所として賑わいました。海路伊勢湾からこの勢田川を通って、物流が行われたのですね。
勢田川に面しては蔵が並び、舟から直接荷揚げできるように、建物も工夫されていました。特に室町から江戸時代にかけて河崎は発展し、現在でも町屋や蔵が、数多く残されています。
しかし昭和49年の七夕洪水で、河崎は大打撃を受けました。
川からの荷揚げを優先した結果、川と建物が一体だったことが被害を大きくしたのです。復興にあたっては議論百熱だったそうですが、結局勢田川は改修され、川に面して連なる89戸は立ち退き、現在の堤防が出来ました。
堤防ができたことで、かつての勢田川の景色は一変し、町は次第に活気を失ったようです。

画像

                  <事務所界隈>

しかし、街並みの美しさは今に残された財産と住民が立ち上がり、「伊勢河崎まちづくり衆」を発足、街並みの保存運動を始めました。今では、蔵や町屋を再生したお店も点在し、地図を片手の観光客も多く見受けられます。
伊勢事務所は、そんな街並みの一画にあります。
この建物も築百年ほどの町屋で、立派な栂(とが)材を使った建築です。伊勢特有の切り妻の外観に刻み囲いをまとい、おはらい町の建物とはちょっと違った重厚感があります。

画像

                 <我ら伊勢事務所>

かつてはお店だったのでしょう。通り土間の名残に天窓が大きく開けられていたり、彫り物を施した看板の腕木も残っていて、それに小さい事務所の看板を掛けています。間口が狭く奥行きが長い、町屋特有の造りで、隣家と軒を接していることから1階はさすがに日差しが入りません。なるほどこれが町屋かと、当初はこの薄暗さにカルチャーショックを覚えました。
2階には立派な床構えを持った座敷もあり、聞くところによると、伊勢では2階に立派な座敷を作って人をもてなしたようです。
事務所からは道を歩く観光客、午後になると帰宅する小学生、隣接する店に食材を搬入するお兄さん、毎日同じ時刻に散歩に通る老人などなど、ほのぼのした日常の気配に満ちあふれています。

画像

             <店の間の応接スペース、奥が仕事場>

仕事中の前田さんの前をちょっと失礼して(このあと「気が散る」と叱られましたが)、入口付近から見た事務所の様子です。
前田さんの後ろにある大きな机で、お施主さんと夢を形にすべく、毎回熱い打ち合わせが繰り広げられています。またその様子を、道行く人が時折さりげなく覗き込んでいきます。
伊勢河崎、歴史漂う街並みがあります。
近くに来られましたら、どうぞ事務所も覗いてみてください。


  (かりの)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2010年07月05日 09:54
お忙しい最中に、細々と心配りの行き届いた御案内を頂きまして、心より御礼申し上げます。
念願の伊勢行も短い時間の中でしたが、存分に堪能出来ました。まさに「おかげさま」でありました。重ねて御礼申し上げます。建築もそうですが、前田先生の伊勢の地の方々とのお付き合いを垣間見られた事もとても大きく、感動して帰って参りました。
また是非とも伺います。今度はゆっくりと建築の実測などしながら、また朝景や夕景の写真も撮りたいものです。御礼申し上げます。
前田
2010年07月05日 10:14
くろさかさん
過日はご苦労様でした。さぞやお疲れだったことでしょう。事務所のN君もくろさかさんと話が出来て良かったと言っておりました。今度は事務所にも遊びにいらして下さい。実はお泊まりいただいたホテルのすぐ傍で、ご案内を差し上げなかった方が悪いですね(笑)
また八戸に行った折りにもお会いできればと思います。
ありがとうございました!

この記事へのトラックバック