木の家”T邸”について

いま住宅が、3軒同時に進行している。
うち2軒は基本設計中、1軒がいよいよ工事に取り掛かろうとしている。
八戸のT邸である。
若い施主家族が住む、木の家である。
私が関わった”八戸の家”を観て、ご依頼いただいたと聞く。
建築過程を含めて、紹介していきたいと考えている。

画像

                    (八戸の家)

まだ20代の家族にとって、戸建ての住まいは高嶺の花、といっていいだろう。
しかし例外を除いて、その頃から”住まう”ことへの執着を持つ人も少ない。
また、即金で求められるほどのものは別として、ローンを組まねばならない買い物は、歳を取ってからでは難しく、依って住宅を求め、求められる年齢は自ずと知れることになる。
30代から40代に掛けての、いわば時代を背負う人たちに希求が大きい。
それら若い世代にとって、木の家は果たして身近なものなのだろうか、との疑問はいつも感じていた。
正直、全てを本物の木で作ろうとすれば、お金も掛かる。
また”木”が持つある種の土着性や、艶めかしさ。時とともに変えていく表情。手を掛け、愛情を持って接する必要性など、木の住まいは住む人が積極的に関わることを求める。
まさに、現代の感覚と逆行することばかりである。

誰かが書いていたが、日本版ウオッシュレットなど、世界のどこにもないらしい。
水が出るかとおもえば温風が出たり、ターボや香り、メロディー機能までもと、ある種のおもちゃ的気配りが、現代の日本を表している、といった内容だった。
住設メーカーの標榜する次代の住まいも、人がいるところを察知して灯りがついたり、リモコンで家中の環境を制御したりと、もっぱら人に対してのサービス精神に溢れている。
果たして、いつから住まいは、設備中心になったのだろうか。
快適さや居住性は、間取りや空間から生まれるもので、機能はそれをサポートするものと思ってきた。しかし機能という数値がなければ、快適性も理解できないほどに、我々は感覚麻痺に陥っている。
機械の手助けなしには、快適さも感じられないのだ。
まさに、住まいのウオッシュレット化である。

画像


この現代にあって、T邸の施主は20代である。
木の家を建てたい、といってくれた彼に、どのような木の家を提供できるのか。
日頃の疑問に対する、具体的な回答を果たさねばならない。
若い人への”木の家”とは-、この仕事を通じてレポートしようと思う。
機能だけで語れない空間だからこそ、住まいとしての真実が生まれる。
住まいも、真理の探究である。

  (前田)








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

くろさか
2008年12月05日 19:59
こんばんは。
設備や性能、良ければそれに越した事は無いのでしょうが、行き過ぎの感のある現代、人間として考える時ではないかと、感じております。
一気の経済破綻もそうですが、上ばかり見るのではなく、足元を振り返る事も大事な事と沁々と感じています。「八戸の家」設備に苦心惨憺し、前面に押し出すつもりが、やはり本物である根本的な部分には適わず、大概は二の次の要望となっている事から、理解したもの。
決して数値だけでは表わせないもの、そこへの希求です。
前田
2008年12月06日 08:38
このブログをお読みいただいている皆さま。
今回の写真、実は黒坂さんの撮影なんですよ。このT邸も、黒坂さんのところで作ってもらいます。内容が進み次第、追って正体をご紹介して参りますので、どうぞご覧下さいませ。
行き過ぎたサービスは、人への侮りでもあり、生活の手助けとは違うことだと思っています。そういったことが当たり前になってしまうことで、私たちは知らないうちに人としての感覚や感情を退化させていることを知るべきだとも思っています。繊細な感覚は、日本人ならではの財産です。美点を生かす生き方、暮らし方が、引いては日本文化になるんだと思いますが如何でしょう。

この記事へのトラックバック