木を腐らせない

山口さんの顔が次第に硬直してきた。・・・ように感じる。
仕事がなかなか進まない・・・・・。
工期が遅れることが確実になった。
S邸と同じ、どうすることもできない。若い大工の2人が一所懸命なのだ。
中西専務も時々現場を覗いているようだが、遅々とした状況に頭を痛めていた。

画像


造作に入って、もうかなりの時間が経つ。
つい慎重にと置くひと呼吸が、速度を鈍らせるのだろう。
奥さまも、待ち遠しさを通り越して心配顔である。
でも、良い仕事を残してくれているのは確かだ。きっといい家になると信じている。

現場は今、大事な細部の納めの真っ最中である。
しかしここにいたって、意思の疎通に苦心する。これはお互いの話だろう。
大工が板に原寸を引く。理解の深度を測りながら、指示をする。
専務は若い衆に小言をいわない。全て「お前らが納得いくように」、そんな言葉が聞こえてきそうな姿勢で見守っている。それだからだろう。いつ見ても彼らの目は真っ直ぐを見、動きがハツラツとしている。

先日現場に奥さまのご両親が、いきなり訪ねてこられたそうだ。
専務が応対したらしいが、リビングの梁を見て「う~ん・・・」と唸ったきり、黙ってしまったらしい。「今年中に出来ればいいじゃないか」、そんなことを言って帰られたと聞き、破顔一笑した。
また「外部に柱を見せたままでは、腐るのではないか」と、疑問を呈されたと聞く。

画像


先日も新潟で大きな震災があったが、阪神震災の時、私は京都にいた。
震源に近いこともあって、現場も見させてもらった。同時にさまざまな調査報告も見聞きした。その中においても、木の腐れは木部を現すこととは関係ない。
むしろ木造にも拘わらず、木をすっぽり他の材料で包み込んでいる状態が最も恐い。木が息を出来ないからだ。木は材木になっても呼吸をしている。梅雨の頃ともなれば湿気を吸って膨らみ、乾燥すれば痩せることを繰り返す。そこが自然素材なのだ。
その自然素材を、鉄などの工業製品と同じ状態で使おうとするところに問題がある。呼吸が出来なければ、自ずと中から腐れを招く。土蔵などの倒壊例もそのひとつだろう。
木軸の外側に防水シートを張り、外壁材を隙間なく打ち付ける。柱間には断熱材を敷き込み、室内からはボードで完全密閉。表層にけい藻土などを塗って自然素材だといっても、所詮構造体は、常にサウナの中だ。腐って当然だろう。

木は、見える状態で使うのが一番良いのだと思う。日本建築はその構法とともに、日本の環境と素材とのバランスの中で育まれてきたのである。
ご両親によろしくお伝え下さい、と話して現場を後にした。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年07月20日 13:38
木造建築物を長寿命化させる。そのためには木を乾燥状態におく事が最も効果的な方法という事を日本人は経験から知っていたにも関わらず、いつの頃からかコストもあるのでしょうが、そういった基本的な所が蔑ろにされているなと強く感じております。伝統の木組みで建てられた建物などは内外真壁で納めたい位なのに防火上それも叶わない事もありますし雨仕舞いや断熱など難しい所もあるのも事実ですが。家も造るものから買う時代になり、木造建築の伝統の木組みもスタンダードなものでなくなり、まして木の元末は解っても腹と背・木表と木裏も解らないビルダーもあったりで真剣に考える時なのでは?と思っている今日この頃です。伝統構法の建物は仕上げに入る前に時間があった方が木組みも落ち着いて、仕上げに影響を及ぼす事が少なく長い目で見ると建物にとっては良い事なんですよね、建方後1ヶ月位は放ておくという方もいらっしゃいますし。山口様邸の大工さんも全身でもって学び研鑽している様子が伺え何か嬉しく感じます。一生をもってこの建物を気遣っていくのでしょうね。施主と造り手の最良の関係はこうして築かれるのでしょうか。
前田
2007年07月20日 15:06
こんにちは。今日は事務所におりまして、早々と返信できます。
仰るとおり建物を長く持たせるには、木の特質を活かして用いる方法が一番最適だと思います。それが法規上や、断熱性能などで被服を余儀なくされ、強いては重装備な家へとなっていくのが現状なのでしょう。木の乾燥は言うまでもなくきちんと施したいところですが、これもコストバランスや工期の都合上、おろそかになりがちですね。私たちももっと強くお施主さんにいうべき事があるのかも知れません。
こちらの若い2人の大工さんはとっても良い方たちで、全身で仕事の喜びを表しています。きっと将来素晴らしい棟梁になるのではないでしょうか。嘱望される方達です。山口さんも「良い家を作っていただけるなら、工期などは全く心配しないで下さい」と言っておられ、私もホッとしております。施主・設計者・施工者の三者が良い関係で仕事に邁進できる姿は、当事者ながら気持ちの良いものです。

この記事へのトラックバック