「木の家T邸」最優秀賞受賞

私どもで設計した「木の家T邸」が、このたび賞を頂きました。
第2回あおもり産木造住宅コンテストにおいて最優秀賞の受賞です。
施工にあたった大山建工は2年連続の受賞で、携わった方みなまさにも大きな励みになったのではと思います。

画像

                    <T邸外観>

この賞は、青森県産の木材を使った良質の住宅を顕彰する目的で作られたもので、まだ日が浅いものの、今回は力作揃いの応募だったようです。
青森県主催によるもので、栄誉ある知事表彰を受けることになりました。
審査の段階では、一般を対象にした応募パネルの公開展示や、インターネットを通じた作品紹介など、木材の需要喚起と共に、木の家のもつ魅力を多くの人に伝え、かつ審査の透明性を担保した上で行われたようです。
豊富な木材を有する県が、住宅のあり方を問う、示唆に富む試みだと思います。
コメンテーターとしておなじみの大山建工の黒坂さんが応募パネルの制作を、主旨を前田さんが書いていました。建主のTさんも、大変喜んでくれたようです。
まずは私どもの責務も果たせたようです。

木の家も、木を使う使い方が問題で、家中に木を張りめぐらせた枡の底で暮らすような家も、木の家として取り上げられる昨今です。しかしそれだけでは、木を使うという自己満足から抜け出せないと思うのです。
根底に確固たる建築があってこそ、木の家は大きく魅力あるものになる。
私どもはそう信じています。
今後とも良い木の家を作るため、努力して参ります。

  (かりの)

画像

                     <T邸内部>


<応募コンセプト>

八戸郊外に建つ、20代の家族が住む住宅である。
「木をふんだんに使った家を」と依頼された。敷地周辺はまだ閑散としているため道路側を閉じ、内部に開くことで豊かな空間を確保したいと狙った。
2段に葺き下ろされた屋根と、格子のアクセントで外観を整え、玄関の土間を通じて庭と連続することで、外部と一体の多彩な使い方を可能としている。
リビングが家の中心に位置し、家族団らんの場となる。
吹抜を支える梁には南部産の赤松、百年ものを丸太なりに意匠を整えて掛け渡している。ひと削りの手を掛けることで、自然の木がぐっと身近になる。
土台には水掛かりに強い栗を、柱には目が詰まった80年ものの杉を用いた。胴差しには和室周りを杉に、リビングには赤松を用い、木肌が与える室内への効果も考慮して材料を配っている。
床板には栗、杉、赤松と各部屋の用途や雰囲気に従って選定した。
端材も捨てることなく短材に加工し、長物と張り混ぜることで違和感なく仕上げている。資源の有効活用は、これからの時代において最優先される課題である。
屋根にはソーラーシステムを設置し、内部は機密性を高めた断熱を施すことで、エネルギーの省力化も図っている。
一見単純な形ながらも内部の架構は複雑で、大工の知識と経験に裏付けられた我が国伝統の木組みを規範として、現代の住まいの創造を図った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

くろさか
2010年02月01日 18:43
ありがとう御座います!コメンテーターです(笑)
賞の受賞も勿論嬉しいのですが、何より「木の建築」の県内での大きな指標になった作品であると、強く感じております。県庁の関係者とも、頻繁に話しをしますが、建築に疎い人間でも、感動してしまう。という事を話しておられる方もいらっしゃいました。
嬉しいですよね、こういうお言葉を頂くと。
中里棟梁を前田先生に奪われ放しなので、こちらが大変なのですが(笑)そういう職人があってこその建築である事の証ですので、真摯に受け止めております。
改めまして御礼申し上げます。
かりの
2010年02月01日 20:09
黒坂さん、ありがとうございます。
そんなことを仰っておられる人がいると聞くだけで、嬉しいですね。黒坂さんは設計の専門家ですから、一層色んなことに目が行き届くのでしょう。
前田さんも今日は東京S邸の現場で最後の追い込みの打ち合わせです。明日から伊勢と相変わらず飛び歩いています。
黒坂さんもお忙しいご様子、遠方のお仕事も重なっているとか聞いておりますが、くれぐれもお身体にはお気をつけて下さいませ。
今後とも、コメンテーターとして(笑)宜しくお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック