ハレの日の室礼 -3 (祇園祭りによせて)

お久しぶりです。
ここのところ夏らしくない日が続きます。 先日なぞは秋のような気候でしたね。
皆さま、体調など崩しませんようお気をつけくださいませ。
さて、ハレの日の室礼、祇園祭の続きです。遅くなりましてすみません。
午後6時半過ぎ、やっとお稚児さんと宮司様が来られました。
人の出入りも一層激しくなり、緊張の糸がピンと張りつめた雰囲気が河村家に漂います。
画像


画像

お稚児さんを、男性の方が二人掛かりでお世話されていました。
祇園祭の間、稚児にはたとえ母親といえども、女性が触れることはできません。
到着するとご神体を床の間に上げて、”なかだち”をし、宮司様がお礼に、河村家のお清めをしてくださいます。
家にいる老若男女すべてが頭を垂れ、宮司様のお清めを受けます。
小さな子供までもがきちんと頭を下げ、その間じっと静かにしているところをみると、祇園祭が河村家に長い間伝わっていることがわかります。

さて、わずかな休みを取られたお稚児さんと宮司様が、河村家を発たれました。
それに引き続き、東西の御神輿を迎えます。
暑い中(その日の京都は特に暑かったのです)神輿を担いでこられた方々に、前回ご紹介したお弁当と冷たいお茶やビールをふるまい、宮司様にはお食事を給します。
河村家の内外は、溢れんばかりの人、人、人・・・・・

画像


画像

あれほどあったお茶もビールも、あっという間になくなりました。
もちろん、店先に設けた御不浄もひっきりなしです。
確かに、この調子で家に入られては、たまったものではないでしょうね(笑)
ひと呼吸おいて、いよいよ”なかだち”から発たれる折に、担いだ御神輿を家の前で大きく振って、河村家への御礼の気持ちを伝えてくれます。
画像


この写真で、お分かりでしょうか?
御神輿は重厚で相当重さもあると思われますが、それを頭上に高々と持ち上げ、猛々しい掛け声とともに振ってくれるのです。
昼間の山鉾巡幸とはまた違った、もうひとつの祇園祭の姿です。

嵐のような時間があっという間に過ぎ去ると、今度は河村家がお手伝いにこられた方々をねぎらわれます。今日は、お寿司とハモを振る舞っていただきました。
ハモは祇園祭には欠かせないものなんですよね。
私もホッとひと息、遠慮なく美味しくいただきました。

祇園祭というハレの日。
京都の町にあって、普段静かな時を過ごしている河村家が、最も華やぐ日です。
私らにとっては、”人があって家がある”という感覚が強いと思いますが、このような旧家では”家”があることが大きな前提にあって、意味があることなのだということを、強く感じました。
家が”ハレ”の日にその姿を変える、その魅力は間近で見ても凄いものです。
普段、プライベートの固まりの家が、この時ばかりは街の中の役割を担う。
多くの人が出入りし、神さまも立ち寄られる。これって凄いことだと思います!
このような伝統は、特に家の果たす役割を中心に、事が進んでいくんでしょうね。
と同時に、これを守り伝えてゆくことの大変さを、痛感しました。

末尾になりましたが、貴重な経験をさせていただきました河村さんに、厚く御礼申し上げます。
また当ブログに掲載をご許可をいただきましたことを、重ねて御礼申します。
皆さまもご拝読、ありがとうございました。
次回からは、中断しました前田さんの講義の続きをご紹介します。

  (かりの)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

くろさか
2008年08月25日 18:59
ご無沙汰しておりました。
お祭り,その多くは神様への感謝の意を表す行事である事が多いように思います。その意以外のお祭りもあるのでしょうが、祇園祭りがこれだけ地域の方々が総出で関わる行事なのだと初めて知りました!良いものですね。
人と人の関わり,もてなすもてなされる事をこういった行事を通しても体験していけるのも貴重なものですね。自分の生活圏では全く無い事ですので羨ましく思います。今回の記事も大変興味深く読ませて頂きました!
前田
2008年08月27日 14:17
大変ご無沙汰しております。このところとてもバタバタしておりまして、すっかりブログも失礼しております。また仕事の紹介など掲載して参りますので、暫しご猶予下さいませ。
祇園祭も、テレビで見る部分だけではなく、結構隠れて所に祭りの本質があるようです。河村さんは以前からのお知り合いですが、とても京都人とは思えぬほど優しく、蔭日向のない方で大好きな人です。京都にいるときはこのお弁当を毎年持ってきていただいたのですが、実は祇園祭に河村家には伺っていないんです(悲)。今年は河村さんからのお声掛かりもあって、うちの”かりの”が行ってきたようですが、とても良かったそうです。「また来年も行きたい!」と、仕事を放りだしています。
私も祭の渦中に座ることがないので、興味深く読みました。また次回は恥ずかしい私の話を。。。。失礼します。

この記事へのトラックバック