小間 「龍華庵」(茶の湯サロン5,)

鞘の間を挟んで広間と向かい合わせに、四畳半の小間が添う。
多くの方に使っていただくには、普遍性を持った形が望ましいとの思いと、さまざまな催しに対応できる続きの間としての性格から、四畳半とした。

画像

四畳半は広間としても、小間としても使える茶室と位置づけられている。
これより広い部屋を、「広間」と呼び、これより狭い部屋を「小間」と呼ぶ。
しかし、ここで提案した四畳半は小間の色彩が濃い。

これが通称、『利休四畳半』といわれる形である。
茶の湯の中で、四畳半の歴史は長い。
かつて四畳半は、名物と呼ぶ舶来品を持つ人たちの、いわば”聖域”だった。
茶人としての資格や権威の象徴が、この四畳半に集約されていた。
それを利休は、晩年になって草体化することによって解体に導いた。
権威との決別の意味が隠されていたのだろう。
利休が最後に住まった、京都聚楽屋敷の四畳半がこの形だった。
今は、裏千家の又隠と呼ばれる茶室にその姿を見ることが出来る。
昼間でも仄暗い室内は、いかにも精神性高く感じられる厳しい空間である。
全てをそぎ落としたその奥に、深く潜む意思みたいなものが見えてくる。
そんな茶室である。

画像

正面の床は4尺。
床柱には赤松皮付丸太をたて、床框には杉磨き丸太入節、相手柱には档(あて)を取り合わせている。点前座勝手付きには「道庫」と呼ばれる口があり、続きに茶道口を開く。
道庫は年老いた人の点前といわれ、立ち居振る舞いを少なく、座したまま道具を出し入れできるようにと開けられたものである。
天井は網代。
ノネ板といって、薄く割った杉板を編み込んだものだ。それを大和竹の棹縁で押さえている。

茶道口の裏が水屋になる。
広間、小間両方の水屋を兼ねる。
3階の料理教室が当階の厨房を兼ね、ダムウエーターでここに料理が運ばれる。
狭いスペースを有効に使うための方策だった。

画像

「道具屋は水屋」とは、常日頃彼が言う言葉だ。
人の裏で立ち働き、人をもり立てる。結して自分は表に出ず、陰に徹して背後を支えようとする想いであろう。その心情がいつしか彼の信念となり、”茶の湯サロン”を作ろうと、自身を奮い立たせたのではないかと思っている。
この小間に、大徳寺官長から「龍華庵」と命名、揮毫していただいたと聞いた。
まさに画竜点睛である。
ここに思いが結実し、彼の新たな旅立ちを迎えた。

  (前田)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

くろさか
2007年11月23日 11:07
"茶の湯サロン"完成おめでとう御座います。
最終という事もあり、初回から再度読み返しておりました。建築作品のご紹介のブログではありますが、滲み出るのは人と人の繋がり。勿論建築としても大変に意識と技術の高いものを見せていただいております。ブログには紹介されない様々なご苦労も当然あるものと思いますが、それにしても人としての処に清々しいものを感じます。この広間と4畳半、自宅でもA4サイズに印刷して眺めています。どこか曳き付けられるものがあり飽くこと無く眺めているのですが「異風になく結構になくさすがに手際よく目にたたぬ様よし」たる所以でしょうか。とても良い作品有難うございました!
前田
2007年11月28日 17:22
いつも有り難うございます。お陰様で無事終えることができました。もうお茶室のお披露目も始まり、始動開始のご様子です。建築は使って初めてその価値を発揮するものですから、これから多くの方に使われて、建築としての働きをしてくれることを祈っております。
最初図面を拝見したときの小ささを忘れるほど、中は充実したように思っています。良い仕事が出来ました。ご覧頂き有り難うございます。今度は山口邸の竣工の姿をご覧頂きましょう。また、コメントお願いします。

この記事へのトラックバック