新五十鈴茶屋計画について(5) <赤福・茶屋>

西側外観を望む。
左に赤福、それに続く形で茶屋が繋がる。
茶屋との間には抜けが作られ、中庭へと結ばれている。
その通り土間に接した正面に、へっついが座る。おはらい町通りから、また車で走る県道からは、まずこの外観が飛び込んでくる。

画像


平入りの屋根が連なる。
軒高を抑えつつ、中庭への通り土間上部を落屋根として両棟を繋ぎ、茶屋を前にせり出し雁行させている。かねてからこの地に育つ桜も計画に反映させた。
餅屋の太格子と上階の繊細な3連出格子、外部にきざみ囲いを張った赤福棟。
それに対し、茶屋は土壁の虫籠窓と下階の大きな出格子が外観を構成する。
赤のへっついは、何より赤福の象徴である。本店より格を落として、ひと回り小さく作った。
以前に途中経過とともに書いた”へっつい”である。近くに住む、左官の尾崎さんが作った。本店のものも、彼の手によるものである。
ついこの間まで、父上と一緒に仕事をされていた。

へっついは釜に対する火の加減と、煙道へ抜ける熱の加減が最も難しく、いつも傍らで立つ父上の厳しい視線を浴び、臨機に調整をしながら作っていた。
尾崎さんには、私の仕事だけでも何軒かへっついを作ってもらった。
今は自身で指揮を執る。

画像


石積みの後、耐火煉瓦を積んで芯を作り、その上に土を塗って形を整えていく。
充分乾燥させてから、上塗りの漆喰へと仕事は進む。
五十鈴茶屋では左官の自発的な行動で、全国各地の気持ちを秘めた左官が結集して壁を拵えてくれた。それらの職人衆が、この現場最後の仕事として、この”へっつい”に協力していた。
最終工程が「磨き」と呼ばれるもので、磨きコテをへっついの丸みにしならせながら、全体を磨き上げてゆく。まさに意気を込める瞬間だ。
見事なへっついができた。

画像


茶屋には、軒先の巴瓦に「土瓶と茶碗」を交互に配した。
五十鈴茶屋デザイン部の、堀井清史さんの筆致による。
梶川さんの鬼瓦と共に、楽しんで欲しい。
また緑青の看板灯は、私の書く意匠を、岐阜の職人が形作ってくれた。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

くろさか
2007年08月10日 19:18
「~この現場最後の仕事として、この”へっつい”に協力していた。」職人のこの建物に対する思い入れが伝わってきます。ありがたいものですよね、何か暖かい気持ちになります。思えば建築写真も経過の検測や出来形検測、完成写真に終始してしまいますが、やはり人の手になるもの、こういった活き活きとした情景を残す事も大事だと実感させられます。以前の石工さんといい大工さんといい皆一様に良い表情で、そういった仕事環境を与えることも建築人として大事なのだと思い直すものです、気持ちも仕事に露れるのだなと。
日本建築を見ていると陰の空間の妙といいますか、その間合いの妙にゾクゾクするものを感じます。明と暗,柔と剛,面と線・・その二元対比に美しさがあるのでしょうか。世阿弥は「セヌトコロガオモシロキ」と遺していますが、やはりその一瞬の沈黙があってこそ動が生きてくる、そういうものなのでしょうか。
 
前田
2007年08月11日 14:19
いつも有り難うございます。本当に暑い日が続きますね。お変わりございませんか?
間合いなどは、直接の設計の立場では分かりかねますが、陰影深いのは日本建築のひとつの特徴でしょう。重なる屋根と軒の出、陰影を醸す格子、光を吸収する土壁。それからが織りなすコントラストはやはり美しい日本の姿に感じます。自分で書いて現場を指揮し、出来たものを改めてみると、やはり感慨深いものを感じます。人の手で作られる建築、工業製品ではない暖かみは、きっと携わった多くの人の思いが結集したからではないかと思います。
くろさか
2007年08月11日 17:54
ありがとうございます。こちら東北も今年は暑い日が続き久しぶりの「熱い夏」を満喫しております。当社も明日からお盆休みに入ります。昨年暮れからの忙しさもあり「もうお盆?」と思うほど時が過ぎるのが速く感じられますが、忙しさも業績に繋がらないのが痛い処です(笑)   暮らし十職様のブログも遠くは宮崎の知人にも紹介させていただきました。皆一様に本物の木造建築、本来の木造建築と表現しても良いのでしょうか、何かを感じているようです。そういったお話を聞くと私も一ファンとして何か嬉しく思うものです。今後どういった作品が紹介されていくのかも楽しみですし、これまでの記事を読み返してもまた、勉強になります。
今後益々楽しみにいたしておりますので、前田先生始め暮らし十職の皆様、お身体ご自愛くださいますよう、ご健康お祈りいたしております。
前田
2007年08月12日 06:10
度々ご丁寧に恐縮です。
良いお盆休みとなりますことをお祈りしております。宮崎のご友人へのご紹介、有り難うございます。またその方も含めてどうぞ遠慮なくコメントをお願いします。気軽な一言だけでも結構です!難しくお考えにならないで、思ったこと、感じたことをそのままお寄せ下さい。
くろさんも今後ともよろしく。

この記事へのトラックバック