四季の室礼<春>

少し間が空いてしまいました。
すっかり秋になって朝晩は肌寒くなってきました。
こうして季節が移り変わって行くんですね。
四季の暮らしと室礼、今回は春です。
それでは、どうぞ。


 ~ 四季の暮らしと室礼<春> ~

画像


節分ですね。皆さんはお分かりでしょうが、何だか分からない人も若い人には多いようです。
こうした行事が身近に消えつつある、何よりの証拠かも知れません。
節分が終わりますといよいよ立春。春の到来ですね。

画像


立秋が過ぎるとお雛さま、上巳の節句です。
女の子があるお家では雛壇を設けて雛人形を飾り、桃の花などを添えます。
私たちが子供の頃は、こんな立派な雛人形を飾ってある家などありませんでしたが、今はおじいちゃんおばあちゃんからの贈り物で、結構立派な雛が飾ってあるお家が多くなったと聞きました。
右側はちょうどこの頃に掛けられた、床の間の軸です。
「百花春に至って誰が為に香る」という句です。
先ほども申しましたが床に掛けられた軸は、単なる飾りではありません。
この句の中に春の薫りを感じ、書いた人を想う。
極めて知的なイマジネーションを伴い、人それぞれの春の想像を駆り立てるのです。
この軸は京都大徳寺の塔頭、三玄院の開祖、春屋宗園という方が書かれました。
千利休と親密な交流があり、秀吉を初め、時の権力者とも渡り合った、当時大きな影響力を持った禅僧でした。その方が書かれた百花云々の文字に、何を見るのか。
それが軸の観賞の面白いところです。

画像


雛祭りが終わったと思えば、あっという間に端午の節句。
菖蒲を活け、5月人形を飾るお家もあるでしょう。上巳の節句を女子の節句としたことから、5月5日の端午の節句を男子の節句としたそうです。
粽や柏餅を頬張る想い出は、どなたも持たれていると思います。
またお庭が広ければ、鯉のぼりや旗などを立てて子供の成長を祝う家もあるでしょう。
今では子供の日として休日になりましたが、これは第2次大戦以降のことらしいです。

画像


もうひとつ、軸の面白さを紹介します。
これは「青山緑水(せいざんりょくすい)」と読み、新緑が山に染まる季節を詠んだ句です。
ただここでは、上の字と下の字が書いた人が違います。
寄せ書きにしているんですね。上の字(青山)が大徳寺の官長さん、下の字(緑水)は千家の宗匠が書かれています。ご存じのように、大徳寺は利休のお墓があるところですし、千家とは切っても切れない関係が今なお続いています。またこうした寄せ書きを観ていると、このお二人の間にはそれを超えた親交があるのでは、とも想像しますね。
文字のうまさだけが書の観賞ではないところに、日本人の感性豊かな部分が感じられます。


実際の講義では、たくさんのスライドで話をされていましたが、繋がりある事柄が多く文章にはなりづらいところもあって、少し割愛させていただきました。
行事を積極的に採り入れる楽しさが、こうした室礼を生むんでしょうね。
次回はー四季の室礼<夏>ーです。


  (かりの)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

くろさか
2008年10月07日 18:51
こんばんは。
こういった写真を見ると「日本間って本当に良いな~」とつくづく思います。桃の花が好きで白花の花桃を庭に植えておりますが開花の時期になると近隣の方に枝をおすそ分けしております。
満開の庭の花も良いですが、活けられた花もまた格別ですね。身近に季節を感じれる、二十四節季というのも成る程と思います。相も変らず時間が思うに任せない日が続いておりますが、清々しく読ませていただきました。
かりの
2008年10月09日 17:06
いつもコメントありがとうございます。
こうした室礼がいつもしてあるお家だと、本当に感性豊かな人になるんだろうなあ~と思います。黒坂さんのお家もそうなんじゃありませんか(笑)。
また宜しくお願いします!
前田さんが戻りましたら、またお返事すると思いますので・・・・・・

この記事へのトラックバック