左座邸四畳半

昨年、S邸茶の湯サロンで紹介した左座さんが、続いて自宅を新築された。
土地取得の関係で、さる住宅メーカーが請け負ったが、設計は私が承った。
さすがにお茶に関わる方だけあって、自宅にも茶室が欲しいという。
少し、その過程もお話ししようと思う。

福岡、西新商店街の裏、閑静な一等地にその場所はある。
北と東に道路が取付く角地で、周りを住宅地に囲まれている。そのただ中に、ちょうど南西の方角に向け、この家のためにと思うような大きな抜けができていて、隣家の緑が折り重なるように迫ってくる。きっと風もここを選んで吹き抜けていくのだろう。
あたり一帯は、今後も高い建物も建つことがない環境で、一瞥するところ都市住居として格好の立地である。
この敷地を見、要望を聞いた途端に浮かんだのが、コートハウスだった。
敷地の真ん中に大きく中庭の空間を取って、都市の喧噪から逃れた環境を作ることで、家族のための空間が生まれはしないか。
早速思いついたプランを書いて渡したが、彼も中庭を大いに気に入ってくれた。
その後、要望を纏める中で、何遍かプランを書き直したが、最後までこの中庭のあり方は変わることがなかった。

画像


周辺は、通過する車の交通量がかなり多く、病院が近いせいか煩雑に人が行き来する。
また彼ら夫婦も、お店を営んでいるため、休む間もない生活を強いられる。
それらの生活環境からも、何とか住まいは静寂を確保したい、より充実したプライベートの空間を作りたい、との思いから、生活の中心を2階に移すことで、外界と遮断した空間を作りたいと考えた。
外の環境とは全く違う、自分たち独自の空間となるなるものをである。
周辺と関わらない空間が、ここでは必須と判断した。
2階は地面こそないが、各部屋は中庭に面していて、それぞれが中庭越しに繋がるという、内外一体の空間が生まれる。都市の中では、この空間が唯一の自然でもある。
道路側を建物で囲うことで、騒音や視線を遮り、一転して中庭は開け放たれた開放的な空間が拡がる。家のどこにいても、中庭を介してその存在が伝わってくる。
中庭には大きな木を植えて、緑眺めながらの一日が始まる。
鳥も訪れる場所が家にあるなんて、都会では贅沢な場所だろう。

その中庭に面して、茶室を設けた。
玄関脇の四畳半と、庭に面した3畳台目からなる本格的な茶室である。
詳しくは次回に譲るが、敷地の大きさからいって、これだけのものが入ると、当初思わなかった。諦めず取り組んだ成果といっていいだろう。
プランは、練る中で厳しさが増し、次第に空間が整えられる。
小さいかも知れないが、豊かな数寄屋の取り組みになることを願っている。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

くろさか
2008年12月11日 15:14
こんにちは。
以前茶の湯サロンと併せ、少し図面を見せて頂く機会がありましたが、いよいよなんですね! 楽しみです。玄関脇の四畳半は、茶事以外の普段に、書斎あるいは客間としても十分通用する拵えで、関心した事を憶えております。
コートハウスも中庭を介するその室の配置が微妙で、只外に面してる的なモノも散見されますが、道路に対して閉じたお蔭で、自分達だけの外部空間、且つ来客者への安らぎも与えてくれそうですね。今後のご紹介、楽しみしております!
前田
2008年12月16日 12:02
いつもありがとうございます。また少しずつですが紹介させていただきますので、ご批評を宜しくお願い申し上げます。コートハウスも仰るように、ただ中庭があればいいといったものも少なくなく、難しいプランなのは事実だと思います。その点でも、室内と庭との関係が等価にならないと成功しないと思います。
どうぞ見てやって下さいませ。

この記事へのトラックバック