茶の湯の露地 2.

亭主の迎付を受け、客は順次、内露地へと進む。
飛石はやがて小さく、打たれた石を追いながら、足の運びに集中する。
期待に背を押され、歩を進める中に次第に神経が研ぎ澄まされていく。
露地は、浮世から清廉な世界へと導く、脱俗のシェルターとなる。

画像


そのように露地には、歩く中に人を浄化させるほどの気概が求められる。
茶の湯が標榜する世界が、この情景からも伺えよう。
しかし、歩く人の精神を整えさせる飛石など、そう簡単には打てようもない。
露地を作るとは、かように難しい。

幾多の中から使える石を選別し、大小さまざまな石を揃える。
自然に見えるよう同じ石が並ぶ単調を避け、石の表情も見定める。また用である、天端に水が溜まらない、足が滑りにくい、草履ひとつがどう乗るのか、これらも石を選ぶ大きな基準となる。
さらに露地の道行きを決めるには、茶室の見え方や腰掛けとの関係、中門、蹲踞の配置や、働きである水屋との動線など、重なり合う関係性を整理し、慎重に見えない線を描いていく。
用と景色、両方の視点から伝いは決められていく。

飛石を打つには、「膝を縛って歩いて見よ」、と教えられた。
着物着た人の歩きや、年取った人の動きを元にせよ、ということだろう。
なるほど洋服靴履きの大きな歩幅では、とても神経など集中させられまい。
衣食住ならぬ、全ての総合体に茶の湯がある所以である。
伝いの中にふと現れる大石には安心を、小石が続く渡りには緊張も覚えよう。
打つ石と組み方で、与える印象はくだんの如く異なる。
慎重に足の運びを模索し、幾度も歩いては差し替え、向きを調整し、石の相羽を揃え、全体の調子を整えていく。自分の気持ちと向き合い、内なる感情に耳を澄ませながら、ひとつずつ石を打つ。
このように歩一歩と緩急取り混ぜて、茶室への流れが整えられる。

画像


それは、まさに石を打ちながら、客の心理を誘導していくことかも知れない。
距離は短いが、その意図するところは深い。
先人の足跡を学び、迷いと戦いながら、自らを鞭打ち作庭にあたる。
困難の連続でもある。

  (前田)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2009年03月09日 19:03
茶庭の造る過程など、そうそう見せてくれるものでないので、とても興味深く読ませて頂いております。神経の行き届いた仕事の先に生まれるリズムを石の並びから感じます。この外と内の世界の一体があっての茶事空間も、本当に心惹かれ、また奥深さに躊躇いも憶えます。
一様に見えるものも、二つと同じものはない。そういった感性と伝統と技術を感じて欲しいと、木造建築に触れるたびに思います。
かりの
2009年03月13日 07:42
間近で聴く庭造りも、結構大変な仕事だと実感します。構想の取りまとめもそうですが、ブロックごとに異なる庭のあり方を、樹木を使って表情を研究し、場面場面をつくっていくなんて、映画を作るのと同じじゃないのかな、と思ってみています。
本当はもっと厳しい作庭でのエピソードなどもあるんでしょうが、まだ途中段階なので、前田さんは遠慮しているんでしょうね。
これからもご覧下さい。

この記事へのトラックバック