地下おかげ参道

五十鈴茶屋裏の市営駐車場は、正月最中もあっていっぱいの人だ。
伊勢の玄関口として、次第にこの場所も定着したように思う。
内宮の式年遷宮も、あと4年と迫ってきた。
伊勢は、遷宮で生まれ変わる。

画像


この市営駐車場から、おはらい町へは地下道を抜けていく。
変哲ない地下道を、現代と伊勢を繋ぐタイムトンネルにしたらどうか、と提案があった。なるほど玄関口としてストーリーが展開され、伊勢の入口に相応しいかも知れない。訪れる人への啓蒙にもなろう。
伊勢文化会議所が主体となって計画が始まり、展示における設計を依頼された。

先々回の遷宮の時、昭和48年に香川県の画家、故 門脇俊一さんの手によって「伊勢参道 おかげ参り・抜け参りの図」が製作された。全長80メートルに及ぶ屏風絵で、見る人を圧倒する。画伯は、「現代の浮世絵師」といわれ、版画を主として群衆を描くのを得意とされていた。
この時の遷宮が画伯の還暦と重なり、その喜びを一気呵成に、80メートルの大屏風を完成させたと聞く。
京都の三条大橋を出て、伊勢内宮参拝までの五日間の旅、宝永年間の伊勢参りの風景を描いた屏風絵である。
描かれた人物は1万人を数え、おかげ参りで賑わった300年前を彷彿とさせる。
この大作を展示しようという運びとなった。

画像

そこで、地下道の長さを活かして、屏風そのままに展示してはどうかと提案した。
本来屏風絵は、屏風として見せることで、絵の奥行きが出る。
関係者からは、絵を見せるなら平板展示にした方が、との意見もあり、展示方法を巡ってはかなり議論の応酬があった。
絵画としての見栄えだけなら平面でいいが、屏風の価値を損ねることにはならないか。
訪れる来勢人の印象や如何に。
自らの葛藤とさまざまな討議の末、当初の意見が容れられた格好となった。

また、屏風原本を展示するわけにはいかない。
そこでこの屏風を、陶板で製作して貰うことになった。
四国鳴門に「大塚美術館」という、陶板で作られた絵画の美術館がある。
とても陶板で作られたとは思えぬ迫力で、私もこれに先立ち見に行ったが、その力量に圧倒した。世界中の名画を集めて、これほどの迫力を持って、一同に集結させたコンセプトは素晴らしい。
この卓越した技術陣が、今回の陶板制作にあたってくれることとなった。
苦心したのが、紙の表現だった。
艶を出さず、白色の中にも和紙独特の濁りを如何に表現するか、苦心惨憺の過程だったと聞く。出来上がったものは、全く焼きものを感じさせない程の、繊細な造形となった。
屏風の折れ具合や、展示場所ごとに異なる角度調整は、図面をもとに現地の摺り合わせを幾度も重ねた。
彼らもこのような屏風での展示は、初めての経験という。

画像


実現には三重県、伊勢市、両行政当局の理解に得るところが大きい。
これらが、訪れる人それぞれの「伊勢」に刻まれ、伊勢がまたひとつ年輪を重ねることを願う。


事業者   伊勢文化会議所
原画製作  門脇俊一(1913~2005)
展示設計  前田伸治 暮らし十職一級建築士事務所 
陶板制作  大塚オーミ陶業株式会社
        近江窯業株式会社 大小屋


  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

くろさか
2009年01月04日 14:24
新しい歳の始まり相応しいですね。
明けましておめでとう御座います。
この地下道を抜け、今年どういった作品が紹介されていくのか楽しみでなりません。暗い世相のなか、掲載写真のように、行く先に光明が見える。そんな年であって欲しいと願います。お陰様で正月は久方振りに仕事を忘れノンビリとさせて頂きました。新たなる気持ちで始動です。本年もよろしくお願い申し上げます。
かりの
2009年01月14日 21:05
こちらこそおめでとうございます。
本年も宜しく、コメントの方もお願い申し上げます。
暗い話が昨年末から毎日のように報道で流れています。この業界も大変な時期に入っておりますが、何とか光明を見つけていきたいですね。
既に正月休みもどこえやらで、日々に追われています(笑)
少しでも良い建築が創れるよう、今年も頑張ります!

この記事へのトラックバック