茶室回り造作

樋口さんがいよいよ2階の造作に掛かりだした。
寡黙な仕事の姿勢は、終始変わらない。
S君も心配げに見守っている。
実は、大分工程から遅れているのである。

宮本さんも気が気でないはずだ。当初想定していた内装工事の領域を、遙かに超えてしまった。棟梁である樋口さんの、仕事に向かう真剣な姿勢が若い衆にも伝染し、みんながひと削りの仕事に集中している。
ピンと張った緊張感が現場を包む。
ひと仕事をして研ぎ、ひと仕事をして研ぐ。
杉は道具の状態が切った木口で伝わってしまう。切れ味が勝負である。
慎重にならざるを得ない。
これでは遅れるはずである。
現場を預かる啓君も、対応に戸惑っているようだ。
進捗を期待して時折に現場を覗くが、遅々として進まない。

画像


2階の小間が始まる。
茶室では四畳半の大きさがひとつの基準となっており、それより大きい部屋を「広間」、それ以下を「小間」と呼ぶ。四畳半はどちらにも属しうる広さであるが、ここで作る四畳半は、あくまでも小間の色濃い茶室である。
小さいながらも「小間」と「広間」があるということは、それだけ茶の湯の展開に幅が出来るということでもある。内部の柱が立った。

画像

床柱は赤松皮付き丸太。床框は杉磨丸太入節、相手柱はアテを取り合わせた。
床上の天井回縁には香節丸太、この部分は特に丸太が交錯する。
おぼろげながらも、茶室の空間が立ち上がってきた。
「工事の遅れは構いません。皆さんの気のすむようなお仕事をして下さい」
早く完成を見たい気持ちを抑えて、S君が宮本さんにいっていた。

今の建築にとっては、材料費より人件費の方が高い。
人手を掛けることは、それだけ工事金を圧迫させることになる。
当たり前といってしまえばそれまでだが、手を抜きたくなるのが本来なのだ。
その意味でも、慎重に取り組んでくれる姿勢には、喜びの他はない。
自分の仕事に誇りを持つ、とはそういうことだと思う。
誇りは人が与えてくれるものではない。自分で積み上げるものだ。
仕事に向かう大工の後姿に、それが滲み出ている。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年07月15日 10:00
お施主様に恵まれる、存分に腕を振るえる場を提供して下さる、施工者としてこれ以上の事はないように思われます。写真からも丁寧な仕事振りが伺え何か嬉しくなって参ります。当社もそうですがこの手の仕事は当初計画よりも人工も材料費も必ずオーバーしてしまいます。ご予算に合わせて計画を立てても、始まってしまえばやはり良い材料を求め丁寧な仕事をしようとなってしまいますから工事費持ち出しになるのが現状です(涙)。ですがそこに携わった職人の誇らしい顔を見ると、そこで得た経験が自分に自信を与えるのも事実なようで「損して得とる」と割り切ってます。実際お金には変えられない経験と自信を得るとても良い機会で次に繋がる様に恥ずかしい仕事をしたくないという思いもありますものね。九州も大雨・台風と大変なようですね、皆様のご健康と無事の完成祈っております。
前田
2007年07月15日 16:56
くろさん、いつも有り難うございます。
確かにいつもオーバー(予算も工期も・・・・)してしまいますね。でもそれに応えていただける人との出会いは、かけがえのないものです。仕事にかけた情熱は、必ず建築そのもののエネルギーとなり、作り手を放れてからの、生きる原動力になると信じています。「手をかける」、子供を育てるのも同じかも知れませんが、それぐらい素晴らしいものだと思います。こめられた気持ちは、必ずや見る人・使う人を通して伝わると思いたいですね。皆さん、とても内装仕事とは思えないほどのエネルギーを傾けて下さっており、出来上がったものにとっては、誠に幸せな門出になるのではと、今から完成を楽しみにしております。また経過のほどご紹介させていただきます。ご覧下さいませ。

この記事へのトラックバック