新五十鈴茶屋計画について(3) <主旨2>

それでは、全体の配置の概略を述べよう。
敷地は33m×70mのほぼ長方形。南側に志摩へ繋がる県道が走り、東に面しては五十鈴川を望む。
北側が市営駐車場で、続く西側は、おはらい町への街路になっている。
従って敷地北西角は、徒歩でおはらい町をめざす外来者の通過経路となる。
そのようなことから、この角をひとつの導入路と考えた。

画像


赤福と五十鈴茶屋の両菓子屋が入口を囲み、来る人を中庭へと誘う。
敷地の中で、唯一外部に開かれた空間でもある。
そのまま西側に回り込むと、赤福と隣り合って茶屋の店構えが並ぶ。茶葉を商う店である。
おはらい町から来る人にとっては、この街路に面した外観が最初に目に入ることから、ここにも中庭への導入路として抜けを設え、視線を奥へと誘っている。

画像


伊勢はその昔、日本中からの参拝者に対し「施行(せぎょう)」といって、この町に住む住民が快く沿道接待をしたという。参宮者にとって何よりの存在であった。茶屋に接続した小上がりはまさにそれで、もっぱら旅人への休憩場所となる。
井戸端の水は心ゆくまま、中庭南側に連なって、野遊び物販、4つの竈(かまど)を備えるだいどころ、それに続いて五十鈴川に面した”めしや”が展開する。
川側に面しては大きく濡縁を張り出し、外の気配を建物近くまで引き寄せる。

画像


上階は喫茶どころとなり、東に連なる山並みと、五十鈴川の川面が大きく望める。この景色を思う存分取り込みたいと、初めからこの場所と決めていた。近距離であるにも拘わらず、おはらい町から望む東山の景色とは、また違った様相を呈するのが面白い。
この棟に、時計台を置いた。
県道を走る車からもアイストップとなる、象徴的要素と考えた。
五十鈴川へと結ぶ動線として橋を架ける。さまざまな形で周辺と繋げたい。
堤防からは川へ降りることができ、川伝いに内宮までも歩くことができる。

画像


この棟に直行する形で、市営駐車場に面して五十鈴茶屋が構える。
北側に向けては、東西間口11間からなる町屋老舗の構えである。
一転、中庭に面しては川への段差を活かしながらの独特な外観を構成する。
施設の中核をなす建物であることから、中庭に南面させた配置計画を施した。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年07月09日 09:55
続き楽しみにしておりました。
先週、偶然出先のテレビに新五十鈴茶屋が映りまして食い入るように見てしまい、先方さんに迷惑を掛けてしまいました(笑)。テレビ番組でお伊勢参りの番組だったのですが、番組の内容より建物やその風景に目を奪われ、醸し出される雰囲気に圧倒されました。本物の持つ迫力だけでなくおおらかさに包みこまれる様な感覚も憶えます。伺うのが益々楽しみです。
いつも感動させられるのですが今回のパースも精緻でありながら迫力を持ってせまり、絵としての作品とみても十分なほどで本当に只々見入ってしまうものです。パースを描く時は建物の構成は決まってるものですが、描き始めると「やっぱり構造体はこう見せようとか、意匠もやっぱりこうしよう」など新たに見えてくるものがあり、私自身も描いている時間が何か好きなものです(まだまだ下手ですが)。パースにあります川側の掛造りも見たいものです。しかし"本物の木造建築"って本当にいいですよね。
前田
2007年07月09日 11:08
いつもコメント有り難うございます。なかなか戻れないものですから、いつもお返事が返せず失礼しております。テレビでも出ているんですね。全く知りませんでした(笑)。
パースの方は、果たして載せるべきか迷ったのですが思い切って載せました。これは設計段階で書いた物ですので、実際とは若干のズレもありますが、設計意図を伝えるにはこれが最も端的に現されているのではと思ったからでもあります。次回からは竣工の写真とともに、工程で削除された箇所や、携わる職人さんの紹介なども織り交ぜて書いていくつもりです。どうぞ懲りずにご覧頂き、ご批評の程お願い申し上げます。また、伊勢にお越しの節が決まりましたら、ご連絡願います。不束ですがご案内させていただきます。
くろさか
2007年07月09日 18:10
ご丁寧にありがとうございます。
お言葉に甘え、その際はお世話になろうかと思います、余裕を持って連絡するよういたします。
ふと前田先生との出会いを思い返しました。以前から読んでいた中村先生の茶室の解説をされている本の中で、中村先生とご一緒に西翁院澱看席にて中村先生とご一緒に写ってらっしゃる写真があり、それ以前から泗翠庵や出羽遊心館、花フェスタ記念公園などに携わられている記事を読み、お名前だけは伺っていてその写真を見て「このお方が」と、たったそれだけで嬉しくなったものです。それが5年前の今頃でしたが、こちらにある大正時代の建物の料理屋さんに前社長に昼呼ばれて伺いましたら、何とそこに居らしたのが前田先生!!食べるご飯もおいしい筈が全く味も感じづ、殆ど話すことも出来づ身内から緊張で震えていたのを思いだします。その時に「木造は先ず木組を憶えるといいよ、木組さえ憶えれば何にも怖いものないから、それから意匠を学べばいいんだよ」と優しく言われた事が強く印象に残っています。まだまだ本当に勉強不足ですが遠い高みにあった数奇屋がぐっと近くなった様な思いになり、真剣に学ぼうと思い立った瞬間でもありました。

この記事へのトラックバック