茶の湯サロン完成

最初に話を頂いたのが、2005年秋のことだった。
基本設計を書いて東京駅で渡したのが、その年の押し迫った12月。
年が明けてからはS氏自邸の基本設計、同じく彼の自邸の茶室。実施図作成。
続いて今回の実施設計から工事へと、集中して長い期間かかわってきた。
その間、設計や工事に至る紆余曲折など、逸話に絶えない滑り出しだった。
それでも、互いに意思を後退させることはなかった。
S邸”茶の湯サロン”いよいよ完成である。

画像


数回に分けて内部をご覧頂こう。
1階は茶道具商を営む店であり、サロンの導入口ともなる。
両端には商品棚が設えられ、中央には展示台が据わる。
思ったよりも明るくなった。
店の得意先面々も、いち様に「以前より広くなった」というらしい。
実際は逆に狭くなっているのだが、スッキリさせたことで広さを感じるのだろう。
家具全般にはタモ材を使った。宮本さんの好意で、ほとんど無垢で作ってくれた。
タモは和洋を問わず使われる材料で、材質が固く、杢目がおとなしい。和風というと、杉や欅を連想するが、タモのような堅木を用いると中立的な品の良さが漂う。
土間は豆砂利洗い出し、天井には杉柾を底目に張った。

店奥には小上がりが構える。
かつての座売りそのままに、店主と客の出会いの場所となる。
客の話を聞き、それに相応しい品を出しながら客との関係を築いてゆく。
かつての商いは、そうした客との交歓で成り立っていた。
言葉を交わす中で距離を縮め、気持を察することで懐に飛び込む。
しかし、その短いやり取りの中で客の”好み”を察知できなければ、客は遠退く。
この上がり框は、店主と客の厳しい結界でもあり、店の信用の象徴でもあった。

画像


そういう関係を構築したい、と望んでの小上がりだった。
「是非、お茶を一服呑んでいただきたい」
彼のたっての希望で炉も切られた。床の裏がバックヤードとなり水屋を兼ねる。
床脇に火灯に抜いた口を設けて茶道口としたが、空間の構成上やむを得ず逆勝手となった。手前をする丸畳に台目2畳、小さい空間だが存在感は大きい。
床は4尺。
床柱に香節丸太をたて、床框には檜錆丸太。節を3つ入れて取り合わせた。
勝手付きには地袋を設え、上に棚を通して茶道具の展示を兼ねる。

「まるで小さな茶室のよう」と、宮本さんはいう。
店奥正面の床はしっかり周囲の目を惹きつける。
脇に控える格子戸が、茶の湯サロンへの入口だ。
上がり框には松を使った。
大工の樋口さんが慎重に入れていたのを思い出す。
きっとこれから左座園の永い信用を担っていくに違いない。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年11月04日 10:28
実に良いですね。居並ぶお道具類も凛として見えます。「実際は狭くなった空間が広く感じる」設計の妙、面白い所です。四角の立方体を単に大きくするよりも視線の抜ける処、自然な視点の処に少し奥まった所を設えてあげると奥行き感が出てきますね(トイレや玄関ホールの飾棚でよくやります)広く感じると言われると何か嬉しいものですよね。
 タモもここのところ使っていなかったですが、その良さを改めて見直しました。柾目、板目で和にも洋にも似合って、その反面目の使い方によっては失敗したり・・・苦い経験を思い出します。左座園さんのHPで改装前の写真がありますが、全く別の空間に産まれ変わっている様子が解ります。本当に中身の濃い(要素の詰まった)ものに仕上がってますね、携わった職人方の情熱を感じます、やっぱり手造りは良いですね。格子戸の先、益々楽しみです!
前田
2007年11月04日 20:37
特に商業地での環境で工事をする辛さを久しぶりに味わいました。かつては当たり前にしていた工事も、木造をやるようになってからというもの、潤沢とはいわないまでも何とか作業ができる環境での工事が多かったせいもあります。しかし今回は辛かったですね。悠山想さんもその分での苦労が、仕事に匹敵するぐらいありましたから。なかなか表に現れない苦労ですよね。早速ここでお茶を呼ばれましたが、いい雰囲気に仕上がったようです。
茶の湯サロン、次回をお楽しみに!

この記事へのトラックバック