監理という仕事 <山口邸内覧会案内>

先回の監理の仕事について、少々補足を。
設計の仕事は、設計と監理に分かれます。
当然、設計だけを頼まれる方もいます。図面を書いて確認申請を下ろす仕事。
私どもは原則、設計だけの仕事はお請けしてませんが、多く行われているのも事実です。

このブログ中での、現場のさまざまなやり取り。これが監理の範疇になります。
設計時に書いた図面の建物が、果たして図面通りに施工されているか、想定した建築になっているか、それを見届けるのが監理の仕事といっていいでしょう。
ですから、この山口邸での仕事の受け方は、「設計・監理」というものになります。
この両方の仕事を通し、山口さんの期待に応えようというわけです。

画像

もう少し細かくお話ししましょう。
建築はそれ自体が大きなものなので、大雑把な感覚で捕らえられがちですが、実際の仕事は細かな仕事の積み重ねで成り立っています。そのひとつずつを、施工者と一体になって確認し、組み立てていくわけです。
その間には、施主に尋ねること、報告すること、説明することが沢山でてきます。
例えば、材料の品質とその状態について、施工手順の説明、安全性の確認、各種仕上げ材料の選定と確認、各種材料の色決め、照明器具の選定、工程進捗の報告と確認など、その都度施主と話しながら進めねばなりません。

また施工者には、設計としての考えを的確に伝え、工事を導く役割があります。
図面を渡して、工事宜しくと逃げてしまっては本来の建築は出来ません。
当初の設計図書で書ける部分は、大きな意味での建築の姿が主で、設計の根幹を示すものと呼ぶべきものです。それを現場の進捗にあわせて、ある部分は原寸に起こして納まりを確認し、ある部分は施工図で寸法をチェック、手摺や階段、建具など細部の意匠を決める大事なところは、再度現場で細かな納まりの図面を書いて渡します。
そうした細かなディテールの積み重ねが、設計の根幹と合致して建築になるのです。
       (施工図の例)
画像

従って思う建築をつくるためには、「設計・監理」という仕事形態が必要なのです。
また、これらをスムーズに進めるには、お互いの信頼関係が必要です。
施主との関係、施工者との関係、これを良好に保って尚かつ、互いに馴れ合わずに仕事を導くのが、「監理」の仕事の要諦だと思います。
設計としてのセンスや意匠性、建築としての考え方やマネジメントに至るまで、私たちの仕事にはさまざまな要素が求められます。そこには当然個人の能力も求められますが、まずは人との信頼関係が培えなければ、なし得ないことです。
その意味でも、建築は人との関係で成り立っていると思うのです。

建築を作るやり取りの中で、互いの情熱が伝わり、そこに信頼関係が育まれ、目指す形に結実する。尊重した関係に立って意見を戦わせ、最良の結果を出すよう双方の力を存分に出し切る。このような関係性の中にこそ、建築は存在するといっていいでしょう。
だからこそ建築には、かかわる”人”が滲み出るのだと思うのです。
仮に図面が同じでも、かかわる人が違えば、出来る建築は自ずから異なるものです。建築は、そのように極めて繊細なものなのです。

画像

これが監理の仕事です。
私たちの仕事を成す、大切な過程でもあります。

  (前田)

追、29,30日の内覧会には、たくさんのご来場を頂きました。
    この場を借りて、厚く御礼申し上げます。中西専務も感動しております。
    多くの方にご覧いただいたことが、私たちの何よりの励みです。
    ありがとうございました。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ta-bo-
2007年09月26日 18:21
山口邸無事に完成されたんですね!素敵なお住いであることが、ブログ文面からも滲み出ていますね。内覧会行ってみたくなります。(現実には難しいけど・・・)これは広く伝統建築を知ってもらい公開する意味で、住宅建築雑誌等の編集者にも案内を出されてはいかがでしょう?全国の家を建てる方々の琴線に触れることと思います。
監理とは「人と人とのこころ組み」なんですね。
くろさか
2007年09月28日 13:51
いつも有難う御座います。
「・・・建築には、かかわる”人”が滲み出る・・・」
我々,手造りの施工者にとってありがたい言葉です。同じ図面でも全く同じに造れない、それであるだけに厳しくあたらねばならないものと戒められる言葉でもあります。
「監理」について施主←設計監理者→施工者のそれぞれの立場を尊重されながら見事に表現された本ブログ、私自身基準法の定めと意匠の側面からしか説明できていなかったのですが、今後問われた時はこのブログを紹介させていただいて説明に変えようかなと。本質を突いたものと思います。「目指す形に結実させる」未だに結実させるための組織としての活動を模索する毎日、自分にとっての課題でもあります。人と人とのかかわりの部分、本当に難しいものですね。
前田
2007年09月29日 06:40
ta-bo-さん
お久しぶりです。これからもちょくちょくお願いします。「人と人とのこころ組み」良いお言葉ですね。さすがです。まさにそういった気持ちの交歓が建築を生むんだと思います。その意味でもいつでも謙虚な姿勢が求められますね。なかなか出来ませんか・・・・・(笑)。雑誌社にはいずれ出してみます。どう思われるか分かりませんが。これからもコメントよろしくお願いします。
前田
2007年09月29日 06:45
くろさん。コメント有り難うございます。目指す形への希求は、設計としてきちんと持っていないと幾ら人付き合いが出来ても、建築にはなりません。その熱い気持ちがあって初めて琴線が響きあうんだろうと思います。くろさんも日々健闘しておられるんだと、コメントからも察します。お互い建築人として、これからもよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック