下地窓

「これはダメだ・・・・・・」
玄関の下地窓を見た途端、思わず呟いてしまった。
しまった・・・、隣りに宮本さんがいるのを忘れ、つい口を滑らせた。

S邸、玄関のことだ。
工期の遅れは工務店の損害である。それを承知で良い仕事を追及してくれている人を前に、思ったことを口に出した自分に腹が立った。
良い仕事を残さねばならない。設計の仕事として当然のことだ。
それが施主に対しての、私の仕事である。
悪意ではないにしろ、おざなりな仕事に対しては、強い姿勢で臨むのに躊躇することはない。しかし一所懸命な人に対しては、失礼があってはならないと思う。
仕事は仕様書が作るのではない。人が作るのだ。
そう、日頃から心掛けているつもりだが、こういうときに至らなさが出てしまう。
後ろにいる宮本さんも、きっと厳しい顔をなさっているだろう。

画像


下地窓は、よく「貝の口」に仕上げるという。小口の形状を指す。
経験がないとつい丸く塗ってしまって、のっぺりした感じに仕上がってしまう。
これだと、どうにも見られない。
丸い中にも肩を張らせて仕上げてゆく。それが、いかにも自然に壁を塗り残した風情に仕上げて行かねばならない。繊細な神経が求められる仕事である。
京都あたりの左官は、自らその型を研究し、独自の鏝を作っている人も多い。

「良い勉強をしました」、という宮本さんは、間髪を入れずに塗り直しを命じた。
結局、私の書く断面の原寸に合わせて、鉄板で即席の鏝を作ってもらった。

この土はとても良い表情をしている。
宮本さんが、長年研究されてきた”土”である。
最初に宮本さんの事務所に伺ったとき、そこで見せてもらったのがこの土だった。細かく篩った土のきめ細かさが、ベタッとならずに粒子が浮き立っている。何とも味わい深い表情を見せていた。
福岡県糟屋郡久山町産の”土”だそうだ。
地元の材料を大事にする、宮本さんならではの取り組みの成果だろう。

画像


5月の新茶の頃に開店を望んだS君にも、もう焦りの表情は消えている。
仕事を進めていく職人衆を間近に見て、懸念が安心に変わったようだ。
そろそろ現場も最終段階。
早く完成した姿を見てみたい。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか(1/2)
2007年08月25日 09:08
お邪魔いたします。
「気遣い」それは仕事、それ以前に普段の生活においても大事なものですが、前田先生がこちらにいらした時の事を思いだしておりました。
当方がもてなす側であるのに失礼ばかりで、ですが前田先生の方からそれとなくフォローしてくださり、そういった場合の振舞いをさりげなくお教えくださった、そんなシーンを思い帰しました。普段、目前の仕事に追われ右から左に流すばかりの事をしていると、人として先ずは大事であるはずの、そんな処が抜けていく自分に恥ずかしくなります。テレビでこういうコメントをしている方がいらしゃいました。『仕事において疲れた,眠い,飽きた,こういう言葉は絶対に口にしません。なぜなら結して人を愉快にする言葉でなく、自分に於いては失敗や逃げの言い訳になるから』目から鱗が落ちる、まさにそう感じた瞬間でした。ちなみに「みのもんたさん」のお言葉です。
くろさか(2/2)
2007年08月25日 10:09
「Wow~♪」写真を見ての第1声です。
小上り、とても良いですね。上り框も決してでしゃばる事なく、かと言って引く事もなく程好くそこに在る、そのように感じます。良いですね♪。照明も全く違和感なく、繊細にショーアップとでもいうのでしょうか、古田織部が見たら何とコメントするでしょうね(笑)。
『仕事は仕様書が作るのではない。人が作るのだ』→本当にそうですね、昨年から来年にかけての建基法の改正(更に今後断熱性能もある程度規定しいくのだそうですよ)、性能評価における型式認定など、益々工場生産品と手造りの距離が離れて行くようで、多様性の時代を肌で感じます。ですが逆に手造りの良さ、工場生産品の良さが明確になりユーザーも選択し易くなるのでしょうね。断熱と言えばこちら雪国は断熱性能は常に付きまとう問題で、木組みと断熱性能そしてサスティナブル、モデルハウスをステップに次の段階を模索している昨今ですが難しくもやり甲斐のある課題です。


前田
2007年08月30日 11:48
コメント有り難うございます。出ずっぱりなもので、遅れたお返事ですみません。
私も人への気遣いができずに、随分と失礼を重ねております。なかなかこういったことはできませんね。当たり前なことほど、思うようにはいかない。厳しくしたいものと思います。
その上でお互いに良い関係で現場が動くとき、本当にゾクゾクする感覚を味わいます。やはり”人”が動かしているんだと、建築をやっているとよく分かりますね。
人の手仕事の積み重ねで作る家が、果たして今後どのような変遷を辿るのかは分かりませんが、せめて自分が携わるものは、精一杯の仕事を心掛ける覚悟です。恐らくくろさんも同感でだと思います。コメントにありました断熱性能がつきまとう東北地方、ご苦労が思われます。仕事では、その面での細かな神経がまた必要でしょうね。私たちには分かりにくいことですが、そういったことも今後の勉強としてまた詳しく教えて下さいませ。

この記事へのトラックバック