露地と蹲踞(茶の湯サロン3,)

腰掛け廻りを見る。
亭主は席中の用意が調うと客を出迎え、ここで初めて主客は顔を合わせる。
が言葉は交わさない。互いに黙礼を交わすのみである。
これを「迎え付け(むかえつけ)」と呼ぶ。
亭主の黙礼は、「これよりどうぞお入り下さい」というもので、客はこれを受けて茶室へと向かう。この茶室までの間が、「露地(ろじ)」と呼ばれるものである。

画像


茶の湯では、露地は極めて大切なものと説かれている。
”浮き世の塵を払う”といわれ、露地を歩くことで世塵の汚れをそそぎ、茶の湯の世界へと向かう清廉な気持を高める役割がある。

その露地の中で最も大切な所作が、手水を使う行為である。
亭主は迎え付けの直前に自身手桶に水を運び、「蹲踞(つくばい)」に注ぎ入れる。いかにも勢いよく、溢れんばかりに注ぐ。
客に対する、この日初めての所作となる。
「寒中にはその寒を厭わず酌み運び、暑気には清涼を催し、いずれも客に対するもてなしの心である」、と利休は説く。亭主がわざわざ運んでくれた水で客は手水を使う。水を通して主客の心が触れ合う一瞬である。

この大事な蹲踞に、宝篋印塔(ほうきょういんとう)が手に入ることになった。
左座さんが築いた縁のたまものである。
鎌倉末期から室町にかけての一品という。
京都の庭師 比地黒さんの手蔓で、見事この空間に納めることができた。

亭主自ら運び入れた水を、客はこの蹲踞で使い、茶室へと向かう。
その歩々に清風を起し、伝い歩む道程が茶の湯の心持ちを醸成する。
ここを庭と呼ばずに、「露地」と呼ぶのは、そのためであろう。
茶の湯にとって大事な時間であり、空間なのだ。

画像

この上がり框から階段にかけてが、常楽苑の露地になる。
庭に作られるものとは自ずから異なるが、それを見立てるのである。
このような場所であっても、茶の湯に用い得るよう整えることで、立派な茶の湯の場となる。空間の大小や場所の内外ではない。
その上で、全体を包むありようが茶の心持ちに沿い、叶うようなものであれば、どのようなところでも成り立つ可能性がある。

左座さんは、ここをどのように使った「茶の湯」をするのだろう。
通例の露地の規矩とは異なる。
それを存分に使いこなし、独自の茶の湯を展開されるであろうと確信している。
それはきっと、彼の心に触れることになるに違いない。
主客が触れ合う、まさにここは「露地」なのである。

  (前田)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年11月13日 17:26
「粗茶一服差し上げたく・・・」招待状を頂き、前礼のご挨拶そして寄付き~後礼。私自身茶事は習っておりませんで会社のたまの催しで教えて頂く程度なのですが、所作作法に終始し固苦しく思ったものです。ですが招待から後礼までの主客のそれぞれを思うと、そこに何と清々しい人の心の付き合い(触れ合い)がある事かと気付かされます。あくまで茶事の本から感じた事なので恥ずかしいのですが・・・。
写真から一歩一歩自らが奥に進む錯覚を憶えます、広くはない空間なのでしょうが奥行きを感じます。飾り棚も実に効果的で照明も足元に落ちているようで奥行きを感じる一助になっているのでしょうか。蹲踞の醸す空気そしてこの空間を構成する全て「息を呑む」それ程濃密なものを感じます。
前田
2007年11月18日 02:19
お茶事とは、よく考えられたものだと思います。人をもてなす、と今は簡単に使われますが、実際にもてなそうとすると、なかなかどうして、ついつい自分本位になってしまって、肝心な客のことを忘れてしまうものです。
建築でも同じ事が言えるのではないかと自分を戒めております。だからといって、二番煎じなことばかりしていては”働き”がなさすぎ、もてなしには到底なりませんよね。その辺りの加減が最も難しいのではと思っております。

この記事へのトラックバック