八戸大工の仕事

東京S邸もいよいよ完成に向けて大詰めとなった。
大工仕事もほぼ終わり、最終工程へと一層の拍車が掛かる。
次第に全貌が現れ、我ながらひと段落つけたようだ。

画像

                    <S邸外観>

この仕事、実は東京の職人のものではない。
「木の家T邸」を施工した、八戸の大山さんが請けてくれたものだ。
東京に引き受け手がなかったのが正直なところなのだが、これが現状なのかも知れない。

実施設計ができると、現場説明といって、見積もりを取ろうとする業者を呼ぶ。ここで発注しようとする建築の説明を行い、設計図書を渡す。見積もりには敷地の状況や周辺の環境、また工期や支払い条件など、環境条件や建主の要求を加味して算出しなければならない。
施工には当初、Sさん友人の経営する工務店でと希望を聞いていた。
もちろん私に異存はない。
しかし図面が進むに連れ、これだけの木を使った家が、果たしてこの東京に造れるのだろうか、Sさん父子にも一抹の不安があったようだ。
「2社はこちらで、1社は先生の方で心当たりを挙げてくれますか」
現場説明にあたり、実施設計納品の時にそういわれた。
中部地方なら複数挙げられても、関東でこれだけの木造の請け手が思いつかない。咄嗟に浮かんだのが、大山さんの顔だった。

Sさんの前で、3社に現場説明を知らせる電話を掛け、翌日来駕を仰いで見積もりを依頼した。大山さんも遠路、八戸から駆けつけてくれた。
それから半月あまり、結果が出ると、東京2社は見事なダブルスコアーだった。
「とてもこれだけのものは出来ない」
他の項目こそ大きな開きはないものの、木工事に関しては材料から大工手間に至るまで、とても私らでは考えられない値段が入っていた。
裏を返せば、それだけこういう仕事が無くなってきているということだろう。
うち1社は、大工を捜すだけでも無理だ、といってきた。

画像

                  <家族室の梁組>

斯くして大山さんに依頼したのだが、果たして地元と同じスタンスで乗り込んでくれた。中里政義棟梁以下、常に10人前後の大工を投入し、9月の建て方に始まって6ヶ月もの間、熱心に形にしてくれた。同じく左官や板金なども八戸から出張ってくれ、現場監督の大山 聡、月館 要、両氏の健闘も大きかった。
帰る気持ちを抑え、ひとつひとつの仕事に打ち込む彼らに、職人の誇りをみる。
遠方の仕事は、多大な神経を使う。まして工事となれば、細かな材料から人工の手配、宿舎の世話からそれぞれの健康管理など、さぞ労力を使ったことだろう。

大山重則社長率いる大山建工は、材料と大工の両方が兼ね備わっていることが、何よりの大きな強みだ。
思う材料と、思うように作れる職人たちがひしめいている。
遠路厭わず、この仕事を請けた心意気は、大山さんの生き方にも通じている。
この大きな宝ものをひっさげて、日本国中を席巻して欲しい。
いま貴重となった木の家を、大きく強く伝えて貰いたい。
八戸大工の仕事を見るにつけ、心からそう思っている。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

くろさか
2010年02月19日 09:59
多大なるお褒めの言葉に恐縮しております。
ご紹介頂きましてありがとう御座います。

4年前、青森県発注の工事で萱葺屋根の古民家の移転新築を請け負い、特殊な建築と言う事もあり、私が現場代理人を務めました。公共工事ですから、現場が終わった後の毎日書類の山。ある日、明朝朝一番の新幹線に乗らなければならいのに徹夜でも終われない書類提出依頼。何も言わず黙って書類の応援をしてくれたのが、大山聡と月舘要の二人です。その二人も同じ新幹線で出発にも関わらず、深夜2:30まで。。。そんな二人です。
前田
2010年02月25日 01:05
くろさか様
こんばんは。昨夕S邸の現場から戻りました。
いま、外構を含めて最後の追い込みでして、現場も活況を呈しております。
昨日今日と庭を仕上げまして引き上げてきました。遠方の仕事でさぞや大変だったかと想像しています。仕事の段取りをする棟梁と、裏で細々した手配をする監督と、両輪がかみ合って初めて現場が機能しますからね。
特に監督が求められる見えない仕事は、今回も有効に働いてくれたと感じています。
職人さんともども、仕事ぶりに厚く御礼申し上げます。
本日完了検査も無事終了し、晴れて引き渡しに向けて仕上げに余念なく進めて参ります。
また現場でお会いしましょう。

この記事へのトラックバック