学会作品選集に選定

相変わらず事務所は、昼夜ともにバタバタした空気です。
昨日まで東京で引渡しと思ったら、明日は福岡へ。
山形で仕事が決まったり申告の時期とも重なったりで、目下戦争状態です。
改めてご機嫌伺います。

画像

                 <五十鈴茶屋俯瞰>
このたび、日本建築学会作品選集2010に、五十鈴茶屋が選定されました。親しい方には昨年末にお知らせしましたが、先日発表になりました。
学会員の作品発表の場として、多くの応募から選ばれたものです。
選考基準として、
1)計画、構造、環境、設備および材料・工法技術に関する設計の論理性
2)社会性、歴史性、文化性から見た地域環境への適合性
3)外部空間、内部空間の両面における造形
4)設計全般にわたってのオリジナリティ
5)地球環境保全に対する配慮、および建築物のライフサイクルに対する取り組み

上記の5項目に照らし合わせて、建築作品が選考されます。
選定数は100作品以内となっており、すぐれた作品に与えられるものです。

画像

                <五十鈴茶屋中庭夜景>

これを契機に、さらなる良い建築の創造のため、事務所一丸となって参ります。
今後ともお引き立てのほどをお願い申し上げます。

  (かりの)

作品選集選評より

五十鈴茶屋は、伊勢神宮(内宮)の鳥居前町であるおはらい町の入口にて、五十鈴川を正面に迎える敷地に建てられた現代のお休み処である。
おはらい町は伊勢市まちなみ保全条例に基づいて、その歴史的景観が再生されてきたが、伝統的建築物の設計に関して豊富な経験を持つ設計者は、まずこの景観との連続性に配慮している。
そして、精通している伝統的意匠を上手に引用しながら、新しい造形の創出にも取り組み、両者の全体的なバランスをとりながら、三重県産の木材を豊富に利用した、現代木造建築群として実現させている。
また、隣接する五十鈴川との連続性にも配慮し、開放的な中庭に段差を設けて徐々に地盤高を上げながら、利用者が五十鈴川の堤に自然にアクセスできるよう配慮している。
五十鈴茶屋は、平成25年に予定されている伊勢神宮の式年遷宮を前に、おはらい町の入口に生まれた新しいランドマークとなり、多くの参拝客に利用され賑わいを生んでいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2010年03月07日 13:56
作品選集選定、おめでとう御座います。
心よりお祝い申し上げます。また、先日はバタバタとしておりまして、ゆっくりとお話しもままなりませんで、失礼いたしました。次の機会には是非にと、思っております。五十鈴茶屋も木造建築としても質の高いものでありますが、建築そのものの在り方に学ぶ事が多いのにも感銘しております。今年こそは訪ねることが叶うのか、期待だけが膨らんでおります(笑)
先ずは先の御礼と共に、お祝い申し上げます。
かりの
2010年03月07日 20:39
こちらこそありがとうございます。
先日はS邸でお目に掛かり、ちょっとお痩せになられたようで少し心配しております。きっとお忙しいのでしょうね。お身体大事になさって下さい。
相変わらず忙しくしておりまして、今日も更新の後、すぐ飛んでいきました。また出張です。木造建築を作る機会に恵まれ、皆さんとお仕事が出来ますことが何よりの報酬と思っています。今後とも宜しくお願い申し上げます。
木の家に暮らす会ネットワーク、三上
2010年03月13日 18:40
かりの様。先日は東京現場でお会いでき、光栄でございました。前田先生、相変わらず出張続きでお忙しいご様子、にもかかわらずお葉書をくださる細かなお気遣いは先生の手がける木の建築にそのまま味わいとなっているように思います。月末には盛岡で構造見学会がある予定だと黒坂先生(小生の写真の厳しい先生です)よりメールを頂戴しております。業界新聞社を定年したこれからこそ、木の建築を存分に取材させていただきます。
かりの
2010年03月14日 08:45
こちらこそ、先日は三上さんに初めてお会いでき、とても嬉しかったです。再三、三上さんのお噂は前田さんから聴いていて、楽しみにしておりました。三上さんはお噂どおり、ヴァイタリティに溢れた建築に熱い方でした。
前田さんはまたまた出張ですが、昔から人様からいただいたお手紙等をとても大事にされる方で、どんなに遅くに戻っても届いている手紙の返信をまず済ませます。
人と建築の繋がりがとても大切なことであるということを常に思っているからできることなのでしょうね。
三上さんの木の建築取材、常に楽しみにしております。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

この記事へのトラックバック