浜千代館 ロビー

木造旅館が建ち並ぶ二見にあって、浜千代館のエントランスは近代的だった。
タイルを張った土間に長い上がり框、紅い絨毯にソファーを置いたロビーが続く。
海に面して展開する大きいエントランスは、さながらホテルの印象を与えていた。

画像

                  <改修前のロビー>

ただ現状にも問題があり、団体旅行のように一度に多勢には大きさが効果を発揮するが、個人客には漠然として持て余してしまう。また外からひと目で望見できるロビーの開放感は反面で奥行き感が欠落し、均質に連なる土間とロビーは演出の場を奪っていた。
今後、個人客が主体であろう旅館にとって、このエントランスのあり方が、改修の行方を決める重要な要素になるだろうと咄嗟に思った。

画像


近年、二見の町を挙げて開く雛祭りイベントには、各旅館のエントランスが解放され、浜千代館でも飾り付けられた雛人形が公開される。その頃ともなると、大勢のそぞろ歩きがよみがえり、町中に活気がみなぎってきた。また女将が開く月に一度のジャズライブは、積極的にロビーを地域に開くことで、新たなコミュニティーを育んできた。
それらがきっと館の自信に繋がってるのだろう、宿泊客にとどまらず、地域に開かれた空間でありたいと、当初から聞かされていた。

画像


それらのソフトを採り入れつつ、時代に即した空間に構築するのが今改修の主眼である。
そこで、空間の抑制を図りながら屈折させた動線で奥行きを演出し、道路との高低差をアプローチの長さで解消する。アイストップとなるコーナーには、場面の変化を際だたせることで期待感を高揚し、屈折しながら水平に流れる空間を、歩く視線が追いかける。式台の先にはロビーを介して二見浦の景色が広がり、訪れる人を一気に海辺へと引き込んでいく。
以前から使われなかった部屋を取り入れてロビーを拡張し、海辺の空間は訪れる人の居間となることを願った。
さらに、和風旅館の数寄屋趣味に迎合することなく、敢えて力強い意匠を根底に据え、長い歳月に耐えうる造形を心掛けた。家具は随分と紆余曲折を経たが、最終女将さん自らが選んだものである。
所々に設けた室礼の場は、きっと4代続く旅館の矜持を訪れる人に訴えるだろう。

画像


すでに全館を通した改修コンセプトを提出している。
互いの疎通を図るためだが、全体の青写真を根底におく改修を望んだ。
小さい旅館ならではの暖かさを伝える空間を、ホテルでなく旅館にこだわりたい、これも当初伺った浜千代さんの言葉である。
おそらく、これからも改修が続くだろう。
このエントランスが、今後を大きく方向付けていくことは間違いない。

  (前田)

画像


設計・監理    前田 伸治
           暮らし十職 一級建築士事務所
施 工       小切間建設工業株式会社

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

くろさか
2009年05月26日 13:09
少し自分の仕事に集中しておりました。
こうやって以前の姿を見せて頂くと、改修された様子が良く分かりますね。いつもの、と言うと失礼になりますが、視線の先を意識された設計がヒシヒシと伝わります。歩くほどに高まる期待感、とても参考になります。
自分でやろうと思っても今一つ抑制を感じないものが多く、茫洋とした感に陥っておりましたが、良いものを見せて頂きました。少し気分転換です(笑)
かりの
2009年05月27日 13:56
計画案から見ていますので、何となく完成の姿は察しられるものの、こうして写真を眺めていると嘘のような変わり様に驚かされます。それというのも、以前の空間自体が大きく自由が利いたからこそこのような改修が出来たのだと思います。新たな命を宿して再出発、建築がこのようなサイクルで次の時代に引き継がれる姿は、見ていて嬉しくなります。海沿いのロケーションはとても綺麗で、抑制されたエントランスからパッと広がる海への視線は、この地の利ならではだと思います。

この記事へのトラックバック