森別邸竣工ー5.

玄関の格子戸を開けて建物に入る。
土間に続いて式台を設け、一間幅の取次を経て次の間に至る。
次の間向こうの障子を開ければ視線は突き抜け、続く茶室の屋根に空間の奥行きを望む。

画像

            <玄関から次の間を経て茶庭を望む>

迎賓施設の主屋は数寄屋調で纏められ、茶室と共に穏やかな一境を作る。
材料は主として山形の金山杉を中心に、加藤棟梁の見立てに委ねた。
大工は加藤棟梁の右腕、佐藤一翁の腕によった。佐藤さんとはこの現場が初めての出会いだが、図面の理解力と仕事の速さは天下一品で、一を聞いて十の仕事をする洞察力を持っている。細かな納めや材料の使い方にも目が行き届き、何よりその眼力は鋭い。時には私が舌を巻くほどの納まりも見せてくれた。
同じく加藤棟梁の下、宮大工の若い職人が手伝いに来ていたが、数寄屋仕事にも学ぶべきこと多という。実際に手を動かすことで伝わる何かがある。
佐藤さんの厳しい目は若い衆にも伝染し、みな目を輝かせのめり込んでいった。

画像

             <入側から濡縁~広間南庭を望む>

式台から取次を右に曲がると入側に至り、客を広間へと導く。
入側には南庭に向かって大きく濡縁が張り出され、月見の宴など別業ならではの行事に使えるよう広々と拵えている。屋根はいち段落とした下屋として、杉小丸太の垂木に、裏板に杉ノネを羽重ねで張る。
広がる南庭は、周囲を杉皮塀で囲った品格漂う佇まいに、濡縁を囲むように白砂が広がる。格式張った樹を入れずに穏やかな構成を心掛け、手前に枝を伸ばした紅葉を中心に纏めている。

広間は8畳に床脇1畳を入れた9畳敷、床回りには書院窓を多用し華やかな感じに仕上げた。一間床に並んで床脇に付書院を設え、床柱には松を立てた。
床框には栗の掻き合わせを取り合わせ、入側境には平書院の小窓を開ける。床脇の付書院には杉柾の板欄間を入れ、掛込みとして天井を落としたことで、床全体に奥行きが生まれたようだ。
畳を敷き詰めた入側は、障子の開閉次第で座の伸縮が可能となる。

画像

                     <広間>

広間北側には茶庭が広がり、茶室との間を濃密な空間に仕立てている。ひとたび障子を開け放てば室内に緑が充満し、内外一体の日本の空間に包まれる。
写真では判別しにくいが、座敷欄間には截金(きりがね)細工を施した板を入れ、軽快な中にも彩りと格式を取り合わせ、座敷を引き立たせている。截金は日本を代表する繊細な技術で、そのたおやかな姿は他の追随を許さぬほど美しい。
詳細は後日に譲って、改めて紹介したい。
床を正面に連なる庭に左右を挟まれ、座敷はまさに庭園に浮遊する。

画像

              <座敷から茶庭を通し茶室を望む>

このほかにも各室が連なるが、私室の趣もあってここでは割愛する。
大規模な施設ゆえ紙面だけでの紹介は困難で、庭についてもまだ見所はたくさんある。施主の森先生と、携わった年月に心から感謝している。
このような日本を意識した造形は、如何に自然の姿を範としているかに改めて気付かされる。日本の持つ自然観や、四季を彩る豊かな情景がどれだけ繊細な心情を育んできたのか、日本人ならではの捉え方がある。
脈々と伝わるそういった心持ちからも、現代が学ぶべき点は多い。
反面、こうした造形を生む作業は作り手の内面が暴かれ、常住の人間性が垣間見られてしまう。
そこに日本の深遠さ、不断の根本原理をひしと感じる。
表層を剥ぎ取った後に残る内面の厳しさがなければ、日本を形にはできない。

 (前田)

建築、庭園設計監理
       前田 伸治
       暮らし十職 一級建築士事務所
建 築   株式会社 加藤工匠   加藤 吉男棟梁
庭 園   福清緑化          加藤 孝志
家 具   ヤマコー株式会社     村山 千利
截 金   左座 朋子





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2009年08月31日 19:06
工事の仕上げの時に、見学させて頂けた事、この場を借りまして、心より御礼申しあげます。
苑路を幾度も巡りながら、視線の先を探り、自然な視点あるいは、腰をかがめて木々を透かしみたり。。。
建築もまた、そこに溶け込み、異質なライフラインを成す設備類も植栽で上手くカバーされ、大きな空間でありながらも、微細に造り込まれたそこは、上質な空間でありました。ここに携わられた全ての方のエネルギーが結実された仕事。只々圧倒されました事、お伝えいたします。仕事も、そして人の輪も、本当に見事であります。
前田
2009年08月31日 20:57
いつもありがとうございます。
大きなプロジェクトでありましたが、携わる方々に恵まれこのような形に結実できました。ひとえに日本の誇る職人の質が圧倒的にまだ高いと言うことだと思います。この質をいい形で活かすのが我々線を引く人間だと自覚し、一本の線に神経を傾注していきたいと考えています。
もどきが多くなっている社会ですが、本物を見据える目は厳しく持ちたいものと思います。今後とも叱咤激励のほど、よろしくお願い申し上げます。
しょうたく
2009年09月27日 21:24
遅ればせながら、竣工おめでとう御座います。
構想から竣工まで何度も読み返しています。
事細かに構想から施工、竣工までの解説勉強になります。
写真・文面だけでは計り知れない物があると思いますが。
この記事からできる限り学び考えてみます。
忙しい中、掲載していただき大変感謝しています。
前田
2009年09月28日 04:50
ご無沙汰しております。
先般ブログも覗かせていただきながら、コメントも残さずに失礼しました。
お元気にご活躍の由、心よりお慶び申し上げます。
また、心暖まるコメントをありがとうございます。そう仰っていただけると作ったものとしては嬉しいですね。また機会を見つけてお会いできますことを楽しみにしております。
厚く御礼申し上げます。

この記事へのトラックバック