露地のいりぐち(茶の湯サロン2,)

左座さんが催す「常楽会」、という茶の湯の集まりがある。
”茶の湯サロン”を、といったのも、その裏付けがあってのことだろう。
彼はその名を取って、このサロン全体を”常楽苑”と冠した。茶の湯だけに限らず、さまざまな日本文化の発信基地となる空間を、という希望を通し、彼の思想信条に沿うあり方を求めた。
すでに左座さんの試みに賛同してくれる方も現れたと聞く。
まさに”苑”と呼ぶに相応しい環境に整った。

画像


お茶と聞くと、多くの方は茶を点てる点前のことを思うようだが、茶の湯はそれほど単純なものではない。一般にお茶という場合、それは「茶事」のことをさす。
客と亭主の心が通い合うことを追及して、これまで多くの茶人たちによって作り上げられた、ひとつのもてなしの形である。
少し茶事に触れる。

茶事は亭主と客の関係から成り立っており、客を招くことから茶事は始まる。
招待状を送り、客を招くのである。
当日、客は定められた時刻に亭主のもとを訪れる。客が集うことを寄り付くというが、まず客が通される場所を「寄付(よりつき)」と呼ぶ。
この寄付に亭主は現れない。客を迎えるのは床に掛けられた一服の軸である。
客は亭主の趣向を、この軸から思い巡らし、期待に胸ときめかすのである。
一同が揃う間に客は身支度を整え、亭主からは白湯などがもてなされる。

画像


客が揃うと亭主側の案内を受けて、いよいよ茶の湯の場へと入ってゆく。
その入口となるのが、「露地口(ろじぐち)」と呼ばれるものである。
客は露地口を潜り、亭主の案内を待つ間、暫し腰掛けに通される。
茶の湯、序盤の出だしとなる。

左座園の茶事は、この店の小上がりが「寄付」となり、脇の格子戸が「露地口」となる。店も茶の湯の舞台に豹変する。
従って小上がりは、店としても、茶の湯の中でも重要な役割を持つ。
きっとこの炉辺には、多くの人たちが集うことだろう。
「格子戸は手掛けを持って開けなさい、木を触っちゃだめだよ」
完成間際、自分の子供に言い聞かせている左座さんがいた。
彼は結界であるこの格子戸上に、「常楽」の扁額を揚げるらしい。

画像


格子戸を開けて露地へと入ってゆく。
土間上は緩やかな掛け込み天井として、杉柾板を底目に張り、上がり先は棹縁の平天井。ここでも大きな上がり框が客を迎える。左手が腰掛けとなり、右奥に蹲踞が据わる。
茶事の客はここで履き物を脱ぎ、腰掛けへと通され亭主の出迎えを待つ。

こうしてみると変哲ない空間に納まっているが、もとは鉄骨の建物。
特にこの部分は柱や階段があり、工事では難を極めた。板間の下には既存の配管や枡があり、階段下(写真右側)の手洗いとの接続や、バックヤードとの配管、手洗いの換気ダクトの経路や、鉄骨梁と店舗天井の取り合い、鉄骨階段と木部の納め具合など、とても図面では表しきれない既存構造体との格闘でもあった。

完成後、暫し腰掛けに座っていたが、店先の喧噪が嘘のように静謐に包まれる。
蹲踞が堂々と鎮座し、下地窓の掛け花に露地の露が宿る。
まさにここは露地となる。
次回に続く。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年11月11日 09:29
いつも有難う御座います。
この露地にあたる玄関のパースを見た時に、下地窓の向うの空間には何があるのだろう、と心躍らせたものです。敷地境界線がすぐ傍にあるのを知っているにも関わらずに。実際を写真で見てもその先を想うのですから、下地窓の効果は大きいのですね。先のコメントでも入れさて頂ましたが、この限られた空間にこれだけの要素と多用性を持たせた室配置、しかも改修工事でありながらですから、只々感服いたします。
 今朝の中村先生のお話しを伺いながら想ったのは、技術者として法や工法、構造、納まり等の習得も大事なのだけれども、もっと大きな視点で建築を見なきゃならんなと、文化的な側面も然り実生活の側面も然り。言葉足りませんが、そういった面も含めて茶の湯サロンや五十鈴茶屋などの作品、大いに勉強になります!
 照明、良い感じですね。
前田
2007年11月11日 10:59
こちらこそ早速に有り難うございます。
今朝の中村先生の言葉、自分に向けられたかと思うほど、厳しくも有り難く受け取りました。謙虚の言葉は結して造形からでは生まれず、仰っていただいたように日常の中での鍛錬なくしては生じないものでしょう。常住座臥といいますが、数寄屋常住が中村美学を創っているんだと、改めて感じさせられております。
結して追いつけるものではありませんが、せめてのことに少しでも近づきたいものと思っております。どうぞその意味でも、厳しい目でご覧頂き、ご叱正を今後とも期待しております。

この記事へのトラックバック