新五十鈴茶屋計画について(6) <茶屋>

赤福のへっついを横に、通路は中庭へと抜ける。
へっつい上の吹抜も、中庭に行くに従って低く屋根に覆われる。
深く差し出された軒は建物の影を色濃くし、そのコントラストが陽の当たる中庭を、一層まぶしく輝かせる。

画像


その通路に面した、虫籠(むしこ)窓の建物が茶屋である。茶葉を商う。
伊勢は元来お茶の産地で、市街から山間部に入った途端、大きく茶畑が広がる。
今では日本中が”やぶきた”のお茶になってしまったが、この地方では日本古来の在来種の茶の樹がまだ残っており、その滋味深い味わいを紹介したい、と企図された。
まさに伊勢茶の根源である、といっていい。

建物内部は大きな吹抜をもち、煤竹で編まれた八方の灯具が照らす。
灯具は八角のすり鉢状の形。その全体に少し起くりをつけて、茶のもつ穏やかさに沿わせた意匠とした。灯具全般は岐阜の職人に依頼したが、作るのには相当難儀を極め、試作に継ぐ試作でついに思い通りに仕上がった。
画像

茶屋正面には、大きなカウンターが置かれる。
背面の壁一面には,錫で作られた茶缶に種別ごとの茶葉が並べられ、カウンター脇では鉄鍋で茶葉が焙じられる。箱階段で上階と繋がり、吹抜に面しては湿気を嫌う茶葉を格納、カウンターには呈茶の設備が組み込まれる。

これらの家具を請け負ってくれたのが、伊勢の山本 明さんだ。
私淑する家具職人である。
茶屋だけにとどまらず、至るところの作りつけの家具を拵えてくれた。伊勢で仕事をするようになってからのお付き合いで、もう10年来、仕事をお願いしている。
山本さんの作る家具は素朴で美しい。人柄そのものといっていい。
いつも現場で顔を会わせると、必ず帽子を取って会釈してくれる。今の人で、しかも仕事をしている現場で、帽子を取って会釈をする人は少ないだろう。その謙虚な姿勢が、山本さんの全ての仕事に現れている。細かいところもないがしろにせず、意図を踏まえた仕事で応えてくれる。

画像


私が書く図面の”尺寸”にも、大いに賛同してくれる一人だ。
山本さんも若い頃はいうまでもなく尺寸だったが、時代とともにミリの仕事へ。
私の仕事をしていただくようになってから、また尺寸へ戻ったと聞く。
「やっぱり尺寸はええですな」、会うとその話になる。
「尺には独特の寸法の感覚がありまんな」

このような昔ながらの家具を作ってくれる人は、もう伊勢ではいないだろう。
そう思うと尚更に、いつまでも元気でいて頂きたい。
建築を支えてくれる、貴重な存在である。

  (前田)

追、山本さんはHPでも紹介しています。是非ともご覧下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

くろさか
2007年08月31日 18:58
「尺には独特の寸法の感覚がありまんな」
"独特の寸法の感覚"職人だからこそ、身に沁み込んだ寸法だからこそ出る言葉のような気がします。暫しこの言葉に引き付けられておりました。モジュールとしての尺寸法は日本人の体格より露わされた身体寸法ですから、やはり距離の定義のみならず日本人の感覚として捉えやすい何かがあるように思われます。木割りもそうですが部材の位置やその寸法もその比率で現わせるのですから、木造建築は曲尺なくして在りえないものなのでしょうね。お国が違えばインチやフィートも身体寸法ですね。ハンカチとポケットどちらもインチで造られているので程好く納まるのだということを、学生時分に教えて下さった先生がいらっしゃいます。モジュールの大事さを教えてくれた一言ですが、尺寸を距離の定義としてだけでなく自分の感覚で捉えられる、素晴らしい事ですね。
前田
2007年09月11日 05:38
尺寸の感覚は以前も書きましたが、人間の身体寸法によく合っているんでしょうね。自分もすっかり尺になってしまいましたが、慣れると寸法を決めるのに、とっても楽になります。とはいえ、ディテールだけが建築ではなく、やはり全体としての発想が細部のディテールまで統制されれてこそ、初めて建築となるんだと思います。まだまだ勉強です。

この記事へのトラックバック