「心意気在中」

S邸、着々と進行中である。
店舗小上がりとあわせて、玄関へと仕事は進む。
樋口さんが下地窓を編みはじめた。
壁の下地となる部分を、そのまま現していることから通称”下地窓”と呼んでいるが、壁を塗り残すことから、別名”塗り残し窓”とも呼ばれている。
通例の下地窓は、中から障子を建てるため、部屋内から窓の下地は見えない。

画像


玄関を上がったつくばいの明かり取りに、下地窓を用いることにした。
今回は改装のことでもあり、この下地窓を景色に見立てようと、「織部窓」を思い立った。
織部は下地窓を景色として、敢えて室内から見えるように使った。
現在に伝わる織部好みの茶室”燕庵”では、床脇の墨跡窓にその姿を見ることができる。織部の工夫は、その下地窓に花入れを掛けることだった。通常、葭(よし)を縦横に編む下地窓だが、葭に花入れの釘は止まらない。そこで折釘を保たせるために竹を挟んでいる。
そのように、下地窓に花が掛かる姿を、織部は好んで作った。

画像


つくばいはS君の伝で、素晴らしいものが手に入ることになった。
さる高名な財閥家が所持した一品で、京都の庭師、比地黒さんの手元にあった。
このような出会いがあるのも、S君の日頃があってのことだろう。
比地黒さんも私に会いたいと、京都からわざわざつくばいを持って、福岡まで来ていただいた。宝篋印塔(ほうきょういんとう)を見立てたもので、笠を逆さに向けて水穴をうがつ、力強い姿だ。鎌倉から室町にかけての時代、と比地黒さんから聞かされた。
既に私のパースもご覧頂いており、この雰囲気にぴったりと太鼓判を押して下さった。
S君夫妻は大感激、宮本さんは見慣れぬ時代ものに、戸惑いを隠せない様子だ。
つくばいを仮置きした途端、現場の職人衆にもどよめきが起こった。

画像


案の定、夕刻からS君の誘いで一献となった。
比地黒さんを招いての仕事の話は、留まるところを知らない。
「宮本さん、良い仕事を残して下さいよ」、比地黒さんは何遍もいっていた。
しきりに、宮本さんもうなずき返す。
仕事が好きで好きでたまらない、そんな気持ちが全身から伝わってくる。
すっかり意気投合して、熱く語り合った。
しこたま飲んだ。
便所で握手、席に戻っても握手、最後にホテルで固く手を握りあって別れた。

後日、お礼状を頂いた。封書表書きの真ん中に、四角に囲って、
「心意気在中」
と大書してあったのには、さすが比地黒さんだと、一陣の風が吹き抜けた爽快感があった。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年07月02日 19:02
お邪魔いたします。
どなたが書かれた本であったか失念いたしましたが、大きな地震で石造塔の宝篋印塔が崩れその引っくり返った笠を見て蹲に造り直し、茶人の間で話題になったというくだりを思いだしました。ただいくら考えても、どなたの本であったか思いだせづ悶々としております。しかしながら800年の歴史といい、その存在感上手い表現がみつかりません。古田織部といい何とも繊細で洗練されたセンスを持つ人が日本に居たと思うと、日本人として誇りに思うと同時に改めて自分の小ささを思い知らされます。戦国時代、信長・秀吉が健在の時代で現代にも残る文化を残した織部という人物には興味が尽きません。名物の価値観も当事と現代では、貨幣価値とは違う全く異なった次元にあったのだと想像します。茶室は建物だけ切り取って見るのではなく、そういった時代背景も織り交ぜながら見るのも面白いものですよね。
かりの
2007年07月06日 01:00
洗練されたセンスというのは、モノが溢れかえった平和な日本には、もはや存在しないのじゃないかと思います。
明日生きているのか、いつ何時死ぬのかというような時代の人たちと我々では、当然感性が違うと思います。私たちが持ち得ない感性・センス。だから私たちはそれらに引かれるのでしょう。
茶室は不思議な空間です。取り合わせの道具のひとつとして存在するような時もあります。
くろさか様が仰られるように、建物だけ切り取って見ても面白くありません。不思議ですね。

この記事へのトラックバック