T邸竣工ー5.(まとめに)

竣工したのが今年の6月で、すでに4ヶ月が過ぎた。
施主のTさんには好評のようで、まずは胸をなで下ろしている。
完成間際に開いた見学会には多くの人が来宅し、取材に訪れた複数の地元紙でも大きく取り上げられるなど、木の建築を見直すきっかけにはなったようだ。

画像

                    <夕景外観>

4回にわたって紹介したが、私室についてはプライベートにも関わるので省く。
工務店の多大な努力によって、値以上の価値になったことは間違いない。この後は、Tさん家族がどのような歴史を刻んで行かれるのかを、楽しみにしている。
どの家でもそうだが、作る過程の中に家を成す根幹が詰まっていて、それを施主や作り手と共有することで、家として育っていくと感じている。胎内で栄養を吸収する、誕生前の大切なときに似た思いとでもいおうか。
特に家は、そこで住まう人の生活を大きく左右する。
極端にいえば、その人の人間性をも決め込んでしまうほどの重大さを持っている。家族の団らんをどう考えるのか、家族と食事をどう摂るのか、もっと端的にいえば、一本の建具を開きにするのか、引き戸にするのかによっても随分と異なる。
生活は日常だからこそ、何気ない積み重ねが与える影響が大きいのだ。
恐らくそこで育まれる情緒には、後々に決定的な開きが生じるに違いない。
衣食足った今日だからこそ、真の意味で豊かな生活を獲得するためにも、住まいの問題をもっと深く考える必要があると思う。

画像

                     <吹抜より>

木の家は手入れが大変でしょう、とよくいわれる。
まずはその通りだと答えている。
ただ、手入れをしないからといってすぐに壊れるという意味ではなく、手を掛ければ掛けた分だけ返してくれるのが木なのである。
磨き込んだ床板の肌触りや、材種ごとに違った表情を見せる木目の美しさなど、私たちの暮らしに木は密接に関わってきた。子供の頃、嫌々ながら手伝った拭き掃除も、それが次第に脂分を吸収し、木の素地から桜色へ、それが飴色へと変化していったあの過程は、誰しも興味を覚えたはずである。子供心にも両親が語っていた、檜だ杉だ、欅だ松だといった材種も、自然とボキャブラリーの中に取り込まれ、知らずうちに木を身近に感じていた。
また一度根を絶たれた木を、建築として再び命を吹き込む大工仕事は、まさに木を慈しむことから始まり、自然に対する畏怖と感謝の気持ちを根底に、我々の暮らしを支えてきた。
木を使った家に住むということの中には、このような多くのものが詰まっているように思う。特に子供だったら、その人間形成に与える影響は計り知れないものがあるだろう。

画像

                 <和室より中庭を見る>

しかし、生活に密接に関わってきたはずの家が、いまは身近に感じられない。
どこか他人行儀に感じるのは、私だけではないだろう。
エアコンとかサッシとか、設備的な快適さや手間の掛かるメンテナンスを省いてきた結果、もしかしたら大事な家の本質を見失ってきたのかも知れない。
その失ったものを、もう一度しっかりと捕まえてみたい。
現代に必要な利便性や快適性、そうしたものを受け入れながら、現代の木の家を作ることも可能だと思っている。それは何も、純粋な日本建築だけが受け継ぐべきではないはずだ。
真に豊かな生活を得るためにも、木と身近に接するのはひとつの確実な方法だと思う。

  (前田)

設計監理  前田 伸治
        暮らし十職 一級建築士事務所
施 工    株式会社  大山建工
写真協力  大山建工設計部  黒坂秀紀

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2009年10月11日 09:47
ご紹介頂きまして、有難う御座います!
御礼申し上げます。
いま一つの記録的な写真でしたが、お役に立てて嬉しく感じております。
「家」を取りまく環境も、目まぐるしく変わる昨今にあって、家を作る時代から、商品を買う如くの時代になり、工業製品の様相を呈しております事、肌身に感じております。それらからは絶対に得られない、木の家にしかないもの、惹かれるものの方が遥かに大きいです。
身近にありたい、作り手としてまさにそう思います。
かりの
2009年10月12日 20:54
木を使うということの中に含まれている部分が、如何に大きいのかを感じています。こういわれると本当に生き物で、そのぬくもりは何といっても生きている証なんでしょうね。
夜中に「びしっ」と音を立てて割れる音や、雨が降ると建具が硬くなったり、家そのものが季節の変化に対応しているのがわかります。今度東京でも始まりましたので、また紹介していきます。
木の家は良いですね!
建通三上
2009年10月15日 14:53
木の家、なにか新しい家のような気がしています。それだけクロスと合板と集成材に囲まれた家に慣れていたのですね。無垢材の木目の美しさ、やわらかさ、あたたかさ、どんどん惹かれてついに和室の床をスギ板に張り替えました。
かりの
2009年10月15日 17:43
早速三上さん、ありがとうございます!
張り替えたんですか?凄いですね!
木は本当に美しいものだと思いますし、何より生き物という感じが強いです。私の家は紺屋の白袴なのですが、フローリングの冷たさは痛いほど(本当に痛い、寝ころぶと)わかります(笑)
それでも、大工さんが建てた家ですので、やはり暖かい感じがします。

この記事へのトラックバック