T邸計画について

若い家族が住むT邸だが、改めて計画について紹介しよう。
建築主はまだ20代後半、それでも木の建築を望まれた。
以前、当地で建てた私の住宅を見て気に入ってくれたらしい。
建築に当たって父上からは、手頃な値段でということを強く念押しされた。

画像

                     <T邸外観>

敷地は新興住宅地内にあり、周辺の開発がようやく緒についた開発区域にある。
南に面した土地は充分な広さを持ち、周辺からも特に制約を受けることはない。
高低差もない平坦な地盤で、地耐力などにも問題はなかった。
これだけの好立地、プランもさぞ簡単にと思いきや、なかなか決まらなかった。当初から予算が課題で、実は坪60万で、という命題が与えられていた。
この恵まれた環境を活かそうと悩むと、無意識のうちに大きく難しくなってしまう。練っては壊しを幾度繰り返しただろうか。最後に決着を見たのが、このプランだった。

画像


コンパクトに纏めることを心掛け、なるべく凹凸ない形をと、厳しい予算と空間との折り合いを図った。それでも木の建築としてどこまで出来るのか、格闘はまだ始まったばかりである。
周辺が定まっていない今の時期に、前面道路に正面を向けるにはためらいがあった。まばらな周辺環境ということもあったが、閑散とした周囲から守らねばという意識が、計画する根底に強く作用したように思う。
前面を閉じた構えとしながらも、堂々としたアプローチを設けて透けを作り、場所がら4台が停められるようにという条件から、道路側に駐車スペースをとる。
植込みで囲んだアプローチは、周辺環境から住空間を切り取る役を担い、雁行し屈折しながら辿り着く玄関を開けると、その延長に芝生の主庭が拡がるといった展開が待つ。合目的的な視覚の変化による楽しさは、空間に広がりや豊かさを生むと期待してのことである。
また周辺を断ち切ることで、プライベートな外部空間としての庭が確保でき、玄関から土足のまま繋がることで、外来者を不自由なくこの庭に案内できるメリットが生じる。
まさにここは、外部の居間となるわけだ。
外を内なる空間と結びつけたい、若い家族同士の交流や、子供たちとの触れ合いに、こうした場所を大いに活用し、生活を楽しんでもらいたい。家は活用するためのもので、結して飾りものではない。腫れものに触るような住まい方では息が詰まる。積極的な使い方こそ、暮らしの楽しさを育くむ第1歩である。
玄関前の戸外は伸ばした屋根が深く掛けられており、より濃密な半内部空間として、アウトドアリビングの性格を担保してくれるだろう。
内部はワンルームのリビングを中心に、ダイニング、キッチンへと繋がる。
リビング上部は大きな吹抜として上階と繋がり、濡縁上の窓からは朝日が燦々と注ぐ。射す光は刻々と移り変わり、リビングにさまざまな表情を与える。
和室は独立性を持たせた8畳敷、前面には広い濡縁を跳出し、植込みに繋がる。

画像

                <T邸リビング周りを望む>

変哲ない四角なプランだが、屈折した動線とわずかな配置のズレが、思わぬ景色や陽差しを取込む役を果たし、ともすると単調になりがちな空間に少々の味付けを施している。また柔軟に使えるよう、パブリックな領域は仕切を設けずに繋げている。
コンパクトな空間をより広く、豊かにと、積極的に外部との交わりを求め、各所に設けた視覚的な抜けや、抑制から開放への突如とした変化など、全体に静動強弱を付けて纏めている。
コンパクトな中にも、空間の展開は無限にある。
工事はこれからで、まだまだ予断を許さない。
完成後、改めて各所を紹介したい。

  (前田)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

くろさか
2009年03月29日 10:13
外構の不意の変更もありましたが、皆異口同音に歩道からのアプローチと玄関、アウトドアリビング、ホールを抜け大空間(と感じるリビング)、決して内部空間だけでは成し得ない、この家に期待を寄せております。外構もおっしゃるように自然のもので構成されていくものですから、造形として纏まるか心配であるのも事実です。どうしても個の存在それを際立たせ、全体のなじみを蔑ろにしてしまいますが、厳しくあたろうと思っております。また叱咤の程を。
かりの
2009年04月03日 05:51
まだ私は現場をみておりませんのでよくわかりませんが、楽しみですね。Tさんもまだお若いのに、よくこういう建築を選択されたものと思います。(シャレたメーカー系の建物に流れなかったんですね)
パースでみる大きな梁や、正面の格子の奥に伺える気配とか、みるところが多そうで楽しみにしています。現場に連れてってもらえるのかな?
黒坂さんからも後押し願います!

この記事へのトラックバック