東京S邸竣工ー3

玄関から廊下を挟み、その奥が、客間兼用の家族室となる。
廊下は両親の住まいに通じ、家族互いが自由に使うことができる。
家族同士がふれあう季節の行事や食事会、それぞれの友人知人を集めた催しも可能だ。家の中のパブリックなスペースとなる。

画像

                  <家族室外観>

全体がL字型の平面に、この部分が庭にせり出した格好となる。
それによって、肝心な居住空間が暗くなっては本末転倒で、極力影が落ちないようにと、この屋根の形になった。
内部は大きく屋根裏を吹抜き、架構をそのままに現している。縦横に渡した赤松の丸太梁を八角に整え、高さが異なる主屋の胴差と組むことから、曲がりを求めて材料を探して貰った。今ではこうした曲がり木が手に入りにくい。造林の関係から、商品価値が見込まれない木は、早々に倒される。いい換えれば、直材の素直な木しか、商品にはならないのだ。
軽快に見せるため母屋を省き、垂木の寸法で持たせているが、猿頬に大きく面を取ることで軽快感を損ねずに纏めている。
庭に面した建具は9尺の引込み戸で、開け放てば庭と一体になる。
庭の隅には、兼ねてから桜の老木が立ち、グラウンドは芝生とタイルで覆った。
見るためというより、使うための庭と考えている。内外一体の空間として、自由な展開が演出できるだろう。

画像

                   <庭を見る>

内部は10畳の広さに、床と書院を並べて配している。
そのような使い方のため、格式張った座敷の構成は避けた。
書院の障子を開けるとご両親の玄関庭に通じ、南天や篠竹の緑が映る。床は框を置かずに台面とし、書院も重心低く落ち着かせた。
また、床柱にはえんじゅを、落とし掛けは桑、床脇壁留めには梨を使った。
この取り合わせは八戸地方に伝わる縁起もので、大山さんの提案による。
えんじゅ、くわ、なし。
「年中、苦はなし」にあやかるものという。

画像

                  <床正面を見る>

各窓に立つ障子の拡散光は、室内を柔らかな光で包む。
小屋裏特有の深い陰を嫌い、仄かな明かりで空間の大きさを掴まえたかった。
柔らかな陰影は表情を豊かに、剛胆と繊細さで空間を奏でたい。
そう思って、計画当初から迷わず書いたが、家族の成長を育むたくましさを、内心託したのかも知れない。

  (前田)

画像

                  <天井の構成>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

澄渡 晴
2010年04月13日 09:00
うわあ、相変わらず素敵な空間を創造なさるんですね。
直線で構成されているのに、
何か曲線的な柔和さを感じさせられました。
久々にこちらのブログを拝見出来、眼福です。
それにしても、前田様も、
前田様のブログにコメントをなさる方も、
みなさん作家になれそうなとても文章力のある方ばかりで、
画像だけでなく文章も興味深く拝読させて戴いています。
次の更新も楽しみにしております(礼)
前田
2010年04月13日 16:18
澄渡さん
コメントありがとうございます!
そう仰っていただけると汗を掻きますが、素敵な言葉をありがとうございました。
澄渡さんも新たなお師匠さんが見つかりそうで、何よりですね。ブログを拝見しましたが「受け入れる」とは、良い言葉です。私もその言葉に賛成です!
きっとそれが”縁”なんでしょう。
縁を知って縁に気付かず
縁を求めて縁を抛ち(なげうち)
縁に気付いて縁を活かす
確かこういう言葉だったと思いますが、私の好きな言葉です。自ら求める、というものより、気付く=受け入れる、ということが縁そのものなんでしょうか。そう思うんですね。
澄渡さんの展開も楽しみにしています!
澄渡 晴
2010年04月14日 12:01
前田さま

縁を知って縁に気付かず
縁を求めて縁を抛ち(なげうち)
縁に気付いて縁を活かす……。

大変含蓄深いお言葉を教えて下さり、
ありがとうございます。
仰るとおり、ご縁とは、
受け入れることなのかも知れません。
これを胸に留めて、
精進して参りたいと思います。

先のコメントでは触れなかったのですが、
柱などに使う木の取り合わせで
縁起を担ぐねらいが存在するなんて、
初めて知りました。
光の採り方も含め、
ここまでを加味する、心意気ある日本家屋は、
そうお目にかかれるものではございませんので、
ブログを通して拝見出来るのは
とても幸せなことだと思っております。

前田さまの建築を拝見しておりますと、
谷崎潤一郎の“陰翳礼賛”を思い出します。
(前田さまのご作品はもっと清々しい印象ですが)
一糸乱れぬ直線の端正さを、
仄かな明かりが暈してもたらす濃淡は、
やはり日本ならではの美しさだと感じました。

いつかご作品の実物を拝見しに
伊勢に行って参ります(笑)
素敵なお言葉をご紹介戴き、
つい再びコメントを投稿してしまいました。
どうもありがとうございました。

ではでは、失礼致しますm(_ _)m
前田
2010年04月15日 07:18
澄渡さん
どうもありがとうございます!
今後とも宜しくお願いいたします。
三上
2010年04月16日 19:16
先生。29日、八戸で!
前田
2010年04月18日 11:54
三上さんご無沙汰しております。
29日はお越しになられるようで、私も楽しみにしています。久しぶりの再会ですね。

この記事へのトラックバック