和家具の仕事(3)

「和家具」という言葉は、北尾春道著 『和家具』 彰国社刊で知った。
当時は家具というものも漠然と捉えていたし、西洋と区別する意味かと大雑把に考えてもいた。どちらかというと椅子とかテーブルといった洋式の家具が身近に溢れる現代に対して、日本の古いもの程に捉えていた。
家具を作るようになってふと思い出し、爾来この言葉を使わせていただいている。

画像

日本家屋には、濃い色彩がない。
それは単に色使いだけでなく、空間としての色づけをしないことが特色である。
部屋は一面に畳が敷かれ、襖や障子で仕切られる。開け放すことも、小さく個室として使うことも自在であるが、部屋に特定した使い方を強いることは少ない。
それに対して西洋から入ったLDKは、各室の個別な使い方を基にしている。
キッチンはとにかくとしても、ダイニングにはテーブルが置かれ、リビングにはソファーが置かれる。食事をとる部屋はダイニング、くつろぐ部屋はリビングと、あらかじめ特定の役割が空間に課せられている。過ごす目的に併せて人が空間を移動するのである。
そこに置かれるものが、家具と呼ばれるものであり、これらは簡単に持ち運びが出来るものでなく、常にそこに置かれ、空間の役割を補う。

それに対して、日本家屋では家具を置き放しにすることは滅多にない。
卓袱台を出せば食卓に、布団を敷けば寝室に、座布団を出せば客間にと、時々の目的に併せ空間を使う。置き放しにしては空間の融通性に支障が出るのだ。
従って、ここに出てくる卓袱台や布団は家具ではない。
これが「道具」と呼ばれるものであり、日本は道具を以て空間を目的化してきた。
誤解を恐れずにいえば、西洋では十の目的を達するのに十の部屋をもってするのに対し、日本ではひとつの部屋に十の道具をもって応えてきた。家具という概念は日本になく、専ら道具の文化だといえるだろう。
ただ道具というと、茶道具のような小さなものを想像する人も多いだろうと思い、行灯や衝立のような家屋を彩る道具たちを「和家具」と呼んで、区別することにしている。

画像
                   (木村 巌さん)
先般紹介した村山組の職人に、木村製作所の木村巌さんがいる。
錺り職人である。
鉄を使って作るものは、全て彼の手を煩わせている。
まだ若い職人だが、作るセンスは抜群である。

最後まで、五十鈴茶屋の店に置く行灯が決まらなかった。
照度を心配してのことではないが、暖かさを出すためにも大きな行灯を据えたいと思った。存在感があって、和洋に囚われないものをと考えていたが、時ばかりが過ぎて一向に形が決まらない。
製作の締切も過ぎた時、福岡空港での待ち時間に思いつき、その場でスケッチを描いた。すぐに製作に回さねばと、急遽一目散に現場に向かった。
村山さんが来ている時で何とかお願いし、すぐに試作が見たいとも付け加えた。
他の仕事も重なり、すぐには無理だと言われたように記憶するが、時間がない、明日行こうとなって無理矢理村山さんに連絡を取ってもらった。
電話したのが土曜日の午後3時頃、明朝9時には岐阜の木村製作所にいた。

画像

                  (五十鈴茶屋行灯)
急でもあり、会ってからスケッチを説明し、その場で形を決めようと思っていた。
ところが既に試作が工場の中央に作られ、私たちの到着を待っていた。
思わず驚きの声を上げた。
どうも電話の後、他の仕事を放り出して作ってくれたらしい。
図面を書けなかったばかりにスケッチと径寸法、高さを指示しただけだったが、木村さんの読解力には舌を巻く。思った通りの形がそこにあった。
お父さんも生粋の職人と聞くが、そのお父さんがひと言、
「いい形ですな、こんな形を作らせてもらうんは初めてですわ」
と、笑顔で迎えてくれた。

五角形の形をふっくらとさせ、高さを取って光源を大きくする。
細部の脚の形や台座の角度などを指示し、満足感で木村製作所を後にした。
土曜日の電話で、村山さんと木村さんの間でどのような話をしたのかは分からない。しかし、こういうのを阿吽の呼吸とすれば、村山千利は恐るべき人である。
見透かされているのだろうか、存外気持ち悪いものでもない。

  (前田)

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2008年02月29日 15:23
今でこそデザイナーが居て設計図を元に製作するものが多いのでしょうが、職人が全てであったその昔、やはり職人の感覚(センス)を大事にしなければと思い知らされます。そういう関係を築かれた設計者と職人の人の関係にも思い知らされるものがあります。モノや情報があふれる今の時代にあって不変ともいえる存在を示すカタチ、「造形」と露わされてますが洗練を心掛ける日々の事が伺われます。カタチに人々が切磋する、清々しいですね。
前田
2008年03月02日 07:07
情報が飛び交う現代にあって、情報がすぐ仕事の良さに繋がるかと言えば、それはないようです。ひとつ事をじっと見つめる中から沸き起こってくるモノが仕事には必要で、よその良いとこ取りでは仕事は成立しませんよね。良い職人さんは皆そうして仕事をしています。
情報のない時代にあっても、日本は素晴らしいモノを残してきました。深い洞察力と広い好奇心があれば、きっと胸に沸き起こる気持を捉えることができるかも知れません。そう信じてやっています。

この記事へのトラックバック