「日本家屋の暮らしと知恵」 その5

「日本家屋の暮らしと知恵」 前回に続き、道具と人との関係をレポします。
日本は確かに家具?ではなかったんですね。
いわれるとなるほどと・・・・・。

~ 道具と人との関係 (2) ~

先ほど子供室の話が出ましたが、学生時代に知り合った友人に素封家の息子がおりまして、あるとき子供部屋の話になったんです。
きっとそいつは大きな部屋に住んでいたんだろうと勘ぐって聞いたところ、子供部屋なんてなかった、というんですね。子供部屋の変わりに持たされていたのが、一人で持ち運べる机と本棚。それを毎日自分の好きなところに持っていって宿題をしていたそうです。
今日はおじいさんの部屋、今日は縁側で庭を見ながら、今日は居間で家族みんながいるところでと・・・・。これを聞いたとき、「日本の家に住んでいたんだなあ」と感じたのを覚えています。

画像

これなどまさに日本の家の暮らしを物語っているんだろうと思いますが、ここに出てくる机も本棚も、これは道具であって家具とは呼ばないんですね。
一人で持ち運びが出来るのがその単位であって、その意味では日本の暮らしは道具によって成り立っていたんです。暮らしの中でのさまざまなときに応じて、それにふさわしい道具を出して生活をしてきました。
先ほども触れましたが、強い性格を帯びない日本家屋の空間に、道具を出すことによって時々の役割を与え、目的を果たしていったんです。

暮らしの中での時間割り、起床から始まって就寝までの営み。
正月や盆などの年中行事、冠婚葬祭などの人生での節目の行事など、全く異なる内容が日本家屋というひとつの舞台で可能だったというところに特徴があって、そこに道具の持つ役割があったんですね。
そのように、日本の住まいは自ら変わることによって多様な機能を内に秘めているといっても良いでしょう。
その意味では、蒲団も座卓も道具であって、それら道具によって空間がその都度、意味と役割を担っていく。日常生活では寝室と客間と食事室とさまざまに使われていても、ひとたび緋毛氈が敷かれ、杯や三方が仕来りに則って飾り付けられれば、たちまちのうちに儀式の空間へと変貌する。
部屋の仏壇を開け、お灯明を灯せば仏間へと早変わりすることが出来る。

画像

日本家屋にはそうした融通性と自在性が混在していて、それは私たちの暮らしの背景を家が努めてくれていたことの裏返しでもあったのです。
百の機能を遂行するために百の部屋を用意しなければならないのが欧米だとすれば、百の行為を一つの部屋で百の道具を持ってまかなおうというのが、日本の住まい方でもあったのです。

画像

しかし道具だけではことは生じません。
そこには人の立ち居振る舞いという動作が必要で、日本ではそういうこともうるさくいわれてきました。サザエさん家を見ても分かるように、日常のいわゆるケの中に厳しさがあって、自然と躾として身に付いてきたのでしょう。そうしたメンタリティーな部分が根底にあることによって道具は一層引き立ち、背景となる建築とひとつになって空間を生動させ、家での暮らしが行われていたんだと思います。
だからこそ、道具には扱いという作法が厳密にいわれる所以があるのだと思うのです。

次回は、引越に持っていく障子と畳についてレポします。
引き続きご覧ください。

  (かりの)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2008年04月06日 09:29
おはよう御座います。次回の「引越に持っていく障子と畳」が気になって今回の記事が中々頭に入りません(笑)いつしか自分も家具に慣れた生活がスタンダードになっていることに気付かされます。卓袱台っていうのも懐かしい響きに感じられますね。我家の事を申しますと生活の中心は座卓です。子供が小さいから可能な事もあるのですが食事そして子供の勉強と私の仕事、可能な限りここに集ってそれぞれをこなします。お姉ちゃんが宿題の時は下の子はお絵描きその隣では私がパソコンで仕事、家内は縫い物を、可変性の一つでしょうか。少なくとも我家はTV中心では無いようです。
前田
2008年04月07日 02:40
卓袱台は良いですね。我が家の食卓も卓袱台です。ここでは時間の関係があって話せませんでしたが、道具の果たす役割は卓袱台に限らず結構あったんです。日本家屋の用途を特定しない使い方は、まさに道具の文化そのものでもあって、それが成熟したのが茶の湯の文化でもあったのです。道具にはその人自身が投影され、その愛着が作法として、扱いの細部に行き渡る。そういったものが家に及ぼしていた影響は相当大きかったのではと思います。
ta-bo-
2008年04月08日 09:37
道具と家具。そして卓袱台の文化。
映画の寅さんの家族の会話は、いつも卓袱台(こたつ)を囲んで泣き笑い(時に喧嘩!)が繰り広げられる微笑ましいものです。そして家族という安心や幸せが地味に行き渡っているように思えます。
アレックス・カーの「美しき日本の残像」(朝日文庫)を読み進めていくと日本人が近年捨ててきた生活文化が、じつは世界のどこにもない尊いものだったことにハッとさせられます。
前田
2008年04月10日 09:37
文化など、実は大きな口で語れるほど知りません。日本は奥が深いですよね。道具の効用などはもっと多いに研究して貰いたいと思います。色んな意味でこれから必要になってくるような気がしてますし、新たな展開の可能性があるはずだと信じています。現代にどう生きるか、まずはそれを形に提案していくのが私たちの仕事で、その意味でも古きを訪ねて新しきを知る、気持を起爆剤にしたいと願っています。

この記事へのトラックバック