紙の継ぎ目

やっと完成が見えてきた、茶の湯サロン。
現場の葛藤7ヶ月、携わった全ての手が、実を結ぼうとしている。
S君は早くも開店のことで、頭がいっぱいのよう。
いよいよ夢の舞台が出来上がる。

画像


樋口さんは最後に、つくばい脇の手摺仕事に入った。
腰掛けとつくばいとの結界である。限られた空間の中に序列を与えることで、全体を整えていく。比地黒さんのつくばいも、これで活きてくるだろう。
S君のお母さんは、つくばいの台石に苔を敷いた。
「これ、おかしいですか」
笑顔で話しかけられる姿に、家族のみなが愛情を注いでいると伝わってくる。
こうした瞬間はとても快い。
家族にとっても、今度の工事は一大事だったことだろう。

午後から経師屋さんが来る。
ひと通り腰貼りの確認と、ふすまなど細々した仕事の詰めをする。
持ち帰りの仕事で職人は早々に退散、これ以上、今日の現場は動かない。
昼下がり、みんなでお茶を飲みながらも、やはり仕事の話になる。
そのとき、経師屋さんから思わぬ質問が出た。

「紙を継ぐときは、障子の桟の真ん中で継ぐんですか」
茶碗を両手で包みながら、真剣な表情で聞かれた。
気付かない人も多いだろう。しかしこういう中にこそ、真実があると思う。

紙の寸法には、定まりがあった。9寸×尺4寸、これを継いで1枚の紙にする。
従って障子には、自ずからそれら紙の継ぎ目が現れる。これを「石垣貼り」、「千鳥貼り」などと呼んで、今でも好んで用いる場合がある。当然、現在では大判の紙なども自在に漉ける。しかし1枚の紙では得られない表情に、不思議と人の手を感じるのだ。暖かさ、といったらいいのかも知れない。
ここでも、そうしてもらった。
横4間の障子では、全幅を5つ割にして2つをひとつに横2枚半、半端を端にもってくる。すると、障子桟の真ん中に継ぎ目がくることはない。そのようなやり方も知っていた。
しかしこの問いに、そういう答えをしてはいけないと思った。

画像


   障子が自然に見える継ぎ方をして下さい、中心にはものを決め込ん
   でしまう力強さがあります、強さは主張に繋がりかねません、そうし
   たことを避け、総じて目に立たぬことを主眼として、貼ってみて下さい。

監理は寸法で指示する場合がほとんどだが、気持ちに投げかけることもある。
この繊細な気遣いを見せる職人なら、きっと自分の答えを見つけるに違いない。
そこから生まれる形こそ、本来の「美意識」と呼ばれるものだと思う。
人が希求する美しさへの意識が、姿となり形となる。
美しさは決して、マニュアル的技巧から生まれるものではないのだ。

悩みながら帰っていった。
かかわる皆が悩みながら形を模索する中で、初めて浮かび上がるものがある。
滲み出るものがある。
そう信じて疑わない。

  (前田)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年09月15日 09:27
障子も紙の貼り方一つで全く違う雰囲気を醸すのだ、という経験を持つ人は少なくなっているのでしょうね。私自身も数奇屋に触れるまで知らなかったのですから。あるお客様が他社(大手住宅メーカー)で寝室の洋間に障子を入れたいと言ったら「そんなのはあり得ない」と言われたそうです。洋間にはカーテンしかあり得ない、そんな言われ方だったそうです。メーカーとしてイレギュラーなものはやらないのでしょうが、障子=和室の内窓的な発想しかないのであれば淋しいものです。昨日も気分転換に広間の障子を閉めきって物思いに耽っておりましたが、障子に影を落とす木々の揺らめきや影から想像する外の風景など、障子でしか味わえないその雰囲気。何とも表現し難い上質で贅沢な時間でありました。大切にしたい文化の一つであるように思います。
前田
2007年09月25日 03:00
この経紙屋さんは若い方なのですが、真剣な方でした。以前障子の桟の真ん中を外して張ったところ、設計の先生に叱られて張り直したとか聞きました。それ以来ずっと疑問に思われていたそうです。私の話をしたところ、「京都の茶室何かの写真では障子の桟の真ん中で紙を継いでいないんですよ。おかしいと思っていたんです」と、納得されたようでした。
このような気遣いが出来れば、きっと他の仕事もうまく行くに決まっており、前途有望な方です。最後はいい酒を呑みました(笑)。

この記事へのトラックバック